デビルマンの作品情報・感想・評価

「デビルマン」に投稿された感想・評価

邦画プレゼン女子映子さんの流れで鑑賞。期待を裏切らないとんでもクオリティだった。しかしね、とんでもクオリティはシベ超もアレですが、作品愛が、特に出ている時間が多い主演俳優陣から溢れ出ていないので、シベ超と比べるのも失礼な単純な駄作とすら言える。

が、普段普通に観ている作品たちが「クオリティ低い」「おもしろくなかった」などと言ったりするものの、とはいえそこそこのプロクオリティよ?と思えるようになるので、本当にひどいレベルを感じるにはいい作品。

ひどいひどいとわかっていて見るには笑えるのでそこまでイヤな気持ちにならない気軽な一本。
ねむ

ねむの感想・評価

-
評判と違わぬ残念っぷりに安心感を覚えつつ視聴。
抱いた感想は大体どのレビューにも書いてあるので省略。
駄作を見てしまったら、視聴後に批評を読み作製に至る背景を知り戦犯がその後どうしているのかを調べる事でより作品を楽しめる、ということを学んだ。(その時間もまた無駄な時間である気もするが。)
ムスタ

ムスタの感想・評価

1.0
うわぁぁぁ、うわぁぁぁー(棒)
見てるこっちがその反応になる神演技
1ミリみも心躍らないガンアクション
どんな映画もこの映画を見た後ならそれなりに楽しめるし、話のネタになるあたりある意味で伝説の映画なのかもしれない……
SaCHICO

SaCHICOの感想・評価

2.0
物語内容はともかく、役者さんの演技が最悪レベルです。
ホラーとギャグは紙一重とは言うけれど、ギャグ作品として鑑賞しなければ視聴不可能
ギャグ映画として★2.0
日本でこれからも語り継がれるであろう伝説的クソ映画「デビルマン」

日本国民最低限の教養として、この度やっと視聴することができた。

確かに内容は支離滅裂、演者の演技力は低水準、細かいツッコミ所のオンパレードではある。

しかし、2004年当時のCGとしては割とハイレベルを維持しており、同世代の「ULTRAMAN」などにも一応負けない技術力を感じさせる。

また、好意的に見れば主役陣の演技力も思ったほどは悪くない、というか制作が東映ということを考えれば低レベルVシネマ級の演技はできている。
(まあ、制作費10億使った大人気漫画の実写化ならもっと俳優選びに気を遣えよとは思うが。)

ストーリーはそもそも原作デビルマンの内容を実写で2時間前後でまとめることがそもそも無理があることなのである。
(それを踏まえても多々唐突な描写で溢れているのだが。)


そう考えると企画そのものは間違っていたとしか言いようがないが、それ以外は最低限頑張っていた…のだ(?)


ここまで持ち上げたものの、最終的な完成度は確かに低いので、見る時はできるだけ集団でワイワイ軽い気持ちで見るようにしていきたい。
北野武が言ったように酒のつまみとしては丁度いい作品と言えよう。
Masao

Masaoの感想・評価

1.2
誰だよ、デーモン(駄作)作り出したやつ。

もうね、ツッコミが追いつかない。最初は笑いながら見てたのに、30分過ぎたあたりから真顔。
演技、台詞、映像の全てがサタン級。もうお手上げ🤷‍♂️🤷‍♂️


人間はなぜ戦争をしてしまうのか。
それは最初に誰かが何気なく言ってしまった意見が広まって、本人の意思と関係なく歯止めが利かず暴走してしまうからではないか。

早い段階で"こんなこと止めようよ"と勇気を持って言えれば起こることは無いはずだ。
その勇気こそが大切なのだ。

戦争の話ではない。
本作の話である。
話のネタに観ておくべき作品である。これ程の駄作をよくも作れたものだ。今後、これを上まわる駄作が出てくることはない。
小林幸子の演技が一番よかった。
KONISHIKI なにしとんねん。
今思い出した。この映画劇場まで観に行った。若手俳優の演技と腰の細さにびっくりしたっけ。
なんだかんだ皆この映画が大好きなのです。なんて可愛い映画なんでしょう。
タツキ

タツキの感想・評価

1.0
大根役者笑 俳優陣と撮影環境などでちょっとおかしな映画になってる笑
しかし、CGのクオリティは今でも通用する程の技術と見た当時は思った程
>|