DEATH GATE 〜11:11〜の作品情報・感想・評価

「DEATH GATE 〜11:11〜」に投稿された感想・評価

2004年カナダ映画。

とりあえずストーリー
幼い頃、脱獄囚が家に押し入り、目の前で両親を殺害されたサラ。その時、母親の死体の横には“11:11”と血で書かれた謎の数字が残されていた。それから18年後、サラに不幸をもたらす人物が謎の変死を遂げる事件が連続して起こる。事件の真相が“11:11”の予言だと知ったサラと友人のセスは予言の調査に乗り出すが…。

両親を殺害されるくだりは緊迫感があってこれからの展開に期待が持てんですが…。
その後は全く意味がわからないままエンドロールを迎えました。😵

ここからはネタバレです。誰も気にしないとは思いますが。

11:11とは「11時11分」ではなく「イレブン・イレブン」という予言らしい。

この壮大な予言の解説
●多くの考古学者が2011年に地球に大異変が起こると予言。マヤやエジプトの象形文字にも記されいる。
●11の門が20年以上かけて開き2011年に完結。今は第7の門が開く時。
●全ての門が開かれし時、気候から人類に至るまで極限の発展をする。
●新たな理論に導かれた支配が始まる時世界が滅びる。

とこんな感じです。

順当にいけば生命は極限の発展するはずがどうやら新理論で世界滅亡に向かったらしい?新理論って何だっけ?そんなの無かっななぁ〜。

そもそも家族殺害からいきなり18年後って、それまで何してたん?せめて11年後にしてよ!

門ってどんなやつかな?まさかサラの実家の近くに門があったけどあれが第7の門?めっちゃ普通じゃん!あれが開くと車ぐらいは通れそうだけど…。

はい、予言の内容も抽象的すぎてよくわかりません。きっと監督や制作陣もわかってないかも。

他にももっとツッコミどころはありますが、まぁこの辺にして。

結局安っぽい学園ドラマを観せられてる様で世界滅亡のスケールはありませんでしたね。🤪
Sekimi

Sekimiの感想・評価

1.4
なんでもDEATH付けりゃいいってもんでもないでしょw
ぜーんぜん関係ないしwww

まさかこんな大掛かりなことになるなんて・・・
世界が終わる、とか。
まぁ、彼女については最初からアヤシイと思ってたけど。
感想川柳「どのへんが 怖がるとこか 分からない」

レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)

19XX年1月11日7歳のサラの家に2人の脱獄囚が押し入り、彼女の目の前で両親を殺害。サラは銃で犯人を撃ち殺し、ただ一人の生存者となった。その時、母親の死体の横には血で書かれた『11:11』という謎の数字が残されていたのだった。その18年後大学生となったサラは、叔母と暮らす家でも学校でも疎外感を感じ、孤独な日々を送っていた…というお話。

とりあえず最後までよく分からなかった。┐(´д`)┌

いちいち死んだ人が幽体離脱して自分の死体を見るのになんか意味が?(;´д`)

しかもなんで18年後なんだろ?そこは11年後じゃないのか?(´д`|||)むしろその間なにやってたんだろ? 

セスも最後棒立ちはないだろ〜(-o-;)

んでまず(^_^)/~~
7歳の時に脱獄囚によって家族を目の前で惨殺されたサラ
殺された母親の横には「11:11(イレブンイレブン)」の血文字が残されていた
二十歳になったサラは大学で超心理学を学んでいたが彼女に不幸をもたらす人物が次々変死する事件が起き、11:11の呪いによるものだと考えたサラは調べ始める、というオカルトミステリーホラー
11:11についてはあまりつっこんだ説明はないのでなんかイマイチでその上色々な要素が中途半端
最後は無限ループという解釈でいいのかしら
死んだ人間の魂が自分の死体を見つける描写は好きでした
4423

4423の感想・評価

1.0
オカルトホラーは大好きなのだが、これはもっさりテンポでとても観ていられない。話も様々な要素を詰め込みすぎているために、支離滅裂で退屈だった。久しぶりに時間を無駄にしたな~と思える作品。そもそも頻繁にキーワードとして目にすることになる、1111とはエンジェルナンバーのことで天使からのメッセージとも言われている。この辺の説明が丸投げされているので本当に何が何だか…。それと主人公が終始私不幸なんですぅぅ~みたいな顔をしていて軽くイライラ。
最初からこいつアレだろーなって感じでバレバレ(´・_・`)
人が死んだ時の一回目は、すごーいと思ったけど何回も使うなよ(´・_・`)