真夜中のパリでヒャッハー! の作品情報・感想・評価

真夜中のパリでヒャッハー! 2014年製作の映画)

Babysitting

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:84分

3.8

あらすじ

出版社で働くフランクは、社長からひと晩子供の面倒を見て欲しいと頼まれる。その日の夜はフランクの誕生日パーティーだったが、頼みを断ることはできずパーティーをキャンセルして社長の豪邸へと向かう。そこで待っていたのは、甘やかされて育ったクソ生意気な少年レミ。フランクが父親の部下なのをいいことに、無理難題を突き付ける。そこに、フランクの悪友たちが押しかけてバカ騒ぎを始める。翌朝、社長が戻った家はメチャメ…

出版社で働くフランクは、社長からひと晩子供の面倒を見て欲しいと頼まれる。その日の夜はフランクの誕生日パーティーだったが、頼みを断ることはできずパーティーをキャンセルして社長の豪邸へと向かう。そこで待っていたのは、甘やかされて育ったクソ生意気な少年レミ。フランクが父親の部下なのをいいことに、無理難題を突き付ける。そこに、フランクの悪友たちが押しかけてバカ騒ぎを始める。翌朝、社長が戻った家はメチャメチャに荒らされており、フランクもレミも行方不明。警察は強盗誘拐事件として捜査を始めるが…。

「真夜中のパリでヒャッハー! 」に投稿された感想・評価

dibdib

dibdibの感想・評価

3.8
結構ヒャッハーしてる
バナナ投げたところはさすがに吹いた

個人的には世界の果てのほうが好きだったかなー
見る順番的には逆になっちゃったんだけどそこはあまり重要じゃない
けど多分順番通りにみたほうがより楽しめるのかなとは思った
世界と比べてアホな友達がそんなにアホじゃなくてひたすらカメラ回してる男みたいなイメージで終わっちゃったのが残念
三作目もあるなら是が非でもみたい
愛すべきバカ映画

音楽の使い方が上手くて、Jackson5のI want you backのシーンが最高

エンディングも笑える

これは続編も見てみたい
『実は結構前に観てたシリーズ』第3弾。


思った以上に真夜中のパリでヒャッハー!してました…ww

邦題ほんとそのまま(´°ᗜ°)ハハッ..
「大胆な邦題だなぁ…」とか思ってたんですけど、観終わった今となってはなんか結構しっくりきます…(^^;)w


原題は『babysitting』(ベビーシッター)。

社長の頼みで仕方なくベビーシッターを務める主人公フランク。
しかしそこに友人達がパーティを開きに現れ、社長の豪邸はめちゃくちゃに…!
社長夫妻が荒れ果てた家に戻り、そこに置かれていたハンディーカメラを再生するが……という内容


めちゃくちゃ面白かったです…。゚(゚^ω^゚)゚。
久しぶりのコメディでしたが、大当たり!


子どもがいる他人の家でお下劣なパーティが繰り広げられてるだけでもう面白いんですけど、主人公フランクの友人達が揃いも揃って皆おバカ…www

社長の車ぶっ壊したり、友達の元カノ狙ったり、カールじいさん飛ばしたり…もうやることめちゃくちゃで爆笑でした(´°ᗜ°)ハハッ..www

まぁ主人公も含めバカなんですが、こういうのって観てるこっちがヒヤヒヤしちゃいますね…(^^;)w


けどそんなバカたちと過ごすことで、ポッカリ空いた社長の息子の心が満たされてゆく様がほんとに微笑ましくて、ヒヤヒヤしながらも暖かくなれます…(どっちだよw)


とくに遊園地で息子ちゃんと遊ぶシーンはニヤケが止まらなかった〜(◦ˉ ˘ ˉ◦)
またそのハンディーカメラに映る楽しそうな彼を見る母親が、思わず笑をこぼして、足りなかった何かを確信し始める雰囲気が最高でした…


ただ笑えるだけのバカ映画じゃなく、笑えて温かい気持ちになれるバカ映画って最高ですね…(´∀`*)


だんだん謎がわかっていくどんちゃん騒ぎなこの感じが、どこか『ハングオーバー』っぽいので、同シリーズが好きな方にはきっとハマれると思いますよ(*゚▽゚)ノ


これは一緒に借りた続編も楽しみですな〜(*´艸`*)ww
社長の奥さんが美人でスタイル良くて、喋り方が可愛い。

他に見所は、特にないかな。

笑いのツボが違うんだろう。

スラングのお手本みたいなフランス語は、それなりに楽しめたけど。
RandB

RandBの感想・評価

4.2
評価が高かったので、気になって鑑賞!!

出版社ではたらく、冴えない漫画家志望の男"フランク"
誕生日を迎えた彼は、上司が住む豪邸で子供の子守りをすることになるのだが、そんなときに限って悪友たちがお祝いにやってきて...。
翌朝、警察からの呼び出しに慌てて向かった上司、
呆れるほど荒らされた家に唖然とする中、家に残されたビデオカメラによって、その全容を知ることに...。

<<エログロメーター>>

エロ  ☆×1.0

今回はそれに加えて
おバカ度も...。笑

おバカ度 ☆×4.0

いや~、これはすごい!笑笑
ただのおバカ映画かと思いきや、
絶妙に張られた伏線やクリエイティブなアイデア、
そして、日本愛にも溢れている
まさかの名作でしたね。笑笑

まずは、ギャグ要素。
上司が飼うペット"インコ"のくだりや、パトカーに追われる主人公達の暴走など、多少、倫理的にアウトな笑いもあるのですが、キャラクター達がなんだか憎めないので、つい笑っちゃいました...。笑
ただ、終盤、遊園地の館に行くシーンでのソニアの行動は、悪趣味が行き過ぎて、ただのビッチじゃんと思いましたけどね。笑笑

また、日本文化に対してリスペクトされた作品であるのも嬉しかったです!
最近ではフランスのコミコンなどで日本の漫画などが人気だそうですが、作家志望の主人公が少女漫画チックの絵を描いていたり、日本語の文字を使っていたりと、JapaneseMangaがフランス社会に自然に馴染んでいるシーンも多々あるので、日本人にこそ観てほしいですね!

他にも、終盤、
カートの走行シーンで敵を妨害するため、投げる二つのものが、両方とも任天堂の某レースゲームのアイテムと被っているなど、細かなこだわりも良かったですし...。笑笑

そして、
意外と良かったのが、作品を展開する上での、クリエイティブなアイデア!
物語のほとんどが、主人公達の録ったビデオ映像で進行するPOV方式になっている本作は、今までのホラー系POV映画(それこそ「REC」の様な。)
がやっていないことをことごとくやっていたように思います!
POVの映像はリアリティを表現する手法である一方、大切な人との楽しい時間を切り取る"ホームビデオ"の様な側面があるという着眼点は、
新しく面白いアイデアだったと思います!

最後に、
数ある名作映画をネタにしているところも、本作の見所として欠かせません!
「ディパーテッド」と「スクリーム4」のネタバレがあるので未見の方は要注意ですがw、
序盤に登場する豪邸の隣人がある人に似てるな~、と思っていると、まさかの伏線回収で、ここは腹筋崩壊でしたね。笑笑
ちなみに、名作ファンタジー「ロード・オブ・ザ・リング」に関する言及もあるのですが、これがどこででてくるのかにも注目です。笑笑

というわけで、
物語のメインは笑いといえど、だからこそ、終盤の展開には、不覚にも泣きそうになる、
まさにコメディ映画のお手本の様な秀作でした!!
xyuchanx

xyuchanxの感想・評価

2.7
レミはかわいかったけど、ところどころ笑えた、くらいかな。世界で〜を見るか迷ってます。
「世界の果て〜」を観た後で全く期待していなかったけど、中盤あたりから面白くなってきた。もうめちゃくちゃなハメ外しだけど爽快さもあって、そんな真夜中にヒャッハー!
こーゆー
お馬鹿映画は
酒飲みながら吹替でみるのが
好きウホホ!

マリカーの下り
すきでしたはい!
もちキャラはもちろん
ドンキーです!

このレビューはネタバレを含みます

始まり方おしゃれだなー、と思っていたら。
どこをどう間違ったのか、あれよあれよととんでもないことに!
時には笑うつもりが、口をぽかんとしてしまうことすら。劇中ビデオを見る設定なので、登場人物に混ざった感じで見られるのが面白かった。
また悪友と、パーティーピーポーの増殖(?)にはリアリティがあってゾッとした笑

いいなと思ったのは、夜の遊園地。夜入れる遊園地、日本にあるのかな?このころから、生意気だったレミが子どもらしく楽しそうになりほっこり。
でも、まだまだ夜は終わらず笑
終盤ヒゲのおじさん(エルネスト)は、ボロボロで完全にかわいそうなことに。挙げ句の果てに、ル○ージにされてるし笑
そしてまさかのあの隣のおじいさん、最初からわざとらしいほどにあの人に似てるとは思ってたが笑
あのアニメが、ここではもはや犯罪のリアルな現場になってて辛い…笑

見終わった後には、パーティの後のようなぐったり感が…。いろいろてんこ盛りで、84分に思えない映画だった。
>|