ルパン三世 東方見聞録 アナザーページの作品情報・感想・評価・動画配信

『ルパン三世 東方見聞録 アナザーページ』に投稿された感想・評価

CHANELGIRL

CHANELGIRLの感想・評価

1.5
日本映画🇯🇵絵もキャラクターも内容も好みではありませんでした😑
kすけ

kすけの感想・評価

4.0
ルパンはこの位コメディ要素があった方がいい!
opも気合い入ってるし文句無し!
Kino

Kinoの感想・評価

2.0
あんまりでした。
ヒロインも微妙かな。
好きじゃなかった。
性格が弱々しすぎるかな。
YUNiKO

YUNiKOの感想・評価

3.0
キャラの絵がすごくコナン
ヒロインも話もルパンの中では微妙だったかな。
五ェ門が少年漫画の主人公みたいになってた
なほ

なほの感想・評価

2.6
ヒロインが微妙すぎた。


なんでそんなすぐ泣く?
なんでそんな流される?


もはやその「か弱さ」は、演技で、
実は敵なんじゃないかと思うくらいに
イライラさせられました。



五ヱ門、結婚、、!?!?


そのストーリーも見てみたい気もします。


マルコ・ポーロと弁慶らへんのくだりはよくわかんなかったです
キャラクターを詰め込み過ぎて、
大渋滞してるのに悪役に華がないという。

ヒロインが3姉妹にもう1人、
おまけに和尚さんまで、、、

東方見聞録のアナザーページという
テーマだけにページ数を増やし過ぎた感。

歴史の謎に迫るっ!!!けれど、
物凄く薄味になったTVスペシャル回。

エンディングの、
ルパン三世 愛のテーマはかっこよかった。
こうゆうアレンジは良き。
Bwing

Bwingの感想・評価

3.2
『金曜ロードショー』から『金曜ロードSHOW!』へのリニューアル後、最初のルパンテレビスペシャルである。

マルコ・ポーロの旅行記『東方見聞録』をテーマにしたテレビスペシャル。殺人犯の汚名を着せられたルパンと次元がイタリアから日本へ逃亡するロードムービー的展開と、日本での五ェ門の修行という2つの視点からストーリーが進められてゆく。物語の終盤では『TV第2シリーズ』第155話(最終話)「さらば愛しきルパンよ」を回想するシーンがあるなど、全体的に第2シリーズのオマージュが散りばめられた構成となっている。

監督は『ルパン三世 セブンデイズ・ラプソディ』『ルパン三世VS名探偵コナン』の亀垣一、脚本は『夏休みの恋人』の日高勝郎[3]。キャラクターデザインにはTVスペシャルシリーズ第6作『ルパン三世 燃えよ斬鉄剣』TVスペシャルシリーズ第7作『ルパン三世 ハリマオの財宝を追え!!』を担当した須藤昌朋が17年振りに起用され[注 1]、前記した2作と同じ『TV第1シリーズ』に近いデザインとなった。

なお、本作に1シーンのみ登場したインターポールの長官(声:坂本大地)は顔や着用している服に至るまで『TV第1シリーズ』後半に準レギュラーで登場していた警視総監[注 2]に酷似している。なお、警視総監(TV第1シリーズ)を演じていた永井一郎は本作では住職として出演している。

ルパンの衣装デザインは前作のTVスペシャルシリーズ第22作『血の刻印』で若干の変更(従来の青系ワイシャツから黒のワイシャツへの変更)があったが、本作で従来のテレビスペシャルの標準的衣装デザインに完全に戻された。

エンディングテーマに「ルパン三世 愛のテーマ」が起用されるのはTVスペシャルシリーズ第19作『ルパン三世 霧のエリューシヴ』で今井美樹がボーカルを務めたものに続いて2度目となる。また、今回ボーカルを務めたDOUBLEも、TVスペシャル版のエンディングテーマを歌うのはTVスペシャルシリーズ第17作『ルパン三世 天使の策略 〜夢のカケラは殺しの香り〜』の「夢のカケラ」に続いて2度目である。

ブルーレイとDVDは2013年2月20日に発売された
ルパンファミリーの面白いところが良く出てる。
謎解きもちょうどいい。
五右衛門の淡い恋も、ちょうどいい。
ルパンは、こうでなきゃ。
2022/3/9 612作目
マルコ・ポーロが記した「東方見聞録」には、知られざる幻の1ページがあった。アナザーページの謎に秘められたお宝を求め、ルパン一味が世界を駆け巡る。

扉がね、開かないの。
ゴエモンはいつもかわいいなぁ。
弁慶の肩書きまんざらでもないのもすき。
ルパン映画としては珍しくそこまで面白くない。題材に愛がないからかな。
poteo

poteoの感想・評価

3.2
2021-980
悪く無いが…やっぱりイマイチ…

コナンくんの製作会社絡み?
絵柄がコナンくんだったのが最後まで気になって集中できない。

岩手県の中尊寺金色堂での歴史の絡み合う謎解きや御宝は面白かったが、五右衛門の転がり込み修行のシークエンスが丸ごとファンサービスっぽくて、構成次第ではもっと簡潔にテンポ良くできたと思う。

殺人容疑を掛けられたルパン三世を銭形が庇うのは良いが、あまり捜査では進展が無く、ルパン三世自身が証明するのもテンポが悪い要因。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品