恐怖の島の作品情報・感想・評価

「恐怖の島」に投稿された感想・評価

Naoya

Naoyaの感想・評価

2.2
船が座礁し沈没、生き延びた男は無人島とされる島へと避難するが、そこには人間狩りを楽しむ伯爵がいた。ホラー作。生き延びた男と伯爵との絡みは面白く、対立関係が目に見えて分かる構図は印象的。お互いプロハンターだからこその会話の飛び交いは素敵。人間狩りの描写は弱いが、雰囲気は良い。
船が難破し孤島に辿り着くと人間狩りマニアのいる島でしたって話。
クソ面白い。ハンター同士の狩り合いには惹かれてるものがある。
法螺貝を吹くと狩り用の犬が大量に出動するシーンはぶち上がる。
霧沼の所で地面に斜めに棒を刺すだけで追っ手やっつけるとこ好き!

あとこの時代にしては生首の剥製の出来がめちゃくちゃ良くてモノホンかと思った。
horahuki

horahukiの感想・評価

4.1
乗っていた船が突然転覆し、1人だけ生き残った主人公レインスフォード。流れ着いた無人島を歩いていると大きな屋敷を発見。そこの主人クリーガーにもてなされる。屋敷には使用人数人と、以前同じように転覆した船から流れ着いた者が2人暮らしていた。その内の1人から主人を信用するなと言われ…という話。

『猟奇島』のリメイク。
少し前に2回目のリメイク作の『新・猟奇島』を見たんですけど、本当はこっちが見たかったんです。でもこの映画を見る方法がわからなくて…。そしたら、私がいつも、特にホラー方面で参考にさせていただいてる方に教えてもらい鑑賞できました。本当にありがとうございます(*^^*)filmarksって良いですね!

内容なんですけど『新・猟奇島』よりはるかに面白かったです。何であっちはDVD化してるのに、こっちは日本版の発売がないのか本当に謎。ただ、英語音声・英語字幕で見たので内容違ってたらごめんなさい!!

屋敷主人には、余裕のある金持ち特有の礼儀正しさがあって、いかにも善人のように見えるんですよね。狩りという金持ちっぽい趣味を持ってて、自慢話を聞かされたり。でも、その発言の端々に感じる違和感。そして、屋敷の先客から、他の客が過去に突然行方不明になったことを聞かされたりと主人に対する疑念が徐々に高まっていく。

屋敷主人の趣味が人間狩りだと知り、サイコ野郎だと気づいた主人公たちが、バレないように水面下で脱出計画を練って少しずつ実行していく緊迫感が丁寧に演出されてて面白いです。屋敷主人も抜け目ないから、探りあったり裏をかきあったり。こういうところがこの映画のメインです。

そして、主人公も狩のプロだという設定がナイスですね。しかも狩とか野生動物に関する著作も多数というガチのプロ。人間狩りのプロの屋敷主人(過去全戦全勝)も主人公の著作を愛読して敬愛してる。なので後半はプロハンター(主人公)対プロハンター(屋敷主人)の対決になってて激アツでした!罠を仕掛けて牽制しあったりとかなかなか見どころがあります。あんまり派手さはないですけどね。

めっちゃ面白いし、監督もあのロバートワイズだし、なぜ日本版の発売がないのか本当に謎です(´・_・`)日本版Blu-ray出たら買うので是非お願いします!