姉日記の作品情報・感想・評価

姉日記1984年製作の映画)

製作国:

上映時間:66分

3.2

「姉日記」に投稿された感想・評価

リゾート地のホテルに勤務している女性(小田かおる)が、妻帯者の中年男性(南城竜也)からの求愛に応えることにより、実弟(安田裕治)の嫉妬心を煽ってしまう。仲の良い姉弟が、次第に本物の異性愛の感情をもつまでを描いているロマンポルノ。

いわゆる近親相姦を題材にしているのだが、その人間心理を至極真面目に説いているわけではない。血がつながっていても男女には変わりないのだから、そこに性愛があってもいいでしょ、ということを明るいタッチで描いている。主人公姉妹と並行して、主人公に求愛する男性の妻と義弟のカップルも絡めていく語り口が巧い。

主人公の弟が、嫉妬を爆発させるときに「ワーッ!」と絶叫する、ステレオタイプなのがいちいち笑えてしまう。血縁だとかは関係なく、ただ女を貪りたいだけの性豪にしか見えないのが若干気に掛かるところ。一方、主演女優・小田かおるの程よい肉付きと女体の曲線はとても美しい。

私は一人っ子なので厳密には分からないのだが、実際に姉をもつ者からすると本作の内容は噴飯モノだろう。しかし、近親相姦を題材にしたポルノという、いちジャンルとしては、これで良いのだと思う。