オーディションの作品情報・感想・評価

オーディション2006年製作の映画)

HOLLYWOOD KILLS

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

2.3

「オーディション」に投稿された感想・評価

ジャケの目の上の針はあったが下は無かった。
グロはほぼ無い。
いい所なんか無いかなぁ…うーん🤔

無味乾燥。
ななな

なななの感想・評価

2.8
2あるから面白いのかと思ったのに、続編じゃないんだ...。

躊躇いなく友達を見捨てるサラにビックリしたわ。
ちゃん

ちゃんの感想・評価

2.5
三池さんのオーディションかと思って借りたのに…ッッ
洋画…ッッ!!B級…いやC級洋画…ッッッ!!!!

クラブでパリピ達が危ない奴に捕まってえらい目に合うお話。
本家のオーディションを見てないので内容が同じなのかは定かではないのですが、日本人もちょこっと出てきたところから推測すると多分偶然同じタイトルの映画なのではなくて日本のやつのリメイクなのかと思う。

ジャケット写真が非常に恐ろしいけど、内容はそうでもなく。
痛々しい感じは少なくてあたしからしたら見やすかったけどそういうの期待して見た人には退屈かと。

ただ、ウワァァァァ!やっちまったァァァ!これ絶対おもんないやんンンンン!!!ってテンションで見たからかもしれんけど「意外とイケるな…?」ってのが本音でして。これが本家見たあとやったらまた感想も違うと思うけどね。

勇気を振り絞って温め続けてた三池たかしのオーディションを借りたつもりだったのに、また見る日が遠のいてしまいました。怖いから誰か一緒に見て。
男女数名がナイトクラブへと向かい、そこで知り合った男性に二次会を誘われて(軽率に)付いて行くのだが・・・そこで見たのは恐ろしい世界だった・・・!(適当)

ポスターの雰囲気に誘われ借りて観たのですが全体的にC級映画でした😔グロテスクなシーンや緊張感は殆ど無く、拍子抜けなストーリーでセットも安物感が半端ない。オチも「?」といった感じで始まり方も分かりづらかったです😔
グロが見たい時に良い。
痛い系グロで、派手な装置や殺し方はあんまり無いけど、
血の出かたなどの演出、役者の叫びっぷりが良いので、グロ映画によくある永遠地味なグロを観させる苦痛は全く無いです。
ホラー映画好きの作画監督から
「オーディションって映画がおすすめですよ~」
と、言われたのが頭に残っていて借りましたが、

まさかのそれは邦画の方だったとは。
三池監督は海外ではむしろホラー監督として有名だそうですね。

本作もそのリスペクトからか
所々に日本を意識したものが散見されましたね。

話の内容としては、
なんとも筋が通ってないというか…とちらかってますね。

ラストショットは良かったです。
このラストショットがあったので、
ぎりぎり見て損をした気分から逃れられました。
三池監督の『オーディション』と間違えてとんでもないB級つかまされたわ(笑)レビューを見たら仲間多くて笑った

全てが中途半端で見所が全くわからん。謎のセーラー服美少女がカタコトの日本語話すシーンしか覚えてない。3度の仮眠を挟みながら12時間かけてなんとか観終えたよ。
Aya

Ayaの感想・評価

1.8
C級以下の出来。

駄作。

画面が安っぽくて、ピントをぼかして不安にさせようとか見え見えで、演出も脚本もあったもんじゃない。

彼女はある大きな決断を迫られるという見せ場になりそうなシーンがあるのにおざなり、てかなかったことにされてる。

黒も全然見せてくれないから、これは話もないし系統はエロかあ?
yuki

yukiの感想・評価

1.5
三池監督の『オーディション』と間違えて借りてしまいました、超B級映画でした。ありがとうございました。
三池監督の「オーディション」が見たかったのに間違えて借りてしまった。久々に燦然と輝く駄作を見ました!

ダメ映画にも二種類合って、ほころびが愛おしくなるような映画と、ただ単に考えて作ってない映画があると思うのです。本作は全力投球で後者。

SAW2/3を800倍薄めて、思いつきで終盤パラノーマル~とかrec風味のPOV視点を入れたような話。せ、誠実さがねぇ~~!

腑に落ちないポイント
①デスゲーム主催者の行動原理がよくわからん
②思いつきでキャラクター配置してるから愛着がわかない、感情移入ができない
③閉じ込められてる施設が頑張れば抜け出せそう

デスゲームやスプラッタ物は好きな自負がありますが、それを差し引いてもどこも面白いところの見つからない作品でした。
強いて言えばジャケ。
>|