恐怖ノ黒洋館の作品情報・感想・評価

「恐怖ノ黒洋館」に投稿された感想・評価

な

なの感想・評価

3.1
非常に観念的な恐怖映画。

母の遺した屋敷を探索する男が、母の"思い"の中に飲み込まれていく物語とでも解釈すべきか?

幽霊屋敷探索の、アドベンチャーゲームをやってるような感じもあった。
退屈だけど、嫌いではない。
nG0

nG0の感想・評価

1.4
男が物音にビビりまくるお話

おっさんが1人で家の中でドタバタするだけ。
やべぇカルト教を崇拝するオカンが何故かマリア像を大量に残してたり、訳もなくハゲた犬みたいな人間が出てきたり宗教観がめちゃくちゃ。
オカンが語り部で色々言ってるけどシナリオに関係ない台詞ばっかり(会いたい、行かないで、信じなさいetc...)で飽きる。分かった分かったってなる。

これはつまらん!!安眠映画!!
くるみ

くるみの感想・評価

1.0
めっちゃ雑に言ったら、なんだこのしょうもない作品はっていう感想。
中身なし、ストーリー性なし、目玉の怖いところもなし。
ほんとに見た時間を返せっていうのが率直な意見です。
seishirow

seishirowの感想・評価

1.8
オカルト映画。
カルト教団のメンバーだった母が遺した大きな洋館で起こる奇妙な現象。

その母と信心深くない息子のすれ違いがテーマですかね。ほぼ、主役の俳優しか画面に出ません。そのため静かな映画でした。
みーこ

みーこの感想・評価

2.3
うーん…悪くないけど、
これはまた解釈がとても難しい映画ですねぇ(´Д` )


亡くなった母親から相続した屋敷を訪れたレオンの身に起こる不可解で奇妙な現象はいったい何なのかー??


ホラーとは思えない。


何者かの気配を感じたり、
突然電気が消えたり、
人とも動物ともつかない影を見たり、
頬っぺたベロ〜ンと舐められたりして、
ホラーらしい現象は満載してるけど、ゴーストや悪魔の仕業ではないもんね?


深い信仰心を持ち息子の帰りを待ったのに、最後の最後まで母親の願いは叶わず、遂には信仰を捨て異形の者に成り果ててまでも息子を想っていたのかな…と解釈するととても切ない(ノ_・、)


しかも、いざ帰って来たー!と思ったらさっさと売りに出されちゃうとか悲劇。
さすがにレオン少しは空気読んでやんなよーってなったわ。笑
蛸

蛸の感想・評価

2.5
ながらで見たけど時間返せと言いたくなる笑
良かったのはエンディングの曲くらいかな…
啼

啼の感想・評価

1.0
2017/12/17
👍造形物が綺麗 👎それ以外の全て
映画としてのタイトルではくゲームであったならばもう少し怖くて面白かったのかもしれない。
劇場未公開作品。亡くなった母から相続した巨大な屋敷はカルト教団の聖地だった。監督の実体験をもとにしたオカルトホラー。表現が観念的なので頭で理解しようとしてはいけない。原題は「ロザリンド・リーの遺志と遺言」の意味。宗教団体神の使者。蝋燭ゲーム。天使に守られた家。「夜が更けると時々、孤独を感じるときがある」

このレビューはネタバレを含みます

記録
意味がまったくわからないうえに怖くない
もし映画館で見たら金返せと上演を決めた人につかみかかるレベル。
ストーリーが破綻してる。
出演者一覧で見るまでアーロンポールだと気づかないくらいボケ~とみていたら結局のところ何処が一番の盛り上がりとしてみたらよかったのかすらわからず…。ホラーというよりはオカルト色が強いですね。他の皆さんがおっしゃっているように屋敷の雰囲気や美術品の素晴らしさくらいしか見るところがないくらい非常に退屈な映画でした。