ピラミッドの呪いの作品情報・感想・評価

「ピラミッドの呪い」に投稿された感想・評価

ヨッチ

ヨッチの感想・評価

2.5
B級ホラーと思いきやFOXの作品で割と金かけてるとは思いました。

ただ何故?ってとこがちらほら。

POV方式なのかと思いきや途中で代わって残念です。
アメリカのボックスオフィスで初登場7、8位という中途半端な登場であっという間に圏外に消えていった本作。

エジプトで新たにピラミッドが発見され、入っちゃダメだって言われてるのに入っちゃってどエライことになるというもう何万本も作られてきたパターンの映画。
逆によく制作されたと感心する。

たぶん見る機会もないと思うのでネタバレ上等で書きますが、まず全編ピラミッドの中なので全編暗い。そして発見された動画という、これもまた数千本くらい作られてた“ファウンドフッテージ”ものだけど、たまに誰の撮影でもない映画的視点も混ざってて、POVの仕掛けがやりきれてない。
そしてピラミッドの中にいる怪物がジャッカルの頭に人の体のアヌビス。
「ピラミッドの呪い」関係ねえ…

このアヌビスが前振りの説明と同じで本当に人の体に犬の頭だったので、なんの驚きもありませんでしたワン。

最後までなんの捻りもないのが逆に驚きだったなぁ。
ファウンドフッテージ系。
可もなく不可もなく。
でも、ピラミッドを三角錐にしちゃいかんでしょ。
けろ

けろの感想・評価

3.0
NHKすぺさるでピラミッドの話をやると言うのでなんかエジプト物はないかと探したらこれに行き当たった。
このB級感がたまらない。
santasan

santasanの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

未知の生物に襲われるというのは宇宙モノではよくある設定だけど、古代ピラミッドが舞台というのがなかなか斬新。最初にそいつが出てきた時はショボいクリーチャーだなと思ったが、これはなんとネコのような姿をしているスフィンクスなのね。そしてデカイのは冥界の神アヌビス。低予算ながらもエジプト神話を上手く盛り込んだところが面白い。
bocchi

bocchiの感想・評価

1.5
ベタベタ展開満載のB級映画
いきなりのフリーメイソンは流石に笑う

このレビューはネタバレを含みます

 アメリカの調査チームがピラミッドの中に調査に入ったら恐怖体験アンビリバボーなことになる話。

 ピラミッドを調査するアメリカ人の紹介が20分ほどあって、高価な無人ロボットが中で壊れたってんでみんなで入って行ったら、迷って出れなくなって……。
 と、そこからいろんな罠とか謎のクリーチャーに襲われてというホラー映画としてよくできてると思いました。

 ただ映像的に映画の半分以上が暗いピラミッドの中を映しているので、ビジュアルとして飽きが来てしまいました。ずーっと似たような場所で叫んでるだけで変わり映えがしなかったです。
 襲ってくる障害も砂地獄やら剣山みたいなとこに落ちたりとあまり新鮮味がないのと、襲ってくるクリーチャーも襲ってくるタイミングとかもよくわからないし。

 クライマックスに出てくるアレもトンデモ度があって面白いですが、これまたよくあるクリーチャーでピラミッドである必要性面白味があまりなかったです。
 最後の方も1人だけでワーワー叫んでるだけで、なかなか退屈でした。危機的状況をどうやって突破していくのかという面白さがなかったり、この手のホラー映画の違いがなかったのが残念でした。
始めに言っとくとジャケット写真はなんも関係ないです。

あー疲れた。
非常に疲れた…

でもピラミッドの雰囲気出てたし、まあアドベンチャー好きな自分としてはよかったかな。

最後のオチはひどい。
アヌビスには、ピラミッドから外の世界に羽ばたいて、プレデターやエイリアンと対決して欲しい。

現時点では、所詮、井の中の蛙。
新たに発見された三角錐のピラミッドに突入した考古学者とテレビスタッフによる阿鼻叫喚ホラー作品。
ピラミッドは知り尽くしているけど物理学者だからなのかサバイバル術に疎かったり、当のピラミッド内部がマンホールの中にしか見えなかったりといった残念感漂うトコロに、昔ながらのブービートラップが登場してダメだし感を煽ってくれるのは多分計算。しかも最終的にはクリーチャーが出てきて虐殺展開では、陳腐さの上塗りでしかないのでは……。
とりあえず、物理攻撃に弱い神様ってイヤかも。むしろ、エジプトの神様に謝れ。
>|