爆撃機パイロットの作品情報・感想・評価

爆撃機パイロット1970年製作の映画)

Der Bomberpilot

製作国:

上映時間:65分

3.3

「爆撃機パイロット」に投稿された感想・評価

eigajikou

eigajikouの感想・評価

4.0
‪戦前ヒトラー前で踊った栄光を忘れられない3人の女性は戦後米アメリカへ行くが…監督25歳時TV局からの依頼で制作。破茶滅茶な様で戦前の活動を反省しなかった人達の顛末と渋谷哲也氏。中原昌也さん大変な時にありがとうございました。‬
indie

indieの感想・評価

2.5
極端な成功体験のある人はなかなか次のキャリアに進む事が難しく思考停止から抜け出せず藻掻いてみるも当然以前よりは慎ましく生きて行かねばならないという人生劇場。
こ

この感想・評価

2.0
映画チア部のシネマツーリング立誠シネマ編にて。半分以上寝たので全然ストーリー分からなかったし多分ちゃんと観てたってストーリーはない(笑)渋谷先生のレクチャーありきでああなるほど、そういうことかとは思ったもののいかんせん寝たので分からん(笑)

ただ、続けて観た『リリー・マルレーン』も戦中、戦後を生きた女性が主人公なので朝ドラ的視点で考えてた。『爆撃機パイロット』はドイツ人が朝ドラを前衛タッチで撮ってみた、みたいな感じ。うん、書いてる俺もよく分からん。
常に乳丸出しの女三人組がヒトラーに足で敬礼する。愉快な映画。
下手なカメラが愛着ある。ヘタウマ的な意図なのか。
buccimane

buccimaneの感想・評価

3.5
マーシャさん可愛かった。
蛇の踊り情熱的でカッコよかった
真っ先に黒人と写真撮るとか軽薄過ぎてウケた