トルコ風呂(秘)外伝 尼僧極楽の作品情報・感想・評価・動画配信

トルコ風呂(秘)外伝 尼僧極楽1975年製作の映画)

製作国:

上映時間:68分

3.8

「トルコ風呂(秘)外伝 尼僧極楽」に投稿された感想・評価

てぃだ

てぃだの感想・評価

3.5
男はいつまでも
初恋の女を
忘れられないと
いうけれど

なんだこの
「ニューシネマパラダイス」も
ビッくりの
初恋童貞喪失
回想物語は


トルコ尼寺
楽しそうw
BGMが般若心経て
行って(イって)みたい笑
白鳥信一って外れがないよなぁ。冒頭、夜の街の尼寺トルコドーン!!で興味をひいて、本物の尼さんはこんなんじゃねえ!!ってブチ切れてからの、なぜか懐かしくて涙が出そうになる回想、美しい越後の風景、少年の恋。泣きながらお寺の鐘打ち鳴らす青春。いまいち尼さんに感情移入できなかったのが残念だったけど、やっぱり初恋はいつまでも色あせないよなぁってしみじみ。とにかく映像の美しい映画。
ヒロインの過去あり尼僧と純朴童貞少年の淡い思ひでを詩情豊かに描く文部省推薦的な映画、からみが無ければ。

ヒロインの顔は好きではないがラストショットはそれでも少し愛おしくなった。そんだけ話に引き込まれたって事だろう。
ヒロインが好きな女優さんだったら…とも思ったけど、好きな女優さんの坊主顔は見たくもないしここは迷うところ。ロケーション効果が作品に品を与えている。
たいち

たいちの感想・評価

3.5
嬢が全員、尼の格好をしている尼寺コンセプト系ソープのシーンから物語は始まり、尼のレズセックスや、尼と未成年男子の不純異性交遊など様々な尼セックスが見られる、ニッチな需要に応えた尼セックスポルノ映画。そもそも尼セックスって何?

誰とでもセックスしたがる知的障害持ちの村の女の子(奇しくも岬の兄妹と重なる)と村の男の子が川辺で青姦しているシーンで、射精を表す描写として川の中の無数のオタマジャクシが映し出されるのがゲロキモい。キモ過ぎる。こんなキモい描写ある?

U-NEXT、こんな作品まで抑えてるなんて、頭おかしいよ。
csm

csmの感想・評価

4.0
イイ話〜 民謡に機織指導まで入れて丁寧に撮られた丘奈保美の尼ロマン。尼さんはな…こんなもんじゃない…!と尼トルコで言う浜口竜哉の絶妙な表情。
芸者時代の忌々しい過去を背負っている尼僧(丘奈保美)が、純朴な童貞少年(信太且久)との交流を通して、愛欲の世界を追究していく。昭和24年の新潟を舞台に、尼僧と少年の交流を描いている、日活ロマンポルノ。主演の丘奈保美は、東映デビュー以来、3年ぶりに剃髪している。

「冒頭はコメディ、中盤は郷愁感たっぷりの童貞記、終盤は少年の主観視点による愛憎劇」という構成。自らの娼婦性に厭わしさを感じている尼僧と、彼女の娼婦性に魅入られてしまった少年の、両者の人生模様が描かれる。主演の丘奈保美のスキンヘッドは本物。

冒頭部に登場するコメディ・パート「尼寺トルコ」が抱腹絶倒。すべての嬢が尼僧のコスプレをしており、源氏名が戒名になっている。おまけにプレイルームのBGMは般若心経。「もしも、尼さんのトルコ風呂があったら」というドリフのコントのようで笑いが止まらなくなる。

中盤部になると、シリアス路線の人情恋愛劇に転調。「女の聖性と娼婦性」のシーソーゲームの中に取り込まれていく少年の悲痛な叫び。村長の娘(神章子)の「しょったれこき!」が罵られフェチにはたまらないものがある。