侍の名のもとに 野球日本代表 侍ジャパンの800日の作品情報・感想・評価

侍の名のもとに 野球日本代表 侍ジャパンの800日2020年製作の映画)

上映日:2020年02月07日

製作国:

上映時間:108分

3.9

あらすじ

ナレーション

主題歌/挿入歌

「侍の名のもとに 野球日本代表 侍ジャパンの800日」に投稿された感想・評価

阪神ファンだが、阪神の選手は急遽助っ人となった岩貞ぐらいで、ワンシーンしか出てこないw

それはさておき、侍ジャパン優勝のドキュメンタリー!
誠也がメジャーへ行く前に侍で4番として活躍したのもよかった
優勝決定時にカメラを持っていたのが今永で面白wしかもカメラを他の選手にわたして「映して映して」と、パリピなポーズw
とし

としの感想・評価

3.3
2022年5月23日
映画 #侍の名のもとに ~野球日本代表 侍ジャパンの800日~(2020年)鑑賞

2017年7月31日に稲葉篤紀が野球日本代表トップチームの監督に就任してから「2019 WBSCプレミア12」で10年ぶりに世界一に輝くまでの約800日間を描いたドキュメンタリー
Atsuya

Atsuyaの感想・評価

4.0
重圧との戦い。
緊迫感がちゃんと伝わってくる。
稲葉さんの想いが、みんなの想いが実ってよかった。
2022-34
ちゃぶ

ちゃぶの感想・評価

3.5
やっぱり野球はいいね
こんな裏側が観れるのは面白い

JAPANのウエアを着る事を目指していた
身としては、野球と言うメジャースポーツでの
それを身に纏うのはとてもカッコよく見える
稲葉監督就任から2019年WBSCプレミア12優勝までのドキュメンタリー。
よ

よの感想・評価

3.2
準決勝・決勝を現地に観に行った個人的に思い出の大会。

野球の国際大会は観ていて楽しいしワクワクするが、同等以上に途方もない恐ろしさも感じる。

北京五輪で、優勝以外は全てを否定されるんだ、ベストを尽くしたとしても世間は結果以外何も評価しないんだ、というトラウマを子供心に植え付けられた。それからは日本代表に勝って欲しいというより、叩かれないで欲しいから負けないで欲しい、というネガティブな思いがある。

選手たちにとっての国際大会はどんな価値があるのか。
計り知れない数の期待と理想を背負い、欲する栄光のためなら捨てられるものは全て捨てるという覚悟や執着に慄いた。
「凄い選手を集めたいんじゃない、
        良いチームを作りたい」

夏の甲子園しか観てない私でも楽しめた。
昔ホークスファンの友だちが松田選手の事を
ゴリゴリに推してた理由が時を経て今やっと、
めちゃくちゃに分かった。

映画の8割はバッターメインで描かれてるけど、最後の方のピッチャーの所で凄い締まって良かった。
やっぱりピッチャーの重圧ってエグいんだな…
そして全く触れられてないキャッチャーに思いを馳せたエンドロール。
ギリギリまで観るの迷ってたけど観て良かった。

2022/02/05NETFLIX
2022年長編46本目
野球ファンには、たまらん作品でした!
プレミア12を振り返ると、今でも涙が出そうなくらい感動するものがありました!
あずま

あずまの感想・評価

4.5
最高。
山田哲人かっこ良すぎる。
稲葉監督がチームのことすごく考えてるし、選手もチームのことを考えてて良いチームができていた。
オリンピック前に見たかった。
TAKESHI37

TAKESHI37の感想・評価

4.5
【Netflixで日本字幕付き鑑賞】

日の丸の重圧と闘う日々の様子、
選手たちや試合の緊張感を伝わってくる
ドキュメンタリー映画で本当に面白かった。

稲葉監督の考え方は好き。

続きに東京オリンピックまでは観たかったなw
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品