ぽつり、岡山の作品情報・感想・評価

「ぽつり、岡山」に投稿された感想・評価

wa

waの感想・評価

-
もちもちもちおくんが可愛かった。
岡山に行ってみたくなった。
やさしいお話だった
カーディガンとゆるゆるのズボンを着て岡山へ行きたい
ゆき

ゆきの感想・評価

5.0
あったかいなあ
いいなあ
役者さん達の雰囲気がすごくすき

岡山いってみたい
え

えの感想・評価

5.0
泣いた泣いた笑った笑った。
岡山天音さん魅力的な役者さんすぎる。
美しい作品でした
自分が持つ特殊能力に悩み、人前で笑えなくなった女子高生のハレ。
スランプに陥った絵本作家のいけじり先生。

何かをきっかけに今までできたことができなくなる、何の前触れもなく不意にできなくなる、
どっちも誰の身にも起こりうること。

そこを脱するには、自ら動くことが大事なのか…
酷だけど、一歩踏み出した時に手を差し伸べてくれる人もいる
あんまし孤独に考えすぎない方がいいのかも

ハレちゃんの笑顔かわいすぎ
ちょっと売れかけの絵本作家の青年が
岡山県の図書館に勤める司書である
かつての恩人の元を訪ねたが
彼女の娘=ハレは
笑うとトリガーするちょっとした
特殊能力のせいで
あまり人前で笑わなくなってしまった
彼はハレを笑顔にするには
どうすればいいのか・・・!

笑うと対面している相手に
一滴だけ雨粒が落ちるって
どんな能力だよ笑
「それが、地味にコタえるんです...」
そうなのか(笑)

でもイイ話じゃないですか

アマネ・オカヤマのオカヤマって
岡山県出身だからオカヤマなの?
八代亜紀パターン?
   
2021.4.18
フォロワーさんのレビューを見て天音くんが出てるの!観なきゃ!とすぐに鑑賞。
これがFilmarksのメリット。
短編なのでサクッと観れる。

読み聞かせのシーンで子供が前にでてきて見てるところは自然な感じが出てて和む。
前野さんの監督脚本なんですね。
とても温かみのある柔らかい作品だった。
岡山県はライブで訪れたことがあるけどゆっくり観光できてないしコロナがどっかいったらまた地酒飲みに行きたい。
2021年 60本目

今回の天音くんは絵本作家

不思議な能力を持つ女の子とその家族とのほっこりする短編映画

天音くんの演技はもちろん、ヒロインの女の子の演技も上手かった

図書館で「モチモチもちおくん」を読み聞かせするシーンがお気に入り
自然と笑顔になっていた

コロナが収束したら岡山県に行ってみたくなった
aoikovic

aoikovicの感想・評価

3.3
岡山県を感じることができる温かい作品

岡山天音ファンは必見‼︎
豆腐

豆腐の感想・評価

3.7
ちょっと不思議力を持つ女の子と絵本作家の短編映画だけど、温かくて好きな作品だった。
なんせ岡山さんが良い演技。あの人の演技でぐっと映画が良くなる。
なんだか岡山県に行きたくなった。
>|

あなたにおすすめの記事