天使のいる図書館の作品情報・感想・評価

天使のいる図書館2017年製作の映画)

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:108分

3.2

あらすじ

合理的な考え方を持ち、主観で物事を語ることを嫌う性格の吉井さくら(小芝風花)は、地元の図書館に就職し、新人司書として“レファレンスサービス”という慣れない仕事にとまどう日々を過ごしていた。ある時、図書館に訪れた芦高礼子(香川京子)と名乗る老婦人から、1枚の古い写真を見せられる。写真の撮影場所へ行くことを望んでいると思ったさくらは、そこへ礼子を連れて行くことに。その後も度々違う写真を持ってやってく…

合理的な考え方を持ち、主観で物事を語ることを嫌う性格の吉井さくら(小芝風花)は、地元の図書館に就職し、新人司書として“レファレンスサービス”という慣れない仕事にとまどう日々を過ごしていた。ある時、図書館に訪れた芦高礼子(香川京子)と名乗る老婦人から、1枚の古い写真を見せられる。写真の撮影場所へ行くことを望んでいると思ったさくらは、そこへ礼子を連れて行くことに。その後も度々違う写真を持ってやってくる礼子を連れて葛城地域の名所をまわるうちに、さくらは礼子に自身の他界した祖母への思いを重ね、図書館利用者と司書の関係を超えた特別な感情を抱きはじめる。しかしある日、約束をしていたにもかかわらず、礼子は図書館に姿を見せなくなる。 そして、礼子のことを知るある男性(横浜流星)がさくらの前に現れる…。

「天使のいる図書館」に投稿された感想・評価

夢野猫

夢野猫の感想・評価

3.0
とある図書館に導入された人型書士AI“サクラ”。
JKの「泣ける本」のレファレンスで「西洋拷問史」を勧めたり、少女の「王子様の出て来る日本の本」に「日本は王制じゃ無いです」と答えたり……。
そんなサクラが老婦人と出逢い人の感情を理解して行く物語。

いっそ、そこまでのファンタジー設定なら、もっと面白くなったかも知れない(笑)

実際は、人のキビが良く判らない頭デッカチのロボットみたいな新米書士のお話し(笑)

主演の小芝風花の演技が見物。
実写版『魔女の宅急便』でキキを演じた時より上手く成ってるじゃないですか(笑)
minorufuku

minorufukuの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

新人司書のヒロインは、ある日年配の女性の利用者から一枚の写真を見せられてこの場所を知りたいと言われる。地元の地理に詳しいヒロインは彼女をその場所に案内するのだが、彼女は毎回違う場所の写真を持ってきて…という話。

奈良県の葛城地域の観光振興シネマプロジェクト製作。いわゆる町おこし映画。劇中の図書館やスポットは全て実在の場所とのこと。

ヒロインと利用者である女性が町中を回りながら交流するエピソードがメイン。さすが地域密着プロジェクト。
ヒロインは一般常識に欠け、知識は豊富だが理詰めで論理的な思考が災いして相手の言葉の意図が汲み取れないという図書館員としては致命的な欠点があるのだが、作中ではそれ以上にほとんどロボットみたいに描かれている。説明するときはSiriみたいな喋り方になる。愉快ではあるが極端。「泣ける本を読みたい」という女子高生の要求に拷問の本を紹介するのはシュールだった。
図書館を舞台にした映画は大抵、登場人物が業務を逸脱した行動を取り始めるのだが、このヒロインも例に漏れず命令無視や職場放棄に不法進入と次々とトラブルを起こすものの若くて可愛いからか何故かクビにはならない。あと毎日同じ服を着ている。ビルゲイツみたいに何着も同じ服持っているのだろうか。
利用者の女性が毎回違う写真を持ってくる謎が終盤判明するのだが、メジャーどころのキャストが少ない中で森本レオが出演しているだけでアヤシイと予想がついてしまうのは残念。全体的には穏やかな雰囲気な人情もので、目立った欠点はそんなに無いのだが、ヒロインのキャラクター以外はオーソドックスなストーリー過ぎてやや退屈に感じた。
主演の小芝風花は実写版魔女の宅急便のキキ役が代表作だが、本作ではかなりの変人役。あのダサいメガネをかけても可愛いのはさすが。あと早口の演技が上手い。

図書館勤務の人や利用者がこの映画を観るとツッコミどころ満載であろうが、そんなの書いてたらこのレビューの文字制限超えちゃうので敢えて省略…
micco

miccoの感想・評価

3.2

今日いちにち重たいテーマと
向き合いすぎて
なんとなく軽いものを観たかったけど
すごく今日のテーマに
意図せず一致してしまってた

この淡い色合いの本作に
思い出の中で生き続ける
なんて、そんな、
ハッとつかれてしまった

ススキ畑のシーン、良いです

そして
ヒロインの透明感が、たまらん
りょう

りょうの感想・評価

4.0
主演高畑充希だと思ってたら全く違いました
でもそんなのどうでも良くなるくらい可愛らしいキャラクターでした

図書館で働きながら利用者や同僚との触れ合いを通して人間味を取り戻していくお話
とにかく和やかな空気の中で主人公は心地よい違和感
理詰めなところを少し自分に重ねて鑑賞した分楽しめた
Pudding

Puddingの感想・評価

3.2
過去の出来事によりスマートスピーカーみたいに話すクセをもつ23才図書館で働くさくら。特にこれといった趣味もなく、辞書と地図が好き。

人との距離感を掴めず、知識優位で生きてきた彼女が、お婆さんと交流することがキッカケで徐々に感情を開放していく姿にとても共感できた。
舞台は奈良県葛城市。
新人司書の吉井さくらが、図書館で出会う人々との交流を通して地域の歴史や文化に触れて、人間的に成長していく様を描く。

奈良県の自然や町並みをふんだんに使った構図が良い。
ご当地映画ならではの豊かな景色、それだけでも観る価値はありました。
レファレンスサービス、知識があるだけでは務まらないんですね(さくらの場合はそれ以外にも問題がありましたが😅)
色々とためになる場面がありました。

小芝風花演じるさくらが、融通の利かない生真面目ロボット少女なもので、それが表情から情景まで少しずつ成長していく姿に心が癒えます。
以前に観た「魔女の宅急便」以来の小芝風花でしたが、また一味違う演技の幅を見せつけられました。

ストーリーに意外性は期待できませんが、心温まる作品としてはお薦めかなと😊
うーぱ

うーぱの感想・評価

3.0

小芝風花目当てで鑑賞

演技上手いしかわいい。

ストーリーは…
奈良の風景が美しい
神社、山、特に葛城山
観光案内っぽくて
正直あまり期待してなかった

頭は良いのだけど、暴走しまくりの図書館司書のヒロインさくら

職場の上司の叱り方が優しい
仲間も良い人ばかり

このまま終わるか?と思いきや

なかなか感動するやないの

悲しいラブストーリーとか

さくらにも春がやってきたり✨

心地よい関西弁やったし
多分、ほんまの関西の役者さんやろな

弟くんもかなりのマイペースでいいキャラでした

色んな方向から楽しませてもらいました

ただ今捻挫で松葉杖生活の為
TSUTAYAに行っていっぱい借りて
映画見まくりますわ🎵
y

yの感想・評価

3.0
知識は豊富だが、人と接することが苦手なコンピュータ人間の女の子が、
ひとりの老婦人との出会いを通じて
少しずつ人間として大事な気持ちを知ってゆく作品。
Aya

Ayaの感想・評価

3.9
すごく地味な映画だったけどそれが良かったです!なんだか心が浄化されるような感じでした。
本読もう。