天使のいる図書館の作品情報・感想・評価・動画配信

『天使のいる図書館』に投稿された感想・評価

ほのぼの、感動、おばあちゃんとの交流もの、成長もの
出演者、小芝風花、横浜流星、森本レオ、香川京子など

【内容】
奈良の葛城を舞台とした映画

図書館の司書をしている吉井さくら(小芝風花)は美人だけど風変わりな女の子と周りから見られている
知識はあるのだが頭が固くレファレンス(相談窓口)に入ってもどこかズレた対応をしてしまう

そこでさくらはしっかりとしたレファレンスで挽回しようとするも、行き過ぎたレファレンスで図書館に来ていたお婆さん(香川京子)と図書館外に出かける日々(お婆さんの思い出の写真の地を巡る)

さくらとお婆さんとの交流をメインに
さくらの仕事関係、家族関係、死んだ祖母への想い
ストーカー疑惑がある謎のバックパッカー(横浜流星)
お婆さんの過去、写真に隠された秘密
などを絡めて進んでいくストーリー

【感想】
思ってた内容と違ってちゃんとしっかりしたいい映画だった
てっきり小芝風花と横浜流星の恋愛もの、安っぽいストーリーを想像してた

良かったところは
まず主演の小芝風花、見た目がかわいらしいのでずっと見てられる
メガネ姿もかわいいし、自転車乗る時いつも中学生みたいに白ヘルメット被ってるのも面白い
ロボットみたいな口調は最初のうちはユニークで面白いんだけど、だんだんわざとらしく感じて冷めて見ちゃうんだけど、ちゃんとそれなりの理由があるのね
ただの変な子ってわけじゃないのね、なかなか深くて良かった
だって家族には普通の口調で喋ってるんだもんね、劇中香川京子にも言われてたけど素の関西弁のキャラクターがすごい魅力的だった

そしてもう一人の主役の香川京子
てっきり脇役のおばあちゃんとかでチラッと出るだけだと思ってたら結構ガッツリじゃん
こんなにガッツリ出番のある香川京子見るのってそれこそ50年ぶりくらい?(若い頃の姿は白黒のイメージなのでもっと前かも)
年齢気になって調べたらこの映画の時で85歳?いやーすごい、なんか昔の香川京子思い出して感慨深かった
昔と変わらず品があるのが良いです
若い頃を演じていた女優さんも綺麗だったけど、香川京子はこんなもんじゃなかったよね

あと劇中で横浜流星が香川京子のために本を借りるシーンで借りた本の中に「稲妻」と「猫と正造と二人のをんな」があるんだけど、どちらも香川京子の出演作なのね、細かいところだけど、こんなの気付く人あまりいないだろうけど、こういうところも楽しめた

・まとめ
小芝風花目的ってだけの鑑賞だったんだけど意外に良かった
小芝風花の美少女っぷりはもちろん良かったし、関西弁も様になってたし、お弁当(うどん)もぐもぐ食べるシーンもかわいかった

そして香川京子の出番が多かったのも良かった、香川京子の若い頃を思い出させるようなストーリーだったのも感慨深かった
四角四面の話し方で余白のない機械と話している様な、人の心への理解力。ずれずれのずれやまずれこのさくら。知識の引き出しを開くときには、機械の話し方になってしまうさくら。
自分の感情を出せないのでしょう、感情を出すときにすら、知識の部分に結びつけないと語れない。主観で動いたっていいのに。自分の中で、人に寄り添うときのバランスを崩しちゃったのかな。知識は想像力の扉を開く扉なのに。
後天的に、祖母の死をきっかけに他人の気持ちへの対処の仕方がおかしくなったのだとしたら、もう少し司書として役に立つために(さくらの言葉で言ったら)勉強して、
想像できる様になってほしい。

場所は記憶を呼び起こす。事実と違うから小説はいい。そうなんよ、だからドラマや小説、映画が楽しめる。設定が多少おかしくったって、入り込めればそれでいい。はいりこめなかったら、その時点で事実であったって作り物だって失敗作にもなりうる。
このキャラクターを成立させて世界観を崩さない小芝風花を見る映画。私は意外と好きだった。
小芝さんが独特すぎる。セリフも長いし早口で、難しい言葉が多い。
あんな友達いたら、イライラするだろうけど、新しい発見がありそう。

1枚の写真と老婦人に出会って、少しずつ考え方が変わっていく。写真の場所を見つけるという、宝探しのような感覚が面白かった。

小芝さんの眼鏡にヘルメットが可愛い。
calmo

calmoの感想・評価

4.0
50年ぶりの再会…
ストーリーとタイトルがあんまりつながらなかった気持ち悪さは少し残るけど、素敵なお話でした。
挿入歌もノスタルジック…
『天の夕顔』を知れたのも観た甲斐があった。読んでみよう!
奈良の図書館で司書をする神社の娘のロードムービー。
かなりスローなストーリーだけど日常的だし奮闘するし、ノスタルジーだし日本映画らしい作品。
音声ガイダンスのような説明をする主人公のさくらはだいぶズレた子だけどクセになるキャラクター。人におすすめするって意外と難しい。自分の亡きおばあちゃんを重ねてしまい、何とかしてあげたい気持ちは分かる。最後までキャラの軸ブレが無かったのは良かった。
演じた小芝風花さんも難なくこなしてたし標準語と関西弁との使い分けはお手のもの。鳥居を発見してからニヤニヤしたりと表情の使い方、総じて力のある女優さんだった。可愛い。
森永くんの弟キャラも手頃で良い。
奈良の雰囲気も楽しめるちょっと良い話。エンドロールの奈良の資料映像中々ですね。
なんか話し方が独特すぎてわざと何か障がい者の話にでもしたいのかとちょっと…
(人の気持ちがわからない障がいありますよね?この子は人の気持ちがわからない+喋り方が独特)
んでこのタイトルなのがもう本当に何を狙ってんだと思って見てしまったよ…
正直このおばあちゃんもよくぞここまで嫌がらず付き合ってくれた、友達になりたくないもん。
仕事ができるから仕事のメンバーとしても何か揉めるだろうからなぁ…
と他人事に見てしまって感動できんかった
どんなに祈っても願ってもどうにもならない事もある世界で、他人の心を汲み取り自分の心も救っていくのが生きるってことなのかな。不器用で、その時は感情の蓋を閉じてしまっていたとしても、きっといつかは…。

このレビューはネタバレを含みます

小芝風花ちゃんのロボット的早口セリフがすごかった。笑
結ばれなかった二人が何十年もの時を超えて再会するのは、若者にはわかりえないくらい難しいことなんだろうなぁ、と想像できただけに、すすき野原で再会したシーンには思わず涙してしまいました。
人の感情とか、人の繋がりって大切なんだなって思わせてくれる作品でした。
N

Nの感想・評価

2.5

ながら見で十分、、、 あの独特な話し方はクセになるがそばにあんな奴いたら絶対に距離を置く。
>|

あなたにおすすめの記事