あのコの、トリコ。の作品情報・感想・評価

「あのコの、トリコ。」に投稿された感想・評価

yuco

yucoの感想・評価

2.5
同時進行でふたつの映画を撮ってるシーン、亮くんだーりおちゃんの"陰"と新木優子ちゃん杉野くんの"陽"の対比が良かったです 亮くんは"陰"の似合う人!

それととにかくエンドロールの"SUPER★DRAGON"に胸熱 9人みんなで出て欲しかったなあ
お亮終始美しかったし優子ちゃんは可愛いし最後のシーン幸せすぎるし涙出た
Risa

Risaの感想・評価

3.0
新木優子が可愛くて吉沢亮と杉野くんの顔が綺麗で、それを眺め続けることができて至福。っていう映画だった。
冷静になると所々ストーリーぶっ飛んでるしあり得ない箇所もあるけどそこは彼らの顔面に免じて🙆もともとその覚悟で観てたのでもはや気にならず。

古坂大魔王がいい味出してた
ゆり

ゆりの感想・評価

2.9
胸キュンするところは何シーンかありました。
新木さん、吉沢さん、杉野さんがほとんど出てるのでファンは好きな映画だと思います。
少女漫画原作の実写化はたまに「センセイ君主」の様な快作に当たる事もあれば、「マーマレードボーイ」の様な怪作に当たる事もあります。
しかし今作はただ不快な作品でした。

幼馴染の頼(吉沢悠)と雫(新木優子)と昴(杉野遥亮)は幼い頃にスターになる事を約束しあいます。
しかし高校生になり雫と昴は夢を着実に叶えますが頼は地味で平凡なメガネ男子になっていてというお話。

いつもは冴えない吉沢亮がメガネを外すやいなや周囲が息を呑み程の美男子になるという設定が飲み込みづらい。
昭和か!
クラーク・ケントですよ。
ちなみにメガネをかけても吉沢亮はカッコイイですからね。

主要な3人の俳優やモデルの仕事に対する姿勢が酷すぎて映画や舞台はあくまでも恋愛の為に存在しており公私混同も甚だしく好感度がどんどん低下していきます。
コイツら芸能界で有名になりたいだけで仕事に何らプライドを持っていないクソですよ。
岸谷五郎演じる有名監督は灰皿の1つも投げつけるべきですよ。

ライバル役の昴もただの嫌な奴で恋愛のお邪魔役でしかなく魅力に欠けます。
バスケのフリースローをしながら吉沢亮に恋のライバル宣言をするのですが一本もシュートが入らないのは脚本通りなのでしょうか。

印象に残るショットやシーンも無く俳優陣がポテンシャルを越えて魅力的に写る瞬間もありませんでした。

やはり主要3人の俳優への憧れや思いは描くべきですし、雫が頼の事を昔から思っていた描写は必要ではないでしょうか。
転校してくるまで音信不通で頼が才能あるイケメンだとわかった瞬間になびいている様に見えます。

外から見るとヒロインの雫はモデルが人気若手俳優との恋愛関係をつてに舞台や映画の主演して、売れた後は男を捨ててハリウッドへ行く別の人気俳優と付き合いだすビッチにしか見えないのですが。

うだつの上がらない高校生にイケメンだったらワンチャンありますよと言う有難い教訓をこの映画は教えてくれました。

特撮ファンとしては吉沢亮をはじめ現ライダーのヒロインの大幡しおり や内田理央、水上剣星などライダー出演俳優が多いのだけが見どころでした。
代表

代表の感想・評価

2.8
新木優子が可愛いって話
ストーリーは先の先までお見通しってくらい先が読める
原作知らんけど退屈でした
エンディングは素敵でした
shiho

shihoの感想・評価

3.4
ポイント貯まっててちょうどいい時間だったので久々に学園モノをスクリーンで

大好きな新木優子がひたすら可愛かった
演技は他の若手女優には劣るんだろうけど可愛いからもうなんでもいいってなる

にしても、吉沢亮もカメレオン俳優ですね
なんだろう菅田将暉は毎回、菅田将暉な事を忘れるカメレオン俳優で吉沢亮はいい意味で吉沢亮感のあるカメレオン俳優
なによりお顔が美しいこと


これは多分キャストが好きじゃないとストーリーが読めちゃうのでイマイチかと、、
でも最近の学園モノの中ではそれなりに良かったかと思います
ナギサ

ナギサの感想・評価

4.0
原作は読んだことないけど!
吉沢亮がひたすらにしんどい。個人的には本編はもちろんだけどエンドロールの写真たちじっくり見るの良きだった
nanase

nanaseの感想・評価

3.0
顔面が最強すぎて夢の国としか思えなかった。杉野くんの一瞬のキスシーンが破壊力ありすぎた〜。
きき

ききの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

吉沢亮さんは格好良かったのですが、ストーリーはイマイチでした。インタビューの時に言っていたギャップを意識していたのは凄く伝わってきて良かったです!もう少し原作に寄せて欲しかったです。
>|