ドラゴン・スクワッドの作品情報・感想・評価・動画配信

「ドラゴン・スクワッド」に投稿された感想・評価

ハテナ

ハテナの感想・評価

1.8
山賊と化したホームレスを駆除するついでにドラゴンも駆除する話。鳴き声がふつーにゴジラだったんだけど、怒られない? 大丈夫?

傭兵部隊がメインで、それに中年太りした元軍人と森林保護官の女が合流するんですけど、この女が途中からサブキャラっぽくひょっと出てきたくせに「私最初からメインヒロインでしたわよ?」みたいなノリで最後しれっと居座ってるのが納得いかない。傭兵部隊が各々キャラ立ってただけに不思議。

それに対しておっさん軍人の方は扱い酷くて、本人の言動もそんなに良くないんだけど、傭兵部隊からは最初からデコイとしてしか見られてないし、傭兵と一緒に助けた女からも悪態疲れるし、特攻してドラゴンに食われてるのに、そのドラゴンが倒された時には、「みんなを守ってドラゴン倒したぞ!」って傭兵が叫ぶしで、いや食われたやん? あのおっさんは頭数にないん? ってすごくもやもやした。

あと、エンドクレジットでそんなことするなら本編もっと真面目に作れよ。

観た日:2021/3/8
おりこ

おりこの感想・評価

2.6
どうして私はこんなB級映画を借りたのか?それは見たい新作が借りられててこれならまあいけそうかな?!って選んだから!!!
期待以上のB級。ドラゴンの走るCGがポンコツでうける。ちょこっとマメな設定あるのにうまく生かしきれてないのがB級。なんなんだよ、あの思いのままにする謎の煙。そして最後の生存エピはいるか?リスがもろぬいぐるみだった 笑。更にその後のキャスト紹介ショットにほのぼのしB級だけどありかな、とか思わせる罠。
爆裂BOX

爆裂BOXの感想・評価

3.6
怪物の棲む森の伝説が残る大森林地帯で近隣の住人の行方不明者が続出。市長の依頼を受けて森に入った精鋭傭兵部隊はそこでドラゴンに遭遇し…というストーリー。
森林地帯を舞台に精鋭傭兵集団とドラゴンの戦いを描いたミリタリー・モンスターアクションです。
ドラゴンのCGはこの手の作品の中では中々いい方じゃないんでしょうか。攻撃方法は主に火炎攻撃でしたね。噛みついて食ったりドラゴンらしく空を飛んで空中から攻撃を仕掛けて来たりもします。空中からの攻撃が多い印象ですね。また、人を洗脳するガスを吐く攻撃もしてきます。
このドラゴンと森林地帯に潜む武装したホームレス討伐の名目で集められた主人公達傭兵部隊と同じ任務を受けて森に入って壊滅した地元の民兵集団の生き残り、森林保護管の女性が戦いを繰り広げます。ドラゴン相手に傭兵達がガンガン銃撃繰り広げてくれるので結構楽しかったですね。また、ドラゴンに操られて生贄を捧げる元軍人の武装したホームレスたちとの銃撃戦もちょっとだけですがあります。すぐ制圧されますが。
傭兵部隊の面々も中々いいキャラしてたと思います。主人公の巨漢の黒人グリーンは常に冷静で戦闘力も高くてかっこいいですし、リーダーにスカウトされた新入りの爆弾のプロも最初は二日酔いでぐだってたりイマイチ頼りにならなさそうでしたが、終盤で活躍してくれましたし、リーダーはグリーンに指示仰いだりグリーンの指示受けて他のメンバーに指示出したりあんまり強そうに見えませんでしたが、最後は中々カッコ良かったですね。民兵集団の生き残りグリフィンはお調子者キャラな感じでしたけど、結構漢気あって終盤も結構活躍して一番好きなキャラかもしれないですね。
グリーンが他のメンバーを逃がして一人で戦おうとするのを他の皆も共に戦うと説得して皆で立ち向かう決意をする展開はベタながらアツくて良かったですね。最後のドラゴン退治作戦も予想外の事態起きたり中々楽しめました。リーダーから譲り受けた形見の銃に「エクスカリバー」と彫られていてそれでドラゴンにとどめを刺すのは笑いました。とどめの弾丸発射されるシーンはダサかったけど、個人的にはそのダサさも好きでした。
ラストのオチもこの手のモンスター映画のお馴染みの奴で逆に何か嬉しくなりましたね。その後のもうひとオチは笑いました。ドラゴンに食われても噛まれなかったら生き残ることできるのね(笑)どう見てもキグルミなリスにも笑いました。
登場人物むくつき男ばっかりでヒロインもあんまり可愛くないし、ドラゴンの発生理由も適当な感じですが、ドラゴンVS傭兵部隊の単純明快なストーリーとキャラも良くてアルバトロス配給のモンスター映画の中では中々楽しめた作品ですね。