人喰猪、公民館襲撃す!の作品情報・感想・評価

「人喰猪、公民館襲撃す!」に投稿された感想・評価

象

象の感想・評価

1.5
ギャグや面倒な設定を入れたり主要なキャラクターが多かったりするせいかテンポ悪くて。そのまんま猪版『JAWS』作ればよかったのに。

このレビューはネタバレを含みます

 話のパッケージは、【ジョーズ】そのもので。ちょっと笑ってしまいました。しかも、物語のテイストはコリアンコメディでツボにはまらないと結構観ていてきついものがあります。終始、ドタバタしてる登場人物たちでした。

 果物園の観光客でにぎわう村で、猪が現れますが。主人公は観光客達を立ち入り禁止にしようとしますが。村長は反対して、果物狩りを続行しますが案の定、やられて。そこへハンター登場。猪を退治しますが、老ハンターはその猪は違う。と山へ猪退治に向かうという。まんま【ジョーズ】な気がしました。そして、コメディ……。

 登場人物たちのドタバタは置いといて、猪のCGは低予算を感じさせず。ものすごい臨場感があって素晴らしかったです。邦題の公民館襲撃はまさかの途中の一瞬だけで、クライマックスは工場での戦いになりますが。どのシーンも迫力あってよかったと思います。

 この内容で、120分はちょっと長く。もう少し短ければ、傑作になったであろう作品で残念でした。
ぺあの

ぺあのの感想・評価

2.5
笑えるモンスターパニック。イノシシがCGすぎ。最初は姿が見えず、一度ダミーを捕まえてみんなが安心して喜び、人喰い猪がいることが分かって老ハンターと若い警官が山奥にすすみ、最後はダイナマイトで爆発!あーー!JAWSの初回版とまったく同じストーリーじゃん。
邦題の強烈なショボさに惹かれて鑑賞。
個性ばかりで雑なキャラ達、無駄に多いギャグ、本当に恐ろしいのは人間的な事を言っているような言っていないようなビミョーなテンションで期待通りのものであった。そこそこ迫力もあるし、笑えるところもそこそこあったので、そこそこ好きです。でもB級パニックもので約2時間は長く感じるなあ。
韓国のとある閑静な山奥の村で女性の惨殺死体が発見された‼︎
村の伝説のハンターは人喰い猪の仕業だと主張する。
村に新たに赴任してきたキム巡査はこの事件をさまざまな人と調査することにするが・・・・。

韓国発のB級モンスターパニックホラーコメディ‼︎
登場人物が一人一人個性的でストーリーも典型的なB級映画といった感じでまあまあ面白かった。
猪も特撮とCGを使い分けていて悪くなかった。
ちょっと最後の退治方法がかわいそうな気もするが、全体的には期待せずに見ればまあまあ楽しめる映画だった(笑)
ドスファンゴ捕獲ぐだぐだコメディ。

タイトルに惹かれてポチる寸前、TSUTAYAで見つけて良かった~

韓国らしい2時間長編となかなかのバイオレンス描写。
しかし、無駄な笑えないギャグやら、よく分からんキャラクタ大放出で残念でした。


ストーリィは…

犯罪の無い村サムメリ。
そこで墓が荒らされたり、バラバラ死体が発見される。
どうやらでっかい猪のせいらしい。
メスは捕らえたが、オスがまだいる模様。
村人はハンターを雇い、猪を探しに山へ入るが…………



Hasta la vista !
って、おい(´Д`)

さらに、いきなり犬が喋り始めたり、猪の鳴き声が超音波だったり…
と、とにかくツッコミ所は満載ですw

でも大して笑えないんですよねぇ~

キャラクタも濃い割に、適当にしか描かれないから存在価値が見出だせない人ばかりだったし。

しかも猪より人間の方が酷いことしてて、"喰われてしまえ"としか思えなくなる始末(笑)
バカしかいないんですよ、人間(´-ω-`)

え、このキャラクタ死ぬの?とか、いきなりバラバラ死体とかは良かった☆
が、これはオススメは出来ないですね~
タイトルのみに惹かれました
いやはやタイトルからしてバカバカしい感じがしてたけど、ここまでB級でここまでギャクだらけとは思わなかったです笑
120分なんだかんだで飽きずに観れました
邦題の勢い。ギャグは嫌いじゃない。見事にジョーズをなぞったテンプレート展開。公民館という名の簡易プレハブ宴会場襲撃後は、猪を捕まえたいのか逃げたいのか何をしたいのかわからなくて蛇足感がすごかった。あと悪いことの原因はだいたい旧日本軍てなるのかな。
猪のCGクオリティは高かった。
最後のキャスト紹介はクスッときた。オチまで楽しんで作った感がすごい。
ハリー

ハリーの感想・評価

3.8
韓国発のモンスター級の猪が襲いかかるモンスターパニック。

閑静な山の中の小さな村。そこで若い女性の惨殺死体が発見される。村に住む元伝説のハンターであるチュンは、山に住むと言われている巨大な猪の仕業であると推測し、巨大猪の捕獲作戦が実行される...。

B級映画であることは間違いないんだけど、かなり面白い!

メインの巨大猪はもちろんCGだけど造りは荒っぽくないし、モンスター並みにデカくて全速力で追ってくる様はもはやホラー笑

猪と対峙する人間達の間で展開するドラマも面白い。個性的な人物が多く、結構笑える。

物語前半で捕獲した猪(つがいの雌)を丸焼きにして公民館でパーティーをしているところに巨大猪(つがいの雄)が襲撃してくるシーンの迫力!公民館は人々の阿鼻叫喚の嵐!

山や森を開発しまくると野生生物が餌を求めて降りて来るように、モンスターを生み出すのも結局は人間のせいだということ。

教訓も得られる猪大暴走パニックムービー。グロいとこもありますよ〜。

このレビューはネタバレを含みます

TUTAYAお取り寄せが出来ず諦めてたらネトフリに入ってた^ ^

邦題そのまま、人喰イノシシのパニック🐗
キツイ描写無し(多分)猪CGはまずまず。

そこは犯罪の無い村サムメリ…
人喰い猪を捕まえたと思い込み安心した人達^ ^(ジョーズの様なフリ)
♬サムメリ・イン・ダ・ハウス♬
てラップしてたら
真打人喰猪イン・ザ・集会所で大乱闘
重機に乗ってパク巡査行きます!かと思ったら電源落として佇むとか^ ^
もののけ姫のおっことぬし様よりは小さいかなぁ?でもあの暴れ方見たらパクみたいになるね

にしても登場人物皆さんふたクセくらいあり、ボケも入るので緊張感がなかなか出てこない…

猪目線な映像や猪退治の仕掛けなど、プレデターみたいだなぁと思ってたら泥まみれの人間に気付かないというホントにプレデターなシーンがあってニヤける

トロッコで逃走する辺りから急にアクション化するノリ笑
瓜坊の芝居が一番✨

2018 2 Netflix