あきしげさんの映画レビュー・感想・評価

あきしげ

あきしげ

気分が盛り上がった時にこちらでもレビューを書きます。

映画レビューのブログ『脳内ミニシアター改』
http://akishige777.xsrv.jp/
ツイッター
https://twitter.com/akishige1980

映画(915)
ドラマ(0)

R100(2013年製作の映画)

-

松本人志という芸人は面白い。まさに天才。
松本人志という映画監督は才能のカケラもない。
松本人志というブランドだけが先行する作品。

こんな映画に金を払ってまで、自分の時間を浪費する。
それほどの価値
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

4.0

美貌のワンダーウーマン。
事務処理のサイボーグ。
軽口のフラッシュ。
金持ちのバットマン。
重役出勤のスーパーマン。
ごっつい人魚姫アクアマン。

この順番が本作を象徴しています。
個人的には実写映像
>>続きを読む

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.0

映画としては面白くはない。

ただ、実際に都内で電気を含めたライフラインが途絶えた時、現代の日本人はどうなるか、シミュレートした作品でした。

しかも、主人公たちを平凡な一家族にしていて、名前もありふ
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

2.5

えっ?主人公は大鷹弾じゃないの?帝一は何かしたか?

完全に大鷹弾のおかげで盛り上がった作品だと思う。
彼の存在がなければ、物語は動かなかったし、帝一は単なる総理大臣になりたいだけの空っぽな人間になっ
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.5

ミュージカル映画好きのオマージュ作品。

まず、本作はミュージカル映画を知らない人が観る為の初心者入門だと感じました。

まあ、ワタシはそこまでミュージカル映画を観たワケじゃないが。

監督さんはミュ
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.5

ハンマー!ハンマー!オレのハンマー!

ずっと心配していたアベンジャーズのビッグ3の一人、マイティ・ソーの単独映画。

一作目はまあまあ、二作目でこれは……、三作目でまさかの大逆転の面白さに。

サブ
>>続きを読む

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

3.5

えっ?競技かるたって頭脳と体力を使うスポーツなんだよ。

ワタシが誤解していました。
競技かるたは伝統を重んじる静かな遊びだと思っていました。
そんな人は大多数でしょう。

まさか、あんな汗だくになる
>>続きを読む

ディレクターズカット ブレードランナー 最終版(1992年製作の映画)

3.5

久しぶりにここで軽くレビューを。

このディレクターズ・カット版は1992年にリドリー・スコット監督がワーナー・ブラザースが交渉して編集してもらったらしい。

より映像や音声のクォリティーが上がってい
>>続きを読む

ハードコア(2015年製作の映画)

2.0

POVと同じ手法なのに「映像革命」は言い過ぎ。

良かった点。

・まるでゲームのようだ
・シャールト・コプリー

悪かった点。

・映像に酔う可能性が非常に高い
・何が起きているのか分からない
・三
>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

2.5

ストーカーの欲望で人生を潰されたヒステリー女。

良かった点。

・惑星移住計画に希望を持たせる
・アヴァロン号内の施設は面白い

悪かった点。

・主人公がストーカーの何者でもない
・ヒロインはヒス
>>続きを読む

トリプルX:再起動(2017年製作の映画)

3.0

続編が出たホッとしたのはアイス・キューブ。

良かった点。

・エクストリームスポーツとカンフー
・ドニー・イェンというカッコいい人
・ヴィン・ディーゼルの余裕綽々な人

悪かった点。

・ギボンズと
>>続きを読む

モンスター・ホテル2(2015年製作の映画)

3.0

メイヴィスの過保護ママ、ジョニーの雑な扱いの続編。

良かった点。

・最初から飛ばすテンポの良さ
・ドラキュラの縦横無尽の活躍
・緩急をつけたギャグのシーン

悪かった点。

・メイヴィスが単なる過
>>続きを読む

DEAD OR ALIVE 犯罪者(1999年製作の映画)

3.0

すべてはラストの為にある壮大な伏線である。

良かった点。

・哀川翔と竹内力の存在感
・三池監督のエログロ演出
・都会ジャングルでの狂宴

悪かった点。

・城島家族が完全にラストの犠牲者
・龍一の
>>続きを読む

フッテージ デス・スパイラル(2015年製作の映画)

2.0

前作の悪いところを補完し、良いところを潰す作品。

良かった点。

・前作より工夫された恐怖演出
・前作より活躍する元副保安官
・前作より明確になるブグール

悪かった点。

・前作よりブグールがロリ
>>続きを読む

ニンジャ・チアリーダー(2008年製作の映画)

2.5

メイトランド・マコーネルが最大の魅力。

良かった点。

・メイトランド・マコーネルの存在
・仲良し三人組のキャラクターたち
・ジョージ・タケイのチートな役柄

悪かった点。

・18歳という設定にム
>>続きを読む

ブラッド・ワーク(2002年製作の映画)

3.0

地味であってもクリント・イーストウッドが魅せる。

良かった点。

・クリント・イーストウッドという主演
・一人を除けば女性陣が主人公を助ける
・ジェフ・ダニエルズという2つの役柄

悪かった点。
>>続きを読む

リターンド・ソルジャー 正義執行人/沈黙の執行人(2014年製作の映画)

2.5

セガール拳はまだまだ進化していきます。

良かった点。

・スティーヴン・セガールは絶対無敵
・期待を裏切らないストーリーの展開
・今回はセガール拳に新たな能力付加

悪かった点。

・悪役と黒幕とい
>>続きを読む

アースフォール(2015年製作の映画)

1.5

低予算のテレビ映画に多くを求めちゃいけない。

良かった点。

・娘役のデニース・トンツが可愛い
・マーク・ロルストンがいい人です

悪かった点。

・次の場面で二週間経過
・科学者の妻の職務放棄
>>続きを読む

フッテージ(2012年製作の映画)

2.0

主人公は身勝手すぎる上、恐怖演出が幼稚。

良かった点。

・映像のインパクトがある
・イーサン・ホークの演技

悪かった点。

・驚かせる大きな音がワンパターン
・真相が分かってトーンダウンする
>>続きを読む

ロック・ザ・カスバ!(2015年製作の映画)

2.5

水のビル・マーレイ、油のアフガン文化は混ざりません。

良かった点。

・ビル・マーレイの楽しい立ち回り
・アフガンを軽く捉えた物語の展開
・小銭稼ぎブルース・ウィリス健在

悪かった点。

・ズーイ
>>続きを読む

金メダル男(2016年製作の映画)

3.0

彼にとって「一番」を目指す事が生き甲斐。

良かった点。

・知念侑李と内村光良のアクがない演技
・ダイジェストに振り返る人生には共感
・どんな事があっても決して諦めない男

悪かった点。

・映画と
>>続きを読む

スーパーマリオ/魔界帝国の女神(1993年製作の映画)

2.5

主演にも酷評される大コケ実写映画。

良かった点。

・50億円という莫大な製作費
・知名度だけなら世界のレベル
・グンバはお茶目な癒しキャラ

悪かった点。

・ゲームとは完全に別物
・原作の敬意が
>>続きを読む

ゴール・オブ・ザ・デッド(2014年製作の映画)

2.0

絶望的にゾンビ映画の良さを打ち消している。

良かった点。

・スローモーションによる頭部破壊
・前後半によるサッカーのイメージ

悪かった点。

・テンポの悪さが致命的すぎる
・群像劇で視点が飛びす
>>続きを読む

モンスター・ホテル(2012年製作の映画)

3.5

古典ホラーのモンスターたちが愉快な方々。

良かった点。

・安心して鑑賞できる
・吹替のハマリ役ぶり
・アニメ映画を活かす
・ギャップが心地良い

悪かった点。

・予定調和すぎる展開
・ジョニーが
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.5

第三のアニメ・スタジオが楽しく歌って踊る。

良かった点。

・字幕でも吹替でも歌唱力抜群
・成功を実現する登場人物たち
・どん底にあっても這い上がる
・誰でもスターになれる可能性

悪かった点。
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

4.0

『アナと雪の女王』と正反対の太陽と海の作品。

良かった点。

・王道のストーリーの安定感
・自然と入る歌の演出が秀逸
・映像技術の驚くべき超進化
・モアナとマウイのやり取り

悪かった点。

・良く
>>続きを読む

ファインディング・ドリー(2016年製作の映画)

3.0

記憶障害という笑えない主人公を都合良く利用。

良かった点。

・ピクサーの高い映像技術
・安心して鑑賞できる内容
・ドリーの諦めない行動力

悪かった点。

・ドリーの物忘れの都合の良さ
・全員が全
>>続きを読む

トロールズ(2016年製作の映画)

2.0

主人公が最初から最後まで嫌いだった作品。

良かった点。

・ブランチという主人公
・ブリジットはヒロイン

悪かった点。

・頭がお花畑のポピー
・主人公補正の超展開
・デザインがブサイク
・主人公
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

4.0

夢の世界に置き換えられた現代社会の問題を扱った作品。

良かった点。

・ジュディとニックのコンビ
・すべてのレベルが高い内容
・現代社会の問題を扱う設定
・主人公の上戸彩が良かった

悪かった点。
>>続きを読む

トゥー・ラビッツ(2011年製作の映画)

3.0

練り上げた脚本なのに登場人物が全員クズ。

良かった点。

・散りばめられた伏線の数々
・観ている側を意識した演出
・飽きさせないテンポの良さ

悪かった点。

・登場人物はクズばかり
・強引すぎる展
>>続きを読む

ナイト・ガーディアンズ(2016年製作の映画)

2.5

アクション性のヴァンパイア映画をツギハギした作品。

良かった点。

・楽曲が非常に良い
・映像が一流である
・可能性を感じます

悪かった点。

・すべてにおいて7割
・既視感のあるシーン
・既視感
>>続きを読む

ホーンテッド・サイト(2016年製作の映画)

1.5

一流監督の名作を受け継いだ三流監督の作品。

良かった点。

・悲劇の屋敷という壮大な設定
・悲劇の屋敷は可能性を秘める

悪かった点。

・中盤過ぎまで退屈すぎる
・屋敷を作る男が意味不明
・脚本が
>>続きを読む

フレンチ・ラン(2015年製作の映画)

2.5

イドリス・エルバがいるから成立する作品。

良かった点。

・イドリス・エルバの立ちまわり
・イドリス・エルバのアクション
・イドリス・エルバの圧倒的存在

悪かった点。

・全体的に既視感のある構成
>>続きを読む

メッセンジャー(2017年製作の映画)

2.0

欲張った結果が自らの首を絞める結末に。

良かった点。

・最後まで鑑賞できる作品
・タイタンまで描写が丁寧
・主人公の探求心がすべて

悪かった点。

・ツッコミどころ満載の設定
・宇宙の旅は簡単と
>>続きを読む

新クライモリ デッド・フィーバー(2013年製作の映画)

1.0

派手な邦題に反して中身は地味で退屈なゴミ映画。

良かった点。

・ヒロインのアリス・イングラート

悪かった点。

・トムが下半身に重点を置いたバカ
・ルーシーは感情的でイライラだけ
・マックスのキ
>>続きを読む

パージ:大統領令(2016年製作の映画)

3.5

ジェームズ・デモナコ監督の成長力が分かる作品。

良かった点。

・パージの問題を中心にした物語
・ただのサバイバルにしていない
・合流する仲間の心強さを感じる

悪かった点。

・新しい建国の父が無
>>続きを読む

>|