MikiSatoさんの映画レビュー・感想・評価

MikiSato

MikiSato

映画(116)
ドラマ(100)

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

5.0

エンディングがI shall be releasedで驚いた。Any day now(邦題「チョコレートドーナツ」)と同じ。ボブディランの曲。

熊野の山の中でほぼ自給自足の生活をしながら、子どもたち
>>続きを読む

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

3.7

笑って、泣いて、元気になれる映画。

記憶って、曖昧で、面倒で、いっそのこと、リセットされる方が幸せなのかもしれない、とか思ったり。
"今、この瞬間を楽しむ"ということが、自然とできるというか、そうす
>>続きを読む

冷静と情熱のあいだ(2001年製作の映画)

4.5

原作読んでから。
竹野内豊、若い。
原作は原作の良さが、映画は映画の良さがあって、どちらも好き。
フィレンツェ、行ってみたくなった。

空母いぶき(2019年製作の映画)

4.1

漫画が原作の映画。
舞台は、そう遠くない未来。
約3年前にできた国の武装兵士が、日本の領土である島を不法占拠したことから始まる。

すごくリアルだと思った。
まず設定が。
原作は読んでないので調べた情
>>続きを読む

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

3.7

原作未読。
映画が上映されていたときはあんまり興味ないなあと思っていたけど、地上波でやるということで録画。

手紙が届く仕組み?とかは、なんとなくわかるけど、原作読まないと味わえないなあやっぱり、と思
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.1

ようやく。
川崎チネチッタのLIVE ZOUND。
オープニングから、音が。もう。

QUEENは、家にアルバムが1枚あったから、その中の曲は聞いたことある、くらい。
"I was born to l
>>続きを読む

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

4.5

ライアン・ゴズリングがイケメンすぎてびっくりした。ララランドの組み合わせ。

ドリームガールズ(2006年製作の映画)

4.0

3回くらい、涙が溢れてきた。
フィリピンからの帰り道🇵🇭

万引き家族(2018年製作の映画)

5.0

エンドロールが終わった後に、なんか滑稽だなと思ってしまった。
滑稽というか、なんというか。

日曜日、朝10時の上映。
年齢層は高めだった気がする。
キネ旬なので客席の数自体そんなに多くないけれど、7
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

4.1

テレビで鑑賞。

天空の城と、銭婆のおうちと、キキと、ジジと、釜爺と、カルシファと、千尋が迷い込んだ世界と、ニシンのパイのおばあさまと、杉咲花と、神木隆之介と、大竹しのぶと、遠藤憲一と、天海祐希と、小
>>続きを読む

ハウルの動く城(2004年製作の映画)

4.0

ハウルはキムタク。
カブの大泉洋は、言われないとわからない。大泉洋さすが。
マルクルの神木くんもわからないなあ。
倍賞さんはすごい。少女と90歳のお婆ちゃんの声を演じ分けるなんて。

自分に自信がない
>>続きを読む

ゲド戦記(2006年製作の映画)

2.0

本当におもしろくないかどうか確かめたい、と思いつつ、しばらく見ることが出来ずにいたもの。ようやく。

伝えたいメッセージ的なものが、いくつもあって、そのどれもが中途半端に終わったイメージ。

ジブリの
>>続きを読む

エール!(2014年製作の映画)

3.4

さわやかな気分!
自転車に乗ってさっそうと坂を駆けおりたい気分!

奇跡の女(1982年製作の映画)

4.0

「偽りでも真実でも、どちらが正しいということはない。重要なのは、どのように使うかである」
的なことを神父さんが言っていた。

信仰は、心の支え。
何かあったら、神のおかげ。神のせい。
他責にすることに
>>続きを読む

パパが遺した物語(2015年製作の映画)

5.0

そこにいてくれてありがとう!という感じ。

愛されている、という感覚が、どれほど人を救うか。
たったひとり、心の隙間に愛を注いでくれる人がいるだけで、人は満たされる。

愛されたいと思う。
でも、まず
>>続きを読む

ヒトラー暗殺、13分の誤算(2015年製作の映画)

4.1

なんてひどい時代だったんだろう、と思う。
こういう史実があったんだということを知れて良かった。
映画化してくださってありがとうございます。

彼の人生はつらいものだったのかもしれない。
でも彼の死は無
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

2.5

ロバートデニーロがかっこよかった。
あんなシニアインターンがいたら、どんな会社でも上手くいく。

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

5.0

手元にずっと置いておきたい作品。

ANY DAY NOW
いつの日にか、さあもうすぐ、今にも。

Any day now,any day now,I shall be released.
いつの日に
>>続きを読む

バケモノの子(2015年製作の映画)

5.0

「力は見せびらかすためにあるのではなく、優しさのためにある」

「誰だって心に闇を抱えている。だけどもがきながらも、その闇と向き合っている」

心に響きすぎて1日2回観た

ラスト サムライ(2003年製作の映画)

5.0

号泣。何度見ても。

いろいろと考えることは多い。日本人として。

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.1

パリに住みたくなった。

いつの世も、どこの世界でも、過去の輝きはまぶしく見えるものなんだな。
バランスが大事。

ワン・デイ 23年のラブストーリー(2011年製作の映画)

4.0

「俺は10年そうしている」
というお父さんの言葉が一番印象に残った。

人生を、一緒に歩いていく人は、きっとこういう関係性の人がいいんだろうなと思った。

親友。ソウルメイト。的な。
前を向いて生きよ
>>続きを読む

バベル(2006年製作の映画)

3.5

世界は繋がっているんだなあと、地球の裏側で起こっていることは一見自分とは無関係のように思えるけど、実は繋がっているんだなあと、考えさせられる。

実際、あんなところで銃で撃たれたら、絶望すると思う。
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.2

観終わった後、しばらくドキドキがおさまらなかった。
指のエグいシーンとか、発砲のシーンとか、血とか、そっちでのドキドキもあり、ふたりの関係のドキドキもあり、次はどうなるの、というハラハラドキドキもあり
>>続きを読む

マイ・ブルーベリー・ナイツ(2007年製作の映画)

4.0

ようやく、終わりまで観られた。(3回くらい寝落ちした)

ストーリーは平凡で、さらっと観られそうな内容のような気がするけれど、思ったよりもずしりとくる。
本当は、心の底から大切にしたいと思っているけれ
>>続きを読む

舟を編む(2013年製作の映画)

4.2

辞書を手元に置きたいと思った。
日本語をもっとちゃんと知りたいと思った。

「出版社の人間が50年100年先を見ないでどうするんですか」的なセリフがかっこいいと思った。
100年先を考える、想像する仕
>>続きを読む

フィフティ・シェイズ・ダーカー(2017年製作の映画)

3.0

前作のフィフティシェイズオブグレイは、かなり前に観ていて、amazonプライムビデオにあったから、鑑賞。
原作は未読。
前作のラストで、あれこれで終わり?と思っていて、なるほど続きがあるのね、と納得。
>>続きを読む

砂時計(2008年製作の映画)

4.2

久しぶりに観た。かなり。
前に観たのはたしか高校生の頃とか。
そのときは、あーんまりよくわかんないなあ、だったけど、今回、10年ぶりくらいに観て、よくわかった。
いい映画だった。
原作は読んだことない
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.2

オープニングのヒュージャックマンの格好良さ。あれでもう満足。

前半はずっとハラハラしたー。
いつ転落するの、しちゃうの、って。
こういう物語に転落はつきもの。

ダダダダダッと駆け抜けた感じ。
後半
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

泣いた。

好きな人に触れられない。
私だったらきっと耐えられない。

美しいものを、美しいままで。
叶ったもの、手に入ったものより、叶わなかったもの、手に入らなかったものの方が美しく見えるもの。
>>続きを読む

テルマエ・ロマエ(2012年製作の映画)

4.0

いつだか、結構前に1回観ていたような。地上波での放送で、再び鑑賞。

力をいれずぼーっと観られる映画。でも、観終わった後にふつふつとエネルギーが湧き出てくるような、よしがんばろっと思える映画。
だから
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

5.0

知り合いがかなりオススメしていて、タイミングよく観られた。
字幕鑑賞。

聞いていた通り、圧巻だった。

ストップモーションすごい。

ふつうに怖かった。

3つの武具は、三種の神器的な?

おじいち
>>続きを読む

新しい靴を買わなくちゃ(2012年製作の映画)

3.7

ずーっと、ああ観たいなあと思いつつ、観ていなかった映画。ようやく。

向井理がかっこよすぎて。
桐谷美玲と綾野剛の恋愛と、向井理と中山美穂の恋愛。
大人の恋愛とそうじゃないのとの比較対象的な?

ピア
>>続きを読む

百万円と苦虫女(2008年製作の映画)

3.7

深夜に、ぼーっと観られる映画ないかなあと探して見つけた。
そのくらいの温度感と空気感。

森山未來の本当の理由、よかった。救われた。
人と深く関わりたくない、という気持ち、とても共感。
山の村のシーン
>>続きを読む

>|