おさかなはフィッシュさんの映画レビュー・感想・評価

おさかなはフィッシュ

おさかなはフィッシュ

北海道出身、神奈川県在住。ヴィスコンティ、ブニュエル、ゴダール、タルコフスキー、ヘルツォークなどがとくに好きです。点数はわくわく度です。ガンアクションは高くなります。

映画(79)
ドラマ(0)

SR サイタマノラッパー(2008年製作の映画)

3.5

全編がほぼフィックスの長回しで進むので、内容も相俟ってホームビデオ的な緩さがあった。

千夏がプレーヤーとヘッドホンごとCDを受け取る場面がよい。「いらねえ」の感情がほとんどなのにもかかわらず、出立の
>>続きを読む

さらば青春の光(1979年製作の映画)

3.5

モッズとロッカーズに分かれてイザコザ、何やら楽しそうだ。
要素盛りだくさんの青春映画だった。

揃いのコートを羽織った若者たちの集団はイナゴあるいは蜂の子を思わせる。
パーティーの一室、窓の外の街灯が
>>続きを読む

鉄男 II BODY HAMMER(1992年製作の映画)

3.0

日常の生活空間で展開する前半が出色。ショットというショット、どれも驚くほど構図がキマっている。
傾斜した垂直線に球体。高層ビルに人間の頭部。写真的な画が続く。都市の青、橙。空気の質感を湛える色合い。
>>続きを読む

鉄男 THE BULLET MAN(2009年製作の映画)

2.5

普通に外国人な顔つきの俳優さんが当たり前に英語を話しているだけなのに、なぜだか笑ってしまう。
ドラゴンボール的な意味でのハリウッド版感。果たして大丈夫だろうか。そんな出だし。

『鉄男』に比べ、わりと
>>続きを読む

鉄男 TETSUO(1989年製作の映画)

3.0

昔、「ふと自分の顔が新幹線に似ているのではないかと思った男が、その日以来徐々に顔が新幹線へと近付いていく不安に苛まれる」みたいな夢を見たのだったか、想像をして遊んだのだったかを思い出した。
午前3時く
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.0

ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞というのと、身の周りでやけに評判が悪いのとで気になって、ミーハー心で映画館へ。
上映前の予告番組で劇団ひとりが「予備知識がなくても大丈夫」と言っていたので、本作品にてア
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

5.0

はああ、ちょう楽しかった!!!

チャプター2の最後で「これは風呂敷広げすぎちゃったんじゃないか?」と思って正直そこまで期待していなかったんだけれど、さすがジョン・ウィック様々だった。次回作も楽しみ。
>>続きを読む

グリズリーマン(2005年製作の映画)

3.0

ヘルツォーク先生による、クマ大好きおじさんのドキュメンタリー。
理性と野性、エコロジーなど西洋的知を十分に備えてから観た方がもっと面白くなりそうだった。

中盤のクマずもうが迫力満点。
どういう骨格で
>>続きを読む

山猫は眠らない(1992年製作の映画)

3.0

スナイパーって冷静沈着なイメージがあったけれど、そうでもない映画。
生意気な新人、常にイラついている上司。仕事中にじゃれつくな、喧嘩するな〜。
ミラーがベケットを照準に入れて突然“Beautiful.
>>続きを読む

劔岳 点の記(2008年製作の映画)

3.0

大自然を映画というスケールの中に収めることの難しさを実感する。
スクリーンや時間の尺という面でもそうだし、自然には本来筋書きがなく、物語とは相反することからも。
そういう面では、台詞の唐突さとオチの説
>>続きを読む

思い出のマーニー(2014年製作の映画)

3.0

OLにとっては、人生デトックス映画。
私もおおらかな親戚のおばさんのところで、一か月くらいお世話になりたい。

許すってすごく大事なことよね。
自分が自分の人生をどう生きるかという側面で。

(ぽっと
>>続きを読む

JM(1995年製作の映画)

3.7

キアヌとたけしが出ていて、なんだか不思議な感覚。サイバーパンクにガンアクションにと、私の偏愛系映画。

冒頭、スター・ウォーズ的字幕で背景の説明。資本主義の末期、多国籍企業が幅を利かせている時代。“T
>>続きを読む

リベリオン(2002年製作の映画)

5.0

最高アンド最高。
ガン=カタのある世界に感謝。



お誕生日記念にお気に入りの映画を観る。

私の好きな映画って、観る欲望と考える欲望を同時に満たしてくれるものだな、という傾向があるけれど、この映
>>続きを読む

山猫(1963年製作の映画)

5.0

冒頭の祈祷のシーン、サリーナ公爵という中心にして秩序のもと、跪きそれぞれに位置する家族の人々。ラピスラズリを思わせる公爵の瞳は、その青を波及させる。衣裳の色調を通し、人々に支配を及ぼす。
そう、宇宙。
>>続きを読む

ベニスに死す(1971年製作の映画)

5.0

映画内の二項の対立や距離が、その日はなんだかヴィスコンティと私に符合して、彼の美のあまりの遠さ、厳しさに泣いてしまった。私は人生のうちに、あの岸辺に辿り着くことができるのか…。



わざわざ鴨居く
>>続きを読む

宮本から君へ(2019年製作の映画)

4.0

宮本が非常階段で両手を突き上げて快哉を叫んだとき、はっとして、また一つ人生の答えを得た気がした。
こんなに自分勝手でいいのか! いや、お前も覚悟を持って全力の自分勝手を見せてみろ!と自分自身に思った。
>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

タイトルがラテン語だし、あらすじを調べてみるとコンラッドの『闇の奥』が出てくるしで、わくわくしながら観に行ったけれど、こ、これは…!?
一言でいうと、「スペースオペラ・父をたずねて三千里 (どころでは
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.0

適切すぎるカメラワーク、早朝の“出撃”シーンの力強さ、なにより“フェイクニュース時代”への了見を、映画であることの意義を十分に満たしつつ、しかも高水準の娯楽映画へと落とし込む監督の才覚…!「やばいよや>>続きを読む

狼煙が呼ぶ(2019年製作の映画)

3.5

何年か前、漫画家の先生が車内にナイフを所持していただかで、銃刀法違反で逮捕されたことがあったような。確かに納得はいかない。
けれども法は願いで、その集積。(会社で事業場外労働に関するみなし労働時間制の
>>続きを読む

哀戀花火(1993年製作の映画)

3.5

今日は『哀戀花火』を観た いつかどこかで知って、面白そうだなと思った映画 前評判通り、とにかく爆竹爆竹爆竹ゥ!な映画だった

「清朝末期、300年続く老舗商家」「19才で店とすべての財産を相続した、若
>>続きを読む

柔道龍虎房(2004年製作の映画)

4.0

紅虎餃子房みたいなタイトルの映画。
いきなり「やれば出来るさ〜」と日本語が聞こえたのでびっくりした。

街中の至る所で突如柔道の組手が始まる。
男たちは柔道で語り合う。JKがみんな麻雀やってる咲かよ。
>>続きを読む

偉大なるアンバーソン家の人々(1942年製作の映画)

3.5

冒頭、ナレーションはかつてのアンバーソン家について語るばかりか、当時の風俗の紹介を始める。
富豪の一族が誇った栄華は、今やそんなにも遠くにあるのか。

『ゴダールの映画史』鑑賞時に、本当にあるのかと半
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.5

タランティーノ監督の、60年代後半ハリウッドへの憧憬に溢れた映画。
ブラピが車を走らせた、色とりどりのネオンサインが光る通りは、まるでディズニーランドにいるかのようだった。
愛情をもって作り込まれた賑
>>続きを読む

カビリアの夜(1957年製作の映画)

3.5

ファーストショット。
野原を駆けるカビリアがフレームインし、男に抱きつきクルクル回ったかと思えば、今度は手に持ったバッグをぐるんぐるんと振り回して川まで走る、そして突如川に突き落とされ、男はバッグを奪
>>続きを読む

海炭市叙景(2010年製作の映画)

3.5

薄暗い曇り空、土の混じった雪。
およそ映画向きではない風景に、やっと幾ばくか映画らしい竹原ピストルの作り笑顔。
普段であれば人は、北国に住む人間はこんな笑い方はしない。相手に腹を探らせる暇があるなら、
>>続きを読む

PTU(2003年製作の映画)

3.0

冒頭の一触即発な空気漂う席替えパズルからのクロスカッティング立ち回りは、数の映画なのかなと期待させる繋ぎでよかった。
その方向で言うと、街に散らばった警察やマフィア、果ては自転車少年までもが一本の広東
>>続きを読む

八月の鯨(1987年製作の映画)

3.0

「ふいてもふいても埃ばかり」。
これから先もずっと、私はそうやって日々の埃を払っていけるだろうか。思わずそう考えてしまった。

おしゃれで明るい友人が言うには「面倒を乗り越える その繰り返しが人生よ」
>>続きを読む

散り行く花(1919年製作の映画)

3.0

声の与えられていないサイレント映画では、登場人物はその姿、とりわけ顔で語る必要がある。
指で唇の両端を持ち上げ、笑顔を作ってみせる少女。それは父親のためだけでなく、私たちのためにも。
その奉仕の健気な
>>続きを読む

三つ数えろ(1946年製作の映画)

3.0

「プロットが大変込み入っていることでも有名」の前評判通り、分かったんだか分かっていないんだか、よく分からないままに終わった映画だった。

そこは一旦置いておくとして、好奇心止められないマンなフィリップ
>>続きを読む

ドイツ零年(1948年製作の映画)

3.0

元教師の家を飛び出したあたりからのラスト約10分間がすごい。

少年が一人走る、歩く、歩く…。
死へ向かうまでの彷徨いというには、心理的ドラマが不足している。常にうつむき、ほぼずっと無表情だ。
死の瞬
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.0

長期休暇終了後、三日目にして、社会人生活に穏やかな疲れを覚えて鑑賞。

「君に生きるのを手伝ってほしい」がドチャクソに名シーン。
いくつになっても生き方無免許運転というか、フリースタイルダンジョン感が
>>続きを読む

ゴダールの映画史 第6章 新たな波(1995年製作の映画)

3.0

新たな波、ヌーヴェル・ヴァーグについて語られる。
「現実の博物館 (6)」とか言われて、もう泣きそう。
がんばれ、あと2章…。

メモ
・『大人は判ってくれない』と『火刑台のジャンヌ・ダルク』、『現金
>>続きを読む

ゴダールの映画史 第5章 絶対の貨幣(1995年製作の映画)

3.0

前半は虐殺や権力について。
そうか、ゴダールやヨーロッパの人々にとって列車は、強制収容所への移送を行った装置でもあるのか。
列車のシーンはつい無邪気に楽しんでしまっていたので、反省…。

後半は戦後イ
>>続きを読む

BLUE ブルー(1993年製作の映画)

3.0

噂には聞いていたけれど、始めから終わりまで、本当に青一色でびっくり。
観たVHSには字幕がなかったので、正真正銘のブルーだった。



「青よ、出よ」
「青よ、湧き起これ」
「青よ、立ち昇れ」
「青
>>続きを読む

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

2時間36分と長尺だけれど、どこに腰を落ち着けるか、いまいち定まらないままに最後まで観てしまった、そんな感覚の残る映画。

まず冒頭の、先住民の襲撃を受けるシーン。
これは楽しい!一大活劇! 後から何
>>続きを読む

ブルーベルベット(1986年製作の映画)

3.0

『マルホランド・ドライブ』の印象で観たら、なんというか平和すぎて、逆に狐につままれたような気分になった…。
ドロシーがワンシーンを除いて終始カツラをつけているの、えっ、なんか怖くない…? とか思い始め
>>続きを読む

>|