偽名祐司さんの映画レビュー・感想・評価

偽名祐司

偽名祐司

お話重視系。
監督、キャストこだわり無し。
芸術感よりエンターテイメント感が好み。
多少ネタバレ上等ですのでご容赦を
評価基準0.4刻み
5 全てに薦められる傑作
4.6 ジャンルや人を選ぶ傑作
4.2 個人的な傑作
3.8 良作(薦める)
3.4 良作(薦めない)
3.0 個人的に好き
2.6 超普通
2.2 個人的に嫌い
1.8 勧めないけど好き
1.4 駄作or理解不能
1 絶望的に無理
基本駄文。気まぐれ更新。
フォロー、解除はご自由に。
コメントされると泣いて喜びます。

映画(115)
ドラマ(0)

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.0

公式の病気というか悪ふざけが最高潮なジョンウィックシリーズ第三作。
前半最高、後半失速。ある意味1の悪い所が全部出てるなんとも評価しがたいガンアクション。

話はアプリ参照で。
2作目の死闘の結果。暗
>>続きを読む

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

3.8

口のきけない幼い幼女迷子シャーヒダーがとにかく可愛いで終わる超絶泣けよ、デトックスしろよ映画。
勢いで観れるというにはちょっと長めの尺である。

話はアプリ参照で。
パキスタンの山奥で両親と暮らす少女
>>続きを読む

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.8

三谷監督の記憶にない程の傑作って言うには少し丸すぎる。
最後のキャスト紹介映像がいちいち酷い(褒め言葉)政治ちょっとだけ風刺コメディ。

話はアプリ参照で
史上最悪の支持率2%を叩きした黒田内閣総理大
>>続きを読む

ライリー・ノース 復讐の女神(2018年製作の映画)

2.6

復讐素人なんで5年かかりました劣化版ソルト。とは少し言いすぎですけども。
家族殺されて復讐しますよ、映画の母親版。

話はアプリ参照で。
夫と幼い娘を目前で殺され、自身も銃弾を打ち込まれたライリーノー
>>続きを読む

任侠学園(2019年製作の映画)

4.6

昭和のベタと王道を詰め込んだ
隙の無い完璧なサービス満点任侠ギャグ作品。
多分欠点はただ一つ。映画でやる必要性が特にない。ってだけ。
落差オチ、繰り返しネタ、等の笑いの完璧さ。細かい部分にも手を抜かな
>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

1.4

43億光年離れた海王星まで旅をして自分を見つめなおし離婚した奥さんとやり直す映画。
そんな馬鹿なと思うなら観ないほうが良い。
はるか彼方の宇宙まで行ってやる事が週末カウンセラーで数回話せば済む事で終わ
>>続きを読む

ゴーストランドの惨劇(2018年製作の映画)

4.6

「人形館の惨劇」に改名したほうが良いトラウマ系ホラー。
実は良く出来ております。
が中身はガッチガチのホラーなので苦手な人にはお勧めできないのが残念というか。

話はアプリ参照で。
叔母が昔住んでいた
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

3.4

ホラー隠れ蓑に色々風刺込めるジョータンピール監督の二作目
風刺内容がさらにアメリカ人だと解る度合が上がっているので(ギャグ含め)日本人にはちょっと難易度高めになりました。
自らと全く同じ姿の「私達」が
>>続きを読む

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー(2019年製作の映画)

3.0

見事に絶賛ネット炎上を来した名作RPG「ドラゴンクエスト5」を再現したフルCG作品。
そりゃあの展開では、ドラクエ5に思い入れの深い人がびっくりするよね?一応私はドラクエ5最後までやった人です。という
>>続きを読む

ONE PIECE STAMPEDE(2019年製作の映画)

4.2

「立ち上がれ、全勢力」というキャッチコピーは伊達ではない本気で原作キャラクター総登場オールスター映画。
ゆえにこれまでのワンピースについてきてるファン用作品でありハードルは高く非常に密度は濃い傑作。
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.0

ジャケットイラストのインパクトが強いワンシチュエーションホラー。
解剖室(誇張あります)で繰り広げられる一夜の出来事。

話はアプリ参照で。
郊外にある一軒家で3代続く解剖医の仕事を継ぐ予定のトミー。
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

3.8

漫画原作の学生政治謀略コメディ。
いろんなタイプのイケメン揃いで一部の方面には夢のような作品。
割と話もしっかりしており楽しめます。

話はアプリ参照で。
総理大臣を多く輩出している超名門男子校・海帝
>>続きを読む

イソップの思うツボ(2019年製作の映画)

2.2

「カメラを止めるな」クリエイター再結集って事で作ったらしい予測不能ドラマ。っていうほどでもない。
予告に出てる気ぐるみのシーン一切本編にはありませんので。

話はアプリ参照で。
亀田美羽。母と2人暮ら
>>続きを読む

シークレット・スーパースター(2017年製作の映画)

4.6

アミール・カーンいじりが酷い(褒め言葉)音楽系ヒューマンドラマ。
「音楽は人生を変える」を地でいく超王道。
ちょっとインド映画ファンじゃないと解りにくいネタも多いですが。

話はアプリ参照で。
インシ
>>続きを読む

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

4.6

心に突き刺さる限りなく現実に近いフィクション。
演者はほぼ同じ内容を実体験してるという凄まじさ。
フォローしてる人が絶賛してたので、うっかり観に行ったらこりゃ凄いわ。って事で。

話はアプリ参照で。
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

5.0

2017年個人的TOP3に入る作品。
耳が聞こえない少女と虐めていた少年の出会い。
青春恋愛映画を隠れ蓑にして込められたテーマにどれだけの人がどれだけの声を聞くのか。
京都アニメーションの事件の報を受
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.4

超絶有名「君の名は」で一気に超大物になった新海誠監督の結構内容踏み込んだ最新作。
この内容を支持できるかどうか。でこの監督の次の作品の中身が決まる気がする青春恋愛ファンタジー。

話はアプリ参照で。い
>>続きを読む

イップ・マン 継承(2015年製作の映画)

4.2

毎度おなじみ木人椿の響きで始まるイップマンの生涯エピソードの一部を描く第3弾。
リアルボクシングヘビー級王者であるマイク・タイソン参戦!
今作は一気に愛の話に。
次の相手は同門よ!格闘アクション映画と
>>続きを読む

イップ・マン 葉問(2010年製作の映画)

3.8

u-nextで連続視聴。
イップマンの人生のエピソードの一部を描く第2弾。
サモ・ハン・キンポー参戦!中身はほとんどロッキー4。
ラストも本当ドラコ戦。次の相手はボクシングよ!

話はアプリ参照で。
>>続きを読む

イップ・マン 序章(2008年製作の映画)

3.0

ブルース・リーの武術師範として有名な実際の武術家・イップマン(葉問)が主役の格闘アクション映画。
時代設定で日本軍が出ますが池内博之等の日本人が普通に出演してます。空手が相手よって事で。

話はアプリ
>>続きを読む

チャイルド・プレイ(2019年製作の映画)

2.6

バディソング押しが非常に強い神出鬼没の人形ホラー。
何回聞かされるの?
呪いの人形がアンドロイドになってしまってなんだかSFチックになりました。

話はアプリ参照で。
引越し先で友達がいないアンディ。
>>続きを読む

ポラロイド(2018年製作の映画)

3.8

超王道リング系ホラー作品。ど直球だけどよく出来てます。
チャージ音長すぎません?等とは言ってはいけません。

話はアプリ参照で。
自分に自信が持てない写真好きの女子高生バード。バイト先のアンティークシ
>>続きを読む

ザ・マミー(2017年製作の映画)

3.0

メキシコの行方不明者とその子供達を描いた存外心温まる社会派ホラー?
ホラー要素はあるのですがそれより親を無くした子供達の生活の行方が気になって目が離せなくなります。
ちなみに「ママが殺しにくる」ってキ
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

3.8

説明不要ディズニーの名作ミュージカルアニメ、実写化。
何でもアリ王子が霞む程の超ウィルスミス映画となりました。
ジーニー(青いランプの精)がウィルスミスって事で話題をさらったこの作品。想像以上です。
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.8

タイトルセンスが素晴らしい。
一気にSFテイストに振り切った結果ホラーが消滅し笑いと感動が増した2作目。1から一気に2を観ると更に細かい所に気が付きやすく楽しい。

話はアプリ参照で。ついにループを続
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

4.2

ホラー+タイムリープ=笑いと感動という意味のわからない方程式が成り立つ作品
予告編観て2の存在も知ってこれは、と思い楽しみにしていましたが最高でした。
2の予告編は1見る前は忘れてた方が良いとは思いま
>>続きを読む

イップ・マン外伝 マスターZ(2018年製作の映画)

3.8

詠春拳のイップマンで出てきた敵役を主役にしたスピンオフ
気楽に観れる勧善懲悪アクション映画に仕上がりました。
実はイップマンはまだ未見です、あしからず。

話はアプリ参照で。詠春拳を使い闇の仕事をして
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.6

PC画面上で話の全てが進行する、サスペンススリラーの傑作。
アイデアの勝利ではあるのですがシナリオと演出も良く出来てます。

話はアプリ参照で。母の死以来、高校生になった娘であるマーゴットといまひとつ
>>続きを読む

オッズ(2018年製作の映画)

1.4

二人のマウントの取り合い、といえば聞こえが良い長いだけのSAW系ゲーム作品。きっぱり面白くない。

話はアプリ参照で。何もない部屋。机を挟み向かい合い座る二人の男女。女はチャレンジャー、男はゲーム進行
>>続きを読む

プロメア(2019年製作の映画)

3.8

世界が待っていたトリガー印のオリジナルアニメーション。
熱さは変わらないけどそれに線と色調が付いていけてないと思います。

話はアプリ参照で
謎の人体発火現象が社会現象となっている近未来。
発火能力を
>>続きを読む

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

2.2

タイトルの意味だけはよく出来てる気がする。実話クライムサスペンスって言うと面白く思えそう。
申し訳ないですが凄まじく嫌いです。これ。
「パドマーワティ」「ハウスジャックビルド」に続き夜の回でギリ観れた
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

3.8

過去のスパイディ作品を圧倒的に過去とする、光の速さでスパイディの正体ネタバレをしていくこのスタイル、さらに加速。
MCUフェイズ3最終作品っていう一応の公式設定ですがどちらかといえば追加の3.5って感
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.8

ミスマーベルのオリジンでもありアベンジャーズのオリジンでもある
ちょっとB級感を出した稀有な作品。
鍋つかみの万能さよ。

話はアプリ参照で。自身の失われた記憶に翻弄されながらスクラル人と戦う惑星ハル
>>続きを読む

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

3.8

同名漫画の実写化。ファブルと呼ばれる伝説の暗殺者が一般人に紛れ込み誰も殺さず生きるミッションを科せられるアクションコメディ。
「フルメタル・パニック!」のやくざ版といえば話が早い人もいるかな。

話は
>>続きを読む

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

1.8

ラース・フォン・トリアー変態監督(褒め言葉)によるすがすがしいまでの変態映画、シリアルキラー編。
ちなみに「ダンサー・イン・ザ・ダーク」と「ドッグウィル」は傑作だと思う派です。
「パドマーワティ」の後
>>続きを読む

パドマーワト 女神の誕生(2018年製作の映画)

3.4

凄い予算かけて作ったインドに伝わる歴史上の女神と呼ばれる人物映画
予算のかけ方がちょっと予想と違ったのがなんとも。
公開したと思ったらあっという間にお昼しか上映しなくなってしまって仕方なく日曜に行った
>>続きを読む

>|