ゆけちゃすさんの映画レビュー・感想・評価

ゆけちゃす

ゆけちゃす

映画、好きだよ♡

映画(458)
ドラマ(0)

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

3.1

まさかこんなところで終わりじゃねえよな!?と思った次の瞬間エンドロールうわーっ!「あんた実写版映画の分際でなに中途半端に話終わらせてんの?」とか言いたくなるでしょこれは。原作未読だけど。

鑑賞中、何
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.6

ハチミツついた手で人の顔を撫でてくるプーさんがウザカワイイ。キッチンを壊したり、床にハチミツの足跡を付けたり、大人になったクリストファー・ロビン役ユアン・マクレガーのツッコミも全然追いついておらず、現>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

3.5

黒木華・多部未華子・樹木希林って俺のために作られたみたいな映画だな、と謎の使命感に駆られて鑑賞。彼女らの出演作ほとんど見てます!みたいなファンではないのだが、そう思わせる魔力がこの配役にはある。

>>続きを読む

モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ(2018年製作の映画)

3.2

広瀬アリスの声のおかげかヒロインが性格悪い。なのでずっと他の妹キャラ(CV.悠木碧)を裏のヒロインとして鑑賞していたがそんな展開かよ!!!!!まどマギかよ!!!!!

私はモンストは一度も遊んだことが
>>続きを読む

ムタフカズ(2016年製作の映画)

3.8

フランスのバンドデシネ(コミック)とジャパンのアニメーションが融合し、最高にファッキンなアメリカを描いてしまった。MUTAFUKAZは造語で、意味はマザーファッカーズ。そんなタイトルとは露知らず観始め>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.8

音に反応して襲ってくるクリーチャーが現れた世界で、生き残ったとある家族が声も出さずにひっそりと暮らしているという世界観なので、やっぱりこの映画を観に来るような映画ファンは鑑賞中の周囲の音にも敏感なんだ>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.9

イコライザーが道を誤りかけた若者を本気で叱ってオコライザーになるシーンが素晴らしかった。

ずっと緊張しながら観た。特に序盤。Mr.マッコールの平和な生活を描くも、遠い場所では魔手が伸びており、いつそ
>>続きを読む

グリフィン家のウエディングノート(2013年製作の映画)

3.6

大人のコメディ。(落ち着いてるという意味ではなく、下ネタがたくさんあるという意味で)

ちょっと何から説明すればいいのか難しいのだけど…。
①ロバート・デ・ニーロ演じる父親ドンは、10年前に元妻エリー
>>続きを読む

ジャックと天空の巨人(2013年製作の映画)

3.5

冒頭の、幼いジャックと王女がそれぞれの父親や母親からおとぎ話として伝説を聞かされるところ、カットバックでつなげることでまったく身分の違う二人が同じ話を聞き、やがて出会うことも示唆していて面白いと思った>>続きを読む

マガディーラ 勇者転生(2009年製作の映画)

4.0

タイトルは、「メガ勇者」とかそういう意味なのかな。

「バーフバリ」の原点ということだけど、作品の前半は主に現代のハイデラバードを舞台にしたラブコメディ。美女に一目惚れした男のアプローチを美女がひたす
>>続きを読む

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

3.8

見事なほど鑑賞後に何も残らないスカッとする映画!全然難しくない!いやちょっとハイテクだけど!でもやっぱり筋肉で解決!細〜い板の上を渡るとかとても原始的なハラハラもあるので安心して見てください!

主演
>>続きを読む

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.4

鑑賞者の倫理観試しにきてる。一瞬だけララランドみたいな明るくハッピーな歌唱シーンあってポポポーランドだ!て思ったけど(ポーランド映画だけに?)、基本的にサイケでアシッドなダーク御伽噺。

3/28 ゆ
>>続きを読む

劇場版 進撃の巨人 後編 自由の翼(2015年製作の映画)

4.0

前編は若者たちが残酷な世界に抗って勝利を得る達成感があったのだが、後編では非情にならねば生き残れないというテーマで、逆に「世界は残酷だから」とそれを理由に残酷な選択をする。それでもまだ彼らは全然狂って>>続きを読む

劇場版 進撃の巨人 前編 紅蓮の弓矢(2014年製作の映画)

4.0

立体機動装置で市街を飛び回るエレンを背中から追いかけるシーンがかっこいい。アクションと巨大な敵だけでも充分面白いのに、全編通して大きな謎が横たわっており、まだ前編なのにとんでもない事実が明かされる。>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

3.9

ちはやロス~
これで終わるの、寂しすぎ~
連続ドラマで、やればいいのに~

と、ムチャな一首を詠んでしまったが、二度と戻らない高校時代の3年間のように、3本の「ちはやふる」はあっという間に私の手をすり
>>続きを読む

ストリート・オブ・ファイヤー(1984年製作の映画)

4.1

冒頭からパワフルな楽曲でいきなり心臓を鷲掴みにされる。その後も終始かっこいい曲が流れていた印象。サントラほしい。
音楽だけでなく、肌着の似合う主人公、男勝りの女性の相棒、悪党のイカレ具合は服を見れば分
>>続きを読む

フラットライナーズ(1990年製作の映画)

3.5

心肺停止からの蘇生実験に成功して、「次は俺の番だ」「私は4分に挑戦する」「もうやめたほうがいい」「ずるいぞ自分だけ臨死体験なんて」ってエスカレートしていく医学生たちヤバイ。
前半は人為的に心電図波形を
>>続きを読む

バッドボーイズ2バッド(2003年製作の映画)

3.8

家族を大事にしていて危険な部署からの転属願いを出しているマーカスと、すぐキレて銃をぶっ放す危険人物のマイク。解消しかけたコンビが、なんだかんだ巨悪と戦う。
前編にやりすぎ感が漂っていて良い。マイアミ市
>>続きを読む

フライト・ゲーム(2014年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

リーアム・ニーソンはしばしば「暴走パパ」と呼ばれるが、暴走しているのは真っ当な道を歩もうとしない犯罪者のほうであり、暴走している彼らに追いついて裁くためにはリーアムも暴走せざるを得ないのだが、何故かリ>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

Fallen Kingdomの名に相応しい内容。炎に包まれ消えた恐竜たちの王国。島の火山噴火とその下で蠢く人間の醜い欲望。その欲望が築き上げてきた富(=王国)。創造者たらんとする人間の試みは、自ら創り>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.8

人は二度死ぬといわれている。一度目は実際に死ぬときであり、二度目は写真が発見され、それが誰であるか知る人が一人もいない時だ。――クリスチャン・ボルタンスキー(現代アーティスト)

「人は二度死ぬ」から
>>続きを読む

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

3.5

オーケン100%!!!!!

あるクリスマスのオラフの物語。ショートムービーだと思っていたら、同時上映のくせに22分とかなり長め。その長尺をフル活用して、アレンデールの王城からオーケンの山小屋サウナま
>>続きを読む

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2018年製作の映画)

3.0

あたり前田のクラッカー。

榮倉奈々の大根でもなければ真に迫ってもいない絶妙にのほほんとした演技が、作品全体に波及している。テレビのスペシャルドラマで充分じゃねえか、金曜夜9時から日テレでいいじゃねえ
>>続きを読む

マルホランド・ドライブ(2001年製作の映画)

3.9

わけわかめ。
いやわけわかめだとは聞いていたが本当にわけわかめ。
繰り返し見たらなんとなくわけわかるのかもしれないが、たとえ3回続けて見てわけわかっても、半年後には忘れてしまうのが私という人間なので。
>>続きを読む

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち(2017年製作の映画)

3.9

三部作の1と2を2週連続で上映してくれるのはありがたいことなのだけど、あんまり続けて見るもんじゃねえなという気がしないでもない。1のラストと2の冒頭が直接繋がってるというかむしろ同じシーンなので、一気>>続きを読む

バレット(2012年製作の映画)

-

モモア太郎が悪役で出てる。
ス太郎ン(スタローン) VS モモア太郎

記憶にないのでスコア無しで。

12/31 バレット 録画吹替

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.7

ヒリヒリする泥沼青春ストーリー。誰かを無意識に傷つけ、傷つけられ、すべてに無感動なフリをしながら確実にすり減っていくあの感じ。
90年代風のファッションと4:3のアスペクト比が、ダサいと感じてしまうの
>>続きを読む

モリのいる場所(2018年製作の映画)

4.0

30年間自宅の庭の生命を描き続け生涯現役を貫いた画家・熊谷守一。その晩年はこうだったかもしれない…みたいな感じで、とある一日が描かれる映画。
鬱蒼とした庭を徘徊し、そこに溢れる草花や虫などの生命を見つ
>>続きを読む

ピーナッツ(2005年製作の映画)

3.0

野球チームの名前を複数形にする慣習があるが、ウッチャン…あんたピーナッツって…(笑)でも辞書を引いたらpeanutの複数形がpeanutsだったのでちゃんと複数形だった。
ところでピーナッツが一粒だけ
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.9

2017年のMCU作品はドクター・ストレンジからマイティ・ソーまで良い具合に力が抜けていて楽しい作品が続いたのだが、2018年一発目の本作は少し優等生すぎるというか、悪く言うならクソ真面目すぎた。
>>続きを読む

トランスフォーマー(2007年製作の映画)

4.0

シリーズの1作目という風に捉えていたけど、改めて見るといろいろ詰め込まれていて面白い。主人公サムが未知との遭遇を果たすまでの経緯は当然ながらしっかり描かれるし、悪役メガトロンが復活を果たした上で、悪の>>続きを読む

>|