ゆけちゃすさんの映画レビュー・感想・評価

ゆけちゃす

ゆけちゃす

映画、好きだよ♡

映画(381)
ドラマ(0)

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.9

「共感度0% 不快度100%」
(わかる)
「あなたの恋愛観が変わる」
(いや変わんねえよ。こんな物語に影響されたら世の中大変なことになるだろーよ。てか、共感度0%なんじゃ?)

まあ、とても面白い「
>>続きを読む

本能寺ホテル(2017年製作の映画)

2.9

ぶりぶり〜?

\\ぎっちょうー!//



2/11 本能寺ホテル 録画

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.2

SF作品に分類されてもいるようだけど、サイエンス・フィクションというよりはソーシャル・フィアーのS・F。現代社会が進んでいる方向への警鐘を鳴らしているような感じだ。
大手IT企業<ザ・サークル>が開発
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

あんなに勇壮な「カントリーロード」を聴くことは後にも先にもないだろう。

序盤のカーアクションで、1回のドリフトで大きくカーブを描いて2回右折するカットがすごかった。車が混み合う道路を絶妙なタイミング
>>続きを読む

鉄くず拾いの物語(2013年製作の映画)

4.0

実際の出来事に関わった人々が本人役となって再現した映画。
ドキュメンタリー映画ではないが、限りなくドキュメンタリーに近い「ドキュメンタリー調」の映画。
映し出されるのは、ボスニア・ヘルツェゴヴィナに住
>>続きを読む

ダークタワー(2017年製作の映画)

3.6

ダークタワーは象徴としての塔で、入ったり出たりはしません。

なんかすごい塔をめぐる攻防戦の話かと思ったら、実際は塔そっちのけで選ばれし子をめぐる争奪戦だった。
件のダークタワーは遠景で登場するだけと
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.2

ホラーだけどちょくちょく笑えるのが良い。
不気味なピエロ<ペニーワイズ>が、手を替え品を替え一生懸命子供たちを怖がらせる姿にちょっと感動。
高速でブルブル震えながらヒャハァーって突進してくるのとか、恐
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

3.9

言い訳できないほどの現実感。

1967年のデトロイト暴動の最中に起きたアルジェ・モーテル事件の映画化。
白人警官による黒人向け酒場の摘発から暴動のきっかけが始まるが、「裏口が使えなかった」程度のつま
>>続きを読む

マイレージ、マイライフ(2009年製作の映画)

3.8

失職する代わりにジョージ・クルーニーとアナ・ケンドリックに会えるなら喜んで仕事を辞めかねない皆さーん。

解雇宣告人として一年中飛行機で飛び回っている主人公ライアン。バックパックに入らない人生の荷物は
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.2

“シヴァガミ”で検索すると目ヂカラが強すぎて笑うのでオススメ。
これで顔を青く塗ったらシヴァ神と見分けがつかないかもしれない。でもシヴァ神が描かれた絵画では意外にも半眼でわりと柔和な表情だ。
つまりシ
>>続きを読む

ライジング・ドラゴン(2012年製作の映画)

3.6

見た後で分解した椅子のキャスターを両手両足に持って近所の坂を滑降しました。ウソです。
でもちょっと真似したくなるよね、アレは。(おそろしく恥ずかしいのでやらないけど)

ジャッキー・チェン演じる主人公
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.0

「この宣誓を法と心得よ!!!!!」

親子二代に渡る英雄譚を描いた2部作の前編。
ダイナミック過ぎる演出と王座をめぐる壮絶な骨肉の争いがすっごい。うっかりすると古代インドの歴史ものと思っちゃいそうな説
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.4

前作から35年経っての続編。物語の中でも30年の歳月が流れている。
序盤から驚きの人物設定。今回はどんな作品になるのだろうと引き込まれる。
ライアン・ゴズリング演じる主人公“K”の物語になるのだろうと
>>続きを読む

座頭市(2003年製作の映画)

3.7

嫌いじゃない。むしろ、わりと好きである。
ただ、勝新の座頭市を見たことない不埒者なので比較はできないし、唯一比較できる座頭市が綾瀬はるかの“ICHI”なので何の説得力も無いのだが(笑)

北野武の映画
>>続きを読む

ブローン・アウェイ/復讐の序曲(1994年製作の映画)

3.5

90年代ハリウッド映画の勢いを感じる作品。
爆弾処理のエキスパートが、天才爆弾魔に次々仕掛けられた罠を掻い潜り…という設定だけなら誰でも思いつくような話を、盛大な爆発シーン、スリリングな演出、テンポの
>>続きを読む

フリージア(2006年製作の映画)

3.0

重大犯罪の被害者側による仇討ちが法律で認められている架空の日本が舞台のバイオレンス・アクション。

原作が青年コミックと知って納得したが、「敵討ち法」の設定が血生臭い。
被害者遺族が裁判所に申請すれば
>>続きを読む

デビル(1997年製作の映画)

3.6

下宿人の青年がテロリストだった件。

ハリソン・フォードとブラット・ピットが共演したサスペンス・アクション。
ブラピはIRA(アイルランド共和軍。反英武力闘争の中心組織)の実行隊長の役。IRAについて
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.6

主人公の弟の彼女がめちゃかっこよくて痺れる。

宇宙ステーションから天候をコントロールし、地球上から自然災害をなくすことに成功した少し未来の世界。
しかし、安定した気候によって世界がどのように平和にな
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

4.0

女の子が「勇敢♪」ってするとこめっちゃかわいぃ〜///

予告編やタイトル(原題はWar for the Planet of the Apes)からはついに猿VS人間の総力戦が描かれ、戦いによって地球
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.7

超絶大傑作。
パディントンとそのファミリーが益々好きになってしまう第2作。
1作目も好きだったがスコア上は評価爆上げである。

なにがイイって、ぜんぶだよ!ぜんぶイイんだよコノヤロウ!
ウィンザーガー
>>続きを読む

海月姫(2014年製作の映画)

3.4

能年玲奈主演、菅田将暉女装の映画版。
男の私が見ても「ちょっと菅田将暉カワイイな…///」と思ってしまうくらいなので菅田将暉カワイイと思う。
あと能年は言わずもがな。オタク女子がイケメンの手ほどきで美
>>続きを読む

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第四章 天命編(2018年製作の映画)

4.0

「決まってんじゃんか!
手で押すんだよ!」

手で押すアニメは名作。

死んだはずのあの人との再びの邂逅、スパイのあの人の哀しい運命、ガトランティスの本拠地・白色彗星の壮麗なる光景、惑星テレザートの奇
>>続きを読む

おクジラさま ふたつの正義の物語(2017年製作の映画)

3.8

冒頭、地域のお祭りで子供たちがシャチの小さな山車を引き回す映像でもう笑ってしまった。
舞台は和歌山県太地町。クジラに命を救われた伝説が残るその町は、それゆえにクジラを祀り、クジラに感謝し、クジラを食べ
>>続きを読む

ガールズ&パンツァー 最終章 第1話(2017年製作の映画)

4.0

ガルパンはカワイイ。

開幕いきなり砲弾飛び交う大ピンチ。やっぱりこの作品は大音量で見たいね。大ピンチなのに「たーのしー!」ってなってしまった。
最終章は全6話の構成で、冬期無限軌道杯でのライバル校と
>>続きを読む

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第三章 純愛編(2017年製作の映画)

3.9

島にやわらかアッパーされてる古代の「むぅ〜…」て顔が良い。

第7話〜第10話相当の96分。いろいろ凄いことが起こった…。
まずガトランティスの桁外れの艦隊規模、まるでイワシの魚群のように見えた。ヤバ
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.7

毎朝決まった時間に起きて、日中はバスの運転の仕事をして夕方に帰り、妻の話す今日一日の出来事を聞いたら、犬を散歩するついでに行きつけの酒場に寄って一杯…。
小さいけれどマイホームを持ち、定年まで続けられ
>>続きを読む

山猫は眠らない(1992年製作の映画)

3.5

凄腕のベテラン狙撃兵と新米の観測手の暗殺ミッションを描いたミリタリーアクション。
ジャングルでのサバイバルに精通した老練なスナイパーが、本国からやってきたキャリア組のヘタレを時に厳しく、時には命がけで
>>続きを読む

海底47m(2017年製作の映画)

3.7

シャークケイジダイビング…。サメのいる海域で立方体の檻に入り、檻ごと水中に沈められる。
間近で泳ぐサメを見られると同時に、スリルも味わえるアトラクション。

ハッキリ言ってイヤな予感しかしない。

>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

3.4

綾野剛がジジイ演技で佐藤健に向かって「はじめての○○おめでとう」「その様子じゃまだ『出した』こともないのか」「たくさん『出た』ねえ~」「いいねえ、君のは力強いよ」とか言うのがとてもエロくて、その筋の人>>続きを読む

新・猿の惑星(1971年製作の映画)

3.4

コーネリアス・ジーラ夫妻のアメリカ探訪。

猿の惑星シリーズ3作目で、1970年代の現代アメリカに二千年先の未来人たる猿類がやってくる話。
登場する猿は3匹だけで、ロケーションもごく普通の現代の街。公
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.9

もう作る側もエイリアンよりもアンドロイドの方が好きなんでしょ?と思ってしまうほどこのシリーズはアンドロイドが魅力的で、本作は前作「プロメテウス」以上にアンドロイドが大活躍していた。
私もエイリアンシリ
>>続きを読む

スクランブル(2017年製作の映画)

3.7

高級クラシックカー専門の車両強盗ブラザーズがある仕事がきっかけでケツに火が点き、その火消しのために頑張る映画。
主演はスコット・イーストウッドで、否が応でもワイスピを思い出してしまう。ワイスピ第8弾で
>>続きを読む

珍遊記(2016年製作の映画)

1.7

「お正月の深夜映画はどうしようもなくつまらないのも混ざってる説」その2。
漫☆画太郎原作のクソ漫画をクソ実写化。
ただ、こんなクソ映画にも一応見るべきものがあった。なんか悔しいけど。

【倉科カナのハ
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.8

ハリー・ポッターが死者で秘宝。

スイス・アーミーナイフのように多機能で便利な死体と出会った(?)孤独な男ハンク。
死体のメニーの活躍の数々は置いておくとして、鑑賞者がまず思うのは、「これは主人公ハン
>>続きを読む

オレの獲物はビンラディン(2016年製作の映画)

3.4

ヤバいポスターだしヤバいタイトルだな…と思ったら案の定というか期待通りというか…。
原題はArmy of Oneでなんだかカッコイイんだけど…?

主人公ゲイリーの強烈な個性につきる。
愛国主義者で便
>>続きを読む

あさひなぐ(2017年製作の映画)

3.8

西野七瀬って誰?ってレベルの乃木坂知らない私が見ても面白かった。
エンドロールで流れた主題歌「いつかできるから今日できる」が気に入ってMV視聴したら、映画に登場した子たちがたくさん出ていて「お前もかよ
>>続きを読む

>|