石の繭 殺人分析班のドラマ情報・感想・評価・動画配信

「石の繭 殺人分析班」に投稿された感想・評価

Finn

Finnの感想・評価

4.0
0
麻見和史の『警視庁捜査一課十一係』シリーズ待望のドラマ化!
WOWOWドラマの高クォリティで小説の世界観を再現。

大好きなシリーズだから不安もあったけど、ストーリーは基本的に原作に沿っていて、期待を裏切らない面白さ。キャスト陣も頭の中で描いてたキャラクターのイメージに近かった。

塔子はもうちょっと小ちゃくて華奢なイメージだったけど、真っ直ぐな塔子役が木村文乃ちゃんにハマり役だったと思う。
鷹野主任はちょっとガッチリしすぎだけど(笑)何考えてるか分かんない感じが出てて良かったし、殺人分析班のメンバーが集まってるシーンとか胸熱でした。

日本のドラマはあまり観ないけど、原作の面白さも相まって、かなりオススメのシリーズ!
そのじつ

そのじつの感想・評価

3.1
0

このレビューはネタバレを含みます

渡辺いっけいは刑事役多いよね

お目当ての平岳大は門脇刑事役

連続殺人事件を担当することになった主人公如月塔子(木村文乃)。

トレミーと名乗る犯人と対話を重ねる事になった彼女は、相棒兼教育係の高野(青木崇高)と共に犯人を追う。

事件がすすむにつれ、思い悩むようになっていく塔子。

勘はするどく真面目そうだが、頼りなさそうな言動と佇まいの塔子は不安を誘う。

大きな事件を乗り越えやがて一人前の刑事へと成長していく主人公の姿を描いている。

ていねいに作ってあるように思うが、それがやや鈍い感触になっていて、物語の印象を緩慢にしている。

切れ物刑事っぽい青木崇高が印象的。
平岳大はチョイ役だが男っぽい刑事役だった。
北見敏之の声がすてき。
水橋研二があんなストレートな役柄だなんて不思議だと思ってたら。
みー

みーの感想・評価

3.8
0
過去鑑賞作品記録

殺人分析班シリーズ1作目

このシリーズ面白い✨
きくひめ

きくひめの感想・評価

4.0
2
シーズン3から観ちゃったので、1作目から。
なんで、こんな弱々しい女性がこんな捜査一課にいるの?って思ってたら、最初は広告塔⁇広報のための配属っぽい?
結局、殺人分析班って普通の刑事とは違うのかな?現場にも出てるけど。
シーズン3もだったけど、殺し方がグロすぎる。でも、観ごたえあるね〜"ストロベリーナイト"シリーズに近いものがある。生きたままコンクリにされるのは勘弁だわ〜ミステリーで色々観てきたけど、嫌な殺され方トップクラスに入るわ。こないだ観たシーズン3も嫌だけど…2も観たら、トップ3埋め尽くされるかも⁈よくこんな猟奇的なこと思いつくよなぁ〜これは、作者がスゴい!サイコだね。
それにしても、手錠ってピン留め1つで外せるもんなの⁇今まで観てきた数々の逃亡者たち、外せなくて大変そうだったけど💦
殺人分析班、コレはずっとシリーズ続いてほしい1つだね!地上波では無理っぽいけど。
殺人分析班の最新作をまず鑑賞しストーリーの面白いさがきっかけとなり、過去のシリーズに戻りつつ鑑賞している、ちょっとアブノーマルなやり方ですが、如月塔子の成長物語として見ています。何か応援したくなって仕舞います。
厳しく親身な先輩刑事と、後先考えず突っ走りがちな若手美人刑事のバディものという、韓国映画のテンプレを模倣したサスペンスミステリー。
猟奇的殺人犯は毎日、捜査本部に電話を掛けてくる変に律儀な奴。
刑事は犯人の操り人形。

なぜか、刑事の思い付き推察が的確に当たる。
なぜか、たまたま居合わせた人が情報を持っている。
なぜか、大爆発しても軽症。
ラッキーな展開が多く、ディテールにリアリティがない。
一見すると、良質なドラマ風に見えるのは、FFのBGMにありそうなゲーム的音楽による錯覚に過ぎない。
えりー

えりーの感想・評価

4.0
0
●年間ドラマ鑑賞数: 2022-9

🕊ひとこと感想
木村文乃さんが出ている作品を観たくなる衝動が定期的にやってきます。その際に観た作品。
木村文乃さんが演じる役って、頑張る女性が多いので、日々のモチベーションに繋がっています。
この作品でも、頑張る新米刑事。そして彼女が成長する姿が描かれていました。青木さんが演じる先輩刑事とのコンビもいいです👌

WOWOWで配信されている「連続ドラマW」はドラマの中でも良質なものが多い気がして好きです。
最近は、「ドラマWだから観てみよ〜」ってなること増えました( ゚ー゚)( 。_。)
fun

funの感想・評価

3.3
0

このレビューはネタバレを含みます

日本の犯罪捜査ものとしては頑張ってる方と思います。
なぜ前に見た時に途中離脱してしまったのか1話、2話あたりで思い出しました。
綺麗であり可愛くもある木村さんが新人刑事という設定のためか、かなりキャーキャーでわーわーなうえにドジっ子であり、しかも推理も捜査も半端で犯人に問いかけてばかりというのがどうにもイライラしてしまい今回も危うく離脱するところでしたが続きのシリーズをどうしてもみたかったので我慢しました。
最終話まで頑張ってはいるもののポンコツぶりは変わらず、成長物語なのだからと言い聞かせてラストまでみました。
いかんせんスピンオフなどの情報で犯人を知っていることや内容知らなくても先読みができてしまうのが犯罪ドラマ好きにはもう一捻り欲しかったところ。
トレミーが古川くんというのはビジュアル的にもとても良く期待したけれど、正直もっと頭脳犯らしく古川くんの雰囲気だけでもう何段階も格上げできそうな猟奇殺人犯が、団子をむさぼり、ミルクこぼして、人質をほったらかしにして浴槽のコンクリをねちゃねちゃするあたりから、なぜだーって!なぜこんな演出にしてしまったんだー!て地団駄踏んでしまいました。

木村さん演じる如月の相棒鷹野の青木さんはちょっとだけ最近よりみ綺麗で相変わらずワイルドで良かったけど、平幹二朗さんの息子さん平岳大さんが幹二朗さんにそっくりでとてもかっこよかったです。
古川くんももっとクールで冷酷な犯人にしてほしかったです。

最後にどうしてもダメだったポイント
自殺したとされていた父親の声。
妙に高くて、「オレは〜ダメだ〜って」言ってる声がひどく好きになれない声でした。
なんか違う。

一作目でキャストのバックグラウンドも丁寧に描かれて、捜査班の結束も固まってきたようなので次のシーズンに期待が高まります。

あっ、関係ないんですがラストの病室での如月のお母さんの術衣姿がちょっと色っぽかったです。髪をまとめる仕草とか。
如月は爆破ってもかすり傷だし、無駄にお姫様抱っこされてたり、ラストもびっくりするくらいどこも異常がありませんでした。
ある意味刑事に向いているかも?
品川巻

品川巻の感想・評価

3.5
0
ここまでオチが全部当たってしまったのが久しぶりで、自分でもびっくりした。話自体はかなり面白いし、「石の繭」は確かに言葉通り。
『邪神の天秤』と比べて、青木崇高が別人格かというくらいイケ散らかしている。
Koma

Komaの感想・評価

3.8
0
とても良質な猟奇犯罪のミステリドラマでした❗️
いやー、このシリーズもっと早く観賞するべきでしたねえ😅

ジャケを見た印象では、木村文乃演じる如月さんがかなりやり手のプロファイラー役と考えていたのですが、捜査一課の新米刑事役でした。

今作でかなり好きになった役者さんは、
青木崇高です‼️
めっちゃイイ味だしてますよ✨
こりゃ、次作も楽しめそう😉

U-NEXTをいろいろと調べていたところ、このシリーズのスピンオフドラマがありました。
詳細を開いたところ、このドラマの真犯人(トレミー)にスポットを当てた内容でした😵
詳細だけで、めっちゃ真犯人分かってしまうので、これからこのシリーズを観賞される方々にご忠告とさせて頂きます💦

2022 31作目
>|

あなたにおすすめの記事