ニセものバズがやって来たの作品情報・感想・評価

ニセものバズがやって来た2011年製作の映画)

SMALL FRY

製作国:

上映時間:7分

3.4

「ニセものバズがやって来た」に投稿された感想・評価

瑠花

瑠花の感想・評価

3.3

おもちゃ支援グループの会議中の自己紹介が可愛いんだよな、、、、
日本語吹替版で観やすかった。バズは完全に独り立ちできるキャラになってるのね。
Kanaria

Kanariaの感想・評価

2.5
おもちゃのsupport groupがたまらなく愛おしいです...👏✨
moco

mocoの感想・評価

2.0
アレックス…。バカなの?笑
でもそこが可愛いからいいんだけどね♪

たかがのおもちゃだけではなく、
売れ残りのおもちゃにも気持ちがあるんだって伝わってくる。
MoviePANDA

MoviePANDAの感想・評価

3.0
『おまけのオモチャ🚀』

先日、ものすっごく久し振りにマック🍔に行きました。10代の頃は好んで食べる事もあったけど、さすがに今はもう…と夫婦共に思ってたのですが、ハッピーセット🍟は子供が喜ぶかもという思いから来店。

オーダーを一通り終え、会計👛。
しかし、今もらえるはずのハッピーセットのおまけは全部きらしているとの事。「最初に言わんかい!」と思いつつ、「今用意出来るものがこちらです。」と貰ったのは、ふなっしーとマックのドナルドが合体した見るからに微妙なおもちゃ(・・;)

体はふなっしーなんだけど、頭にドナルドの赤いズラみたいのが乗っかってて、下には車輪。手で走らせると、そのズラみたいのが上下に浮いたりして動くという少し気持ち悪いもの…

案の定、いらないと言う娘…
まあ、でも美味しそうに🍔と🍟をほうばってたから、良かったのですが。

このショートフィルムはまさに、そんな場面から始まります。ファーストフードのカウンターにディスプレイされたおまけのオモチャ達。ボニーはその中からミニサイズのバズが欲しいとねだるものの、既に品切れ。ミニバズをあきらめ、ボールプールで持参したバズとレックスと遊びはじめるのですが、ディスプレイケースから飛び出したミニバズと本物のバズが入れ替わってしまい…というお話。

もうこのシリーズではすっかりお馴染みな置いてけぼり設定。尺の短さもあり、早急な展開に感じつつも、やっぱりきっちり落とすところはピクサーさすがですね!(‘∀‘ )このショートフィルムでしか見られないたくさんのオモチャ達も、皆それぞれ愛すべきキャラクター造形でそれを見るだけでも価値ありな作品だと思います!

ちなみに、“そんな”オモチャと思っていたマックのオモチャですが、家に帰って遊んでみたら、頭の動きが面白おかしくて、結局家族みんなで気に入ってしまいました(^∀^;)
Mokun

Mokunの感想・評価

3.9
ミニバズ。
セラピーの輪になってhi 〇〇~って流れ最高に笑えるw
ボニーはマックで言うハッピーセット的なのを買っていたがバズのキャラは展示モノしかなくザクを貰う。展示モノのバズはボニーのリュックに入り込み本物のバズは何処へ...。

ハッピーセット的なオマケのキャラって人気者から無くなっちゃうって事は不人気が残るって所に注目して作られているのが凄い。

本当に短いけど子供にいい影響を与えそう。
nana

nanaの感想・評価

3.4
面白いなぁ...。
チープトイとのグループセラピーとか発想自体が素晴らしい。
しっかりと皆個性があるしそれだけでも面白おかしい。
ちゃんとメッセージ性も忘れていない点も良し。
rhum

rhumの感想・評価

3.3
バズとニセバズとの比較ではっきり認識するけど、ミールトイの作りのチープさが表現されてるのほんとすごい。
再現療法、切ない。
とおる

とおるの感想・評価

3.5
ハワイアンバケーション以上お風呂の王様未満。笑
あ、あとニセモノかわいい(笑)
>|