トイ・ストーリーの作品情報・感想・評価・動画配信

トイ・ストーリー1995年製作の映画)

Toy Story

上映日:1996年03月23日

製作国:

上映時間:81分

3.9

あらすじ

「トイ・ストーリー」に投稿された感想・評価

VHSでみてた古いディズニー映画、サブスクのおかげでまたみられるようになって嬉しい
meka

mekaの感想・評価

3.6
今まで未見だったのでこの度初めての鑑賞。人間の子供よりもウッディやバズたちのほうがよっぽど人間らしく感じられた。ほどよくハラハラさせられて安心して見られるファミリーアニメ。
wwwsss

wwwsssの感想・評価

4.5
おもちゃが動くってロマンありすぎ!!どの世代が見ても面白い作品!!子供にとっても、夢がある作品でした!
Jasmin

Jasminの感想・評価

4.0
キャラクターなどは有名やから皆知ってたけど、それぞれのキャラの出会いであったり、初知りやから色々意外な所もあって面白かった。
どうなっちゃうの〜??ってシーンが結構あって、ハラハラさせられたね。
あまりにも有名な作品ですが、実は今まで未見でした。噂通りの名作でした!

事前に知っていた情報は「俺がついてるぜ~♪」の歌と、「無限の彼方へさあ行くぞ!」(余談ですが、このセリフ素晴らしいですね…訳した方天才だと思います)というセリフだけだったので、新鮮に観ることができました。
思っていた以上にキャラクターの数が多かったですが、みんなそれぞれに違った個性や性格、そして魅力を持っており、全員が好きになりました。悪役(?)であるシドですら、もちろん倫理的によくないことはわかりますが、一定のファンがついてカルト的な人気が出そうなすごいセンスを持ってるな…とある意味感心してしまいました…。彼のおもちゃたちが優しいのもまた泣きたくなります…。一番お気に入りのキャラクターは彼の妹であるハンナちゃんだったのですが、この子って2以降も出るんでしょうか…?脇役でしたが、かわいいので出てほしいです。

この作品の最大の魅力は、やはりストーリーだと感じました。徹頭徹尾「他人や自分を受け入れることの難しさと大切さ」が丁寧に描かれていて、とても感動しました。ウッディは、これまで自分が築いてきた地位やアンディとの関係に傷がつけられそう、という不安から、はじめはバズに対して執拗に反発してしまいます。一方、バズはバズで、自分はスペースレンジャーであるということを心の底から信じており、実際はおもちゃであるという事実を受け入れることができません。つまり、2人とも自分にとって不都合な現実を受け入れられず、そのためにトラブルに陥ってしまっていました。これは、おもちゃでも人間でも同じことだと思います。自分が信じたいことを信じてしまうものですし、嫌なことからは目を背けたり、排除したくなったりもしてしまうかもしれません。その感情の動き方がとてもリアルに描かれていたため、最後の感動がより増しました。

細かい描写やセリフにも、伏線や工夫がちりばめられていて、とても練りに練られた映画だと思いました。長さもちょうどよくテンポがいいので、いつでも気軽に観られるし、万人に勧められる作品です!
おもちゃを大切にしたいと思いましたし、ウッディやバズのおもちゃが欲しいなと思える、愛おしい映画でした。
ふ

ふの感想・評価

4.0
トイストーリーあるある
自分の部屋のおもちゃやぬいぐるみも夜動いてる妄想しがち
Keito

Keitoの感想・評価

4.1
トイストーリーシリーズ 1作品目

もう何度見たか分からない作品。意識を持ったおもちゃたちが起こす出来事を描いた作品。この作品でピクサーが一気に人気になったイメージ。思いつきそうで思いつかない斬新な設定が面白い。小さい頃は自分が持っているおもちゃも動いているのではないかと本当に思っていた頃が懐かしい。初期のウッディが割とひねくれていて、バズとの喧嘩する場面や対立するシーンがあり、人間味があって面白い。
何回も観てる。大好き。
うちもぬいぐるみ沢山あったから、みんなおしゃべりしてたかもしれない🤭
ぽち

ぽちの感想・評価

4.0
子どもの頃に映画館へ観に行った思い出(吹替え版)
まだうっすらとおもちゃのチャチャチャを信じていたから、人間が見てないときにおもちゃが動くのは本当だったんだ!と嬉しくなった。
フルCGのリアルさにもびっくりしたし、冒険にもワクワクした。それは大人になってから観た時も変わらず。
ウッディとバズの友情は大人になってからの方が一層感動したし、そもそもウッディのかっこよさに気が付いたのが大人になってからだった。

印象的な改造おもちゃのシーンは、リアルにアンディと同じくらいの子どもだったから、おもちゃとの付き合い方は人それぞれだよな、と妙に冷静だった。
大人になって初めて観てたとしたら、おもちゃを壊したり改造する子どもなんていない!なんて酷い誇張だ!と思っていたんじゃないかな…と思うと子どものころにこの映画に出会えてよかった。
mimi

mimiの感想・評価

3.5
シリーズいっき観で再鑑賞。
バズがメンタルやられちゃうところ好き
ピザプラネットはまじで行ってみたかった
>|

あなたにおすすめの記事