10億分の1の男の作品情報・感想・評価

「10億分の1の男」に投稿された感想・評価

ペジオ

ペジオの感想・評価

3.4
「幸運である事の哀しみ」ってのは面白い着眼点だと思う
サミュエルとフェデリコの愛憎込めた因縁や、それに対比されるフェデリコとトマスの師弟関係などキャラクターの配置も好み

あとは「運」という形の無いものをどう具現化して描くかだが、もしかしたらそこがもっとぶっ飛んでたら中盤ダレなかったかもしれない
「…マジで!?」ってなる程の幸運過ぎて「奇妙」の領域に入ってるエピソード持ちのキャラクターとかいっぱい出して「ジャンプ」っぽい「ワクワク感」や普通の世界とは違う「アンダーグラウンド感」がもっとあっても良かったかも
中盤をもっとねちっこく描けば、ラストの必然的な「呆気なさ」もより活きた気がする
たぶん10年ぶり位に見返した。設定は面白いけど、それを活かしきれていない。
後、テンポが悪い。
Shizka

Shizkaの感想・評価

2.4
所々、おおと思わせるシーンがあるが、そこだけはいい。あとは退屈。アイディアはいいんだけどね
368.
テンポのせいなのか、とても眠い作品。
3回くらい寝て、巻き戻して見てを繰り返しました。
さらに字幕が小さいような、しかも早いようなで読めないセリフが。

見るのに体力を奪われました(笑)
よしの

よしのの感想・評価

3.0
だいぶ前に観たのを今思い出したので記録。
他人の運を奪い取るとかいう恐ろしいジジイから逃げ出そうとした男がジジイに強運を奪われる所から始まるんだけどジジイの奪い方がいやらしくてドキドキした。エッチな映画ではない。
RYUYA

RYUYAの感想・評価

2.5
ザッツ・宝の持ち腐れ。
「運を奪う」という超能力対決的な話がもっと盛大に弾けたら良かったのになぁ。
眠い眠い。映画観てて目は開いてるのに寝てた。そんくらいのクソ映画だった。
運の良さナンバーワン決定戦みたいな。着眼点はすごくいいと思うけど、ゲームの内容とか緊迫感がイマイチだった。もう少し捻りが欲しかったかな。
ベチィ

ベチィの感想・評価

2.9
″運″という、まさに形のないものを表面に押し出した試みは非常に面白い。
常識を逸脱したバイオレンス的な構図をベースに、同じように形のない、″愛″を語るようにこの題材を展開させていくストーリーの雰囲気も、ヨーロッパ的で良かったと思う。

ただやはり、ストーリー展開の愚鈍さに少々飽きがくることは否めない。
中盤の展開をもっと小気味良く、インパクトを高めることが出来ていれば格別に良い映画に仕上がっていたと思う。
映像の色合い、俳優の演技等、作品の雰囲気は目を見張るものがあっただけに、それだけが殊更に残念なところだ。
友達に薦められて観た一本。

スペイン産。

演出はすごい好きだけど、もう一捻り欲しかった。
ワン

ワンの感想・評価

2.0
旅客機の墜落事故でただ一人生き残った男トマス。入院している彼の前にフェデリコと名乗る男が現れゲームに強制参加させられてしまう。
そのゲームとは他人の運を奪って戦う命懸けのゲームだった。

もう少しゲームの内容が面白ければ良かったですね。本当に純粋に運のみで駆け引きなど存在しませんでした。
>|