卍/ベルリン・アフェアの作品情報・感想・評価

「卍/ベルリン・アフェア」に投稿された感想・評価

sae

saeの感想・評価

4.3
想像以上によかった。ここまで設定を変えているのによく原作を再現できるなあ!
KyoSiro

KyoSiroの感想・評価

3.4
谷崎作品「卍」の映画化ですが、舞台を第二次大戦 開戦直前のドイツに移しており、
コミカルな増村保造の卍とはまったく異なる重たい作品になってます
また、ナチスの退廃映画は、たくさんありますが、この映画の中では、同性愛は軍に罰せられています
そんな環境下での背徳的な三角関係を描いてます
高樹澪の着物は、すべて辻村ジュサブローのデザインで、劇中、ジュサブローも登場してます
高樹澪とジュサブロー氏の着物が、妖しい魅力を放っており、リリアーナ・カヴァーニらしい作品だと思いました
谷崎原作。舞台を第二次大戦前のドイツに置き換え、さらに退廃的に展開している。
倒錯した性愛ものの映像化に長けている欧州の作品だけに、一定の品位は堅実にキープ。特に舞台美術や衣装、そして俳優たちの美しさは特筆もので、80年代作品なのにちっとも古びていない。高樹澪にも専属の日本人スタイリストが配されており、モードに着崩した和装が見事。
性描写にも女性監督ならではの美意識や工夫が反映されているほか、人物の構図が美しい場面も多数。