さまよう獣の作品情報・感想・評価・動画配信

「さまよう獣」に投稿された感想・評価

渋川清彦さんのウザさが好き。津田寛治さんの怖いくらいに酷薄な気持ち悪さ最高。

2013年邦画の私的ベスト10で3位に選んだ。(ちなみに1位 太秦ヤコペッティ 2位 共喰い 4位 戦争と一人の女)
もんちゃん目当てで当時映画館で観た。女性がエロくトマト食べてたのしか思い出せない。
QTaka

QTakaの感想・評価

2.9
人はさまよいながら生きている。
女は、少し寄り道が過ぎたようだ。
そして、今、ようやく居場所を見つけたのかもしれない。
.
女は、迷いに迷った末に、田舎にたどり着く。
それは、必死に生きている姿なのだが…
問題は、迷い込まれたそこに居合わせた男どもだ。
迷子の女は、圧倒的な魅力を備えていたのだから、男どもはたまらない。
男たちが、有るべき姿を見失う。
つまり、浮き足立つ。
この場面で、渋川清彦、山岸門人の二人が輝きを見せる。
このキャストが絶妙。
実は、渋川清彦がこの映画の目当てでも有った。
間違いなかった。
想像通りだった。
と言うか、期待を裏切らない。
この映画のヒロインは、迷子の女を演じた山崎真実さんなのだが、この映画の注目の役柄は、浮き足立って、空回りする、渋川さんと山岸さんだった。
イイ、実にイイ。
題名の”さまよう獣”は、迷子の女キヨミなのだろうけど。
男どもは、この迷子を前にして、”獣”になろうとしていた。(笑)
そういう、人と人の関わりと変化がわかりやすく、面白いのがイイ。
.
まぁ、私的には、清さん一人で十分楽しめたのだけれども。
.
内田伸輝監督は『おだやかな日常』で、311直後の東京の日常に起こった放射能パニックを描いていた。
起こった事を、いかに捉え表現し伝えるのか。
映画による表現者の立場から、あの時の現実に即座に対応した監督だ。
残念ながら、その『おだやかな日常』を見ていないのだが、この映画を観て、ますます観たくなった。
映画で伝える。映画で見せる。そういう事の出来る監督だと思った。
yuki

yukiの感想・評価

2.0
『ふゆの獣』の内田伸輝監督作品。小さな村で独り暮らしのお婆さんのところに、行き場を失った女性がやってきた。途端に盛り付いては騒ぐ男ども。ワケありなんだろうけど、落ち込んでいるかと思いきや急に積極的に男に絡んで行ったり、かと思えば深くため息をついたり。なんとも掴みづらいキャラクター、と思わせたいのだろうか。勿体つける割に女の過去も大したことなくてうーん。
ゆう

ゆうの感想・評価

1.6
もったいぶった過去の闇も、作家志望の奴に気付かれるほどのもんでしたね。
灼熱の魂ばりのドロドロを期待してたけども。セックス側は良いけど、外の乱闘組は傷害罪のリスク背負ってるのに、何か浮かばれないね。そして、アイツまた来るでしょ?
2時間ドラマって所かな。タツヤ役の渋川清彦がいい味だしてたね。キヨミ役の山崎真実が妙に色っぽい。背も高そうだ。キヌ婆さん役の森康子には癒やされる。長生きして一本でも多く出演して欲しい。彼女に免じて加点。
ど田舎に突然、謎の美女が現れて、3人の若者が翻弄される話。
終盤は津田寛治も絡んで美しい図式を生み出してます!

変だけどコメディ雰囲気は一切なく、主演の山崎真実が妙に艶っぽく男に合わせて対応変える魔性っぷりがコワイです。山崎真実が脱いでる訳じゃないがエロいのはさすが演技と演出力。

オチがな~、悪くはないんですけどあとひと捻りあれば…合格ラインって感じ。

渋川KEEさん、波岡一喜、津田寛治、ボバさんみんな演技上手すぎ。
熱海

熱海の感想・評価

2.3
現実感ない!辛いことがあったときは食欲無くなりがちだけどそんな時こそご飯食べるべきなのかもと思いました。実際自給自足の生活の中で出てくる白米、味噌汁、漬物はすごく美味しそうだった!
SHIJU

SHIJUの感想・評価

3.8
ゆったりですがエロいです
人間って誰かに寄りかかりたい時があるんです……
やっぱり安らげる人が良いと思えました♡
nori007

nori007の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

女優としてはぶっ飛んだ系の役が多い山崎真実さんだけど
今作は一番本人に近いのではなかろうか?

淡々としたテンポで話は進むのだけど、あまり現実味は感じられない。
主人公のちょっとおかしな行動にも、実は後に理由が明かされるのだけど、あまりにもリアリティに欠ける演出。主人公が暗すぎるのも全体的にウェットな感じになってしまっている。毅然と日常生活を送っているけれど実は黒い部分があるでいいではないか?
ただ山崎さんの不思議な魅力のおかげで一応は見れてしまう。

そしてこの作品、「ライク・サムワン・イン・ラブ」にとても似ているのだけど、ライク~の方が外国人監督というのに見せ方は見事でした。
>|

あなたにおすすめの記事