棘の中にある奇跡 笠間の栗の木下家の作品情報・感想・評価・動画配信

「棘の中にある奇跡 笠間の栗の木下家」に投稿された感想・評価

MK

MKの感想・評価

5.0
この映画のように認知症が良くなるのはなかなか難しいですが、でもとても希望が湧いてくる素敵な作品だと思いました。
剛太郎

剛太郎の感想・評価

3.5
夫を亡くした後もひとり栗農家を営むばあちゃんと毎年栗の収穫を手伝いに来る女優の卵との交流 と謎の青年〜
やがて認知症を発症するばあちゃんとの会話のなかで 娘の事 孫の事を思い出してゆくシーンがとても良い 孫と栗を植える時の台詞もグッと来ます
村の若者の『都会で失敗したやつを故郷で迎えてやるために 故郷に残ってるんだ』という言葉にもなんだか😢が…
心に染みる台詞もシーンも幾つもあるのに 前半が地味すぎるのかな ちょっと勿体ないかんじのする映画でした

ばぁちゃん役の倉野章子さん のなまりのある優しい言葉凄く素敵でした
注目したい

このレビューはネタバレを含みます

意外や意外、普通にいい映画だった。
まず、指原似の謎のヒロインも下手じゃないし、ボイメン2人も頑張ってた。

心閉ざしたヤクザが田舎で見ず知らずの人たちの優しさにふれて成長するベタなお話かと思いきや、まさかのおばあちゃんの認知症だったり無口ボーイの素性だったり…ストーリー性もあって、おばあちゃんの演技とくに見事でちょっとうるっときた。

『海すずめ』に匹敵する、しっかりした地域おこしムービー。
ゆう

ゆうの感想・評価

4.0
感動した。故郷とは?親子とは?戻れる場所があることは心強い。そのことに感謝しつつ、自分の道を歩く。
俺これ普通に好きだわ
ばーちゃんのバイト来てくれるわろす過ぎ
出演者全員、演技はビミョーだったけど、少しイイお話しでした。
【 大きな栗の 木下家 )

木下家の ばあちゃんは いつも笑顔
じいちゃんに 先立たれ
独り身だけど 一人じゃない

ばあちゃんの笑顔に惹かれて
今年もやってきた 売れない女優【 渋谷 有香 】
二人が栗園で拾ったのは
傷と棘のある 無口な青年

有香
【 たとえ悪い人でも どうしようもない人 だったとしても 大丈夫?って
言ってあげたい 】

ばあちゃん
【 じいちゃんも きっと そう言うべよ 】

ばあちゃんは認知症を発症している
よっぽど 大事な過去があるのか
ばあちゃんは過去に生き
青年は 過去を語らない

【 人生に行き詰った時
一番会いたい人がいる
一番観たい景色がある
そこが 故郷じゃ ねえが 】

ばあちゃんという 故郷に帰ってきた青年と
ばあちゃんという 故郷から また 女優を目指す有香と

心を打った言葉
【 都会で 失敗したやつを
地元で迎えてやる
そのために 俺は故郷に居る 】


のぢ

のぢの感想・評価

5.0
勇翔出演映画の中でほんっっっっとに演技が一番上手いです。観てください。
お客が誰もいなくて映画館を独り占めで観賞。
しかも、この作品のレビュー第一号やん!
そして、まさかの感動作で泣きそうになった。

「本当の自分は栗のように棘の奥の奥にあるのかも知れない。」
茨城の田舎町にある栗農家のほのぼの話かと思いきや…重いテーマに話が展開していきました。
西村知美や渡辺裕之など、有名な俳優さんが脇を固めています!!
渡辺徹は「太陽にほえろ」のネタを入れてきたりして、クスっとさせられる場面も。

あとで気づいたんですが、副題って「大きな栗の木の下で〜♫」をもじってるんかな。

映画館でも一人で観てたら家で観るのと同じやん!と思われるかも知れませんが、やっぱり映画館は特別な場所。
大人数で観るのもいいですが、小粒な作品を一人で味わうのも映画の醍醐味かも知れません。
しかもこんな素敵な作品を自分だけが知れるお得感もありますね〜〜。

あなたにおすすめの記事