マンドレイク 人喰い植物のえじきの作品情報・感想・評価

「マンドレイク 人喰い植物のえじき」に投稿された感想・評価

itoman

itomanの感想・評価

3.0
考古学者の一団がジャングルでいかにも怪しい棺に入った短剣をちょろまかした所、突然人食い植物&謎の部族に襲われる。その短剣は凶暴な人食い植物を封印するキーアイテムで、主人公たちがこそ泥したせいで封印が解け地元部族の人も大迷惑。人食い植物は食欲、部族の人たちは主人公たちを生贄に再び人喰い植物を封印するため襲ってくるという話。植物は動かすのに金がかかるので(CG)、中盤はほぼ部族とのバトルなのですが、どう考えても主人公たちが全面的に悪いのでイマイチ乗り切れない。
ジグソウの奥さんが主役で、当時50前なのに30代ににしか見えない若さに驚く映画。

B級にありがちな破綻しまくっているストーリーやテンポの悪いストーリー展開という事も無く、意外と全体的にクオリティは高かったと思います。
残念な点はマンドレイクが1体?しか居なかったので迫力には欠ける点。
マンドレイクとよりも、原住民との戦闘の方が大部分を占めています。
楽しかったです。
なんていうか自分が映画を観るにあたって想定してないタイプのB級映画でした。
話がちゃんとしてるんです。
その代わりというのもヘンですが、絵的なものはインパクトがあまりなかったです。

私の感覚では普通と逆で、インパクトのある映像を期待して見始めたものの、こういうのもありだなと思いました。ていうかわりとツボでした。まったり系です。

植物系のモンスター?クリーチャー?が好きなので、そこは嬉しかったです。
SHOTAISM

SHOTAISMの感想・評価

2.5
未知の生物が襲って来る系映画の中でもかなりしっかり作っていて設定も含め意外と面白い!

こういった映画はどうしてもB級寄りになったり、辻褄が合わずにグダグダしてしまうんですが、そこそこテンポもよく分かりやすいストーリーと、ラストの怪物を倒すシステムがとても良かった

先住民のデザインなど色々凝っているのも好印象
強いて言うなら、カメラワークだけもう少しどうにかして欲しかった
日赤

日赤の感想・評価

2.5
「SAW」のジグソウの嫁がヒロインとして登場。

マンドレイクと先住民の関係性と、その背景がB級にしては案外しっかりしているので、特に退屈な作品ではない…と思う。

マンドレイクの攻撃タイミングがストーリーに合わせすぎているのが惜しい。
中盤、暗闇の中で死角から現れるマンドレイクに襲われる展開はかなり怖い。
やっぱり木というのがインパクトに欠けます。
一本の大木が近寄ってきて襲ってくる感じがめちゃめちゃチープなCGで作られてるので眠くなります。

品質の悪いB級なので死に方のバリエーションも微妙。
ハリーポッターのマンドレイクのほうがよっぽど殺傷能力あります。笑

なによりも木が一本というのが最大の敗因です。自分としては
もっと森ごとかかってこいよ!
って感じです🌳🌳🌳
にこる

にこるの感想・評価

2.1
ヒヤッとする洋画見たいなぁ~と
TSUTAYA店内、徘徊し
『おっ!マンドレイクかぁ』( `・ㅂ・)و

UMAシリーズ第2弾☠️あのソウ作品シリーズとは😱😱

森へようこそ~、呪いを解いたらヤツがくる!!

人喰い植物マンドレイクより先住民族のほうが怖いです。

エグイシーンあります。
まぁまぁの恐さよ

ソウシリーズはいままで怖くて見たことないですがキャストはお馴染みの出演者

パキッとポキッと惨殺アクションパニック
🔪💀💥
piyo

piyoの感想・評価

1.6
怪物怖いと見せかけての人が一番怖いパターンのやつ。
というか、肝心の怪物が怖くない。
kmk1020

kmk1020の感想・評価

2.3
どうして見たのか、自分でもわかりません。
2倍速でネットサーフィンしながら見る分にはちょうど良かったです。()
まつげ

まつげの感想・評価

2.7
割と期待あっけど残念な感じの映画。まず原住民との戦いが多い。ずっと森の中だからいつ草木が襲ってくるかハラハラしてたけどそのハラハラも虚しく、まじでなかなか襲ってこない。いざ出てきたと思うと人食いどころかぶっ刺して殺してる。いや食えよ。まぁ設定自体は割と面白い、かも。