LAST7 ラストセブンの作品情報・感想・評価

「LAST7 ラストセブン」に投稿された感想・評価

あらすじ
ウィリアムが目を覚ますと、ロンドンの街から人が消えていた。大通りにもビルの中にも、誰ひとり存在しない。当てもなく彷徨うウィリアムは、6人の生存者と出会う。しかし誰もが自分が何者なのか、なぜ人々が消えてしまったのか思い出す事が出来ない…。一体、7人の身に、そして世界に何が起こったのか―!?

ジャンルが近未来スリラーとかってなっていますけど、近未来ではないです。
はっきり言って夢オチ+サタン。
だから、何でもありです。
つよ

つよの感想・評価

1.0
ある日、目覚めたら街は無人。

オチが分かればいいやとダラダラ見ていたら、急に苦手なホラー。汗

このレビューはネタバレを含みます

 
 
 
自宅で鑑賞。イギリスの劇場未公開作。ディザスターモノやサバイバルモノを期待すると肩透かしを喰らう。細かなカットバックの多用等、執拗なフラッシュバックの繰り返しは単調で混乱を招くだけ。描かれる世界観も説明不足で登場人物のキャラクターも魅力的に描かれていない。ストーリーテリングも整理されておらず盛り上がりに欠け、プロットも宗教色が濃く馴染めない。前半部でD.ヘッド演じる“クロエ・チェンバース”の吐く科白通りのオチは意外性が無く、ラストも締りが悪い。ただただ無人の摩天楼街を眺めるだけの退屈な一作。40/100点。

・始まって約10分近く殆ど科白も無く、誰もいないのロンドンを当ても無く彷徨する描写で見せ場は終わる。またDVDプレーヤーの問題か、メニュー画面での操作が天地左右逆になっていた。

・鑑賞日:2012年4月3日
★☆ 某サイトより転載 ☆★
 
 
rob

robの感想・評価

-
2016/11/17
目が覚めると、そこはロンドンの路上。何故そこにいたのか、自分が何者なのかもわからず、その上街には全く人影がない。喧噪などはなく、閑散とした雰囲気の街並みが味わえるのは新鮮で良かった。しかし、展開が進むにつれて、何故あの4人だったのかという理由は分かりましたが、ラストの意図がよくわからなかったことが残念。また、フラッシュバックの繰り返しには単調さを感じてしまいました…。
地味で訳の分からないシチュエーション!!
でもこういう抽象的な描き方は嫌いじゃないですね♪
魂の世界のお話は興味深いです♡

どちらかというと、観る側よりも作り手が満足するような作品なんだと思います。
☆0.5

気づいたら地球上に7人しか存在してなかった、何故自分たちだけなんだ?というミステリー展開で繰り広げられる残念映画。

特に言うことは無いです。面白いシーンは確か無かったですw。言うとしたら変な性格の人物を入れて欲しかった。例えば『ミスト』で言うなら狂信者だとか・・・。
aya

ayaの感想・評価

1.6
何回も入る手の釘のフラッシュと その効果音がしつこくて不愉快だった 面白くなりそうな気配もしたのにグズグズ 安っぽさも中途半端
Maro

Maroの感想・評価

1.0
これは酷い。
最初は面白そうな感じだったけど、
展開が全くない。
キット

キットの感想・評価

2.7
どうなるのから、そういうオチなんだと、悪くはないけど、もう少し背景が欲しかった
MTRLB

MTRLBの感想・評価

3.5
最後まで観ての感想。

あ、そのパターンね。

まぁ嫌いじゃないけど、主人公を始め巻き込まれた数名は可哀想な運命。

これシリーズは理解出来ないポイントもあるので、観終わった後にネタバレレビューを見て、改めてそう言うことかとスッキリする。この流れも嫌じゃない。

それを含めてちょっぴり加点。
>|