パラノーマル・インシディアスの作品情報・感想・評価・動画配信

パラノーマル・インシディアス2013年製作の映画)

Bell Witch Haunting

製作国:

上映時間:91分

2.1

「パラノーマル・インシディアス」に投稿された感想・評価

Chance

Chanceの感想・評価

2.0
これはだめでした
前半が特にひどい いらないシーンが山ほどあります
この手の映画はなんでこんな事態になっても動画とるの?って疑問がでますがこの映画はそれが顕著でした
marumame

marumameの感想・評価

1.8
POV。後半はかなりのむりくり。
いろんな現象録画してんのに、みないのか!?
なぜにそこまでして録画し続ける!?弟よ!
最後もひっぱるだけひっぱって……えーってな終わりかたです。
mk

mkの感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

撮った映像を一度も再生しないのなんで?w
あと誰が撮ってるのみたいなの多くない?本人視点って事でいいみたいな感じなの?
お父さんめっちゃ意固地に家から出ない!とかブチギレしててなんやこいつってなったし、無駄に人が死に過ぎだし。
本当にあった話なの?マジで?
神父死に損だし、ていうかエクソシストやるならベッドに縛り付けはデフォだろお前っていう。座らせてるから早々に反撃されんだわ。
あんだけ呼び出されも警察はいつも一人、んでもってあんだけ血まみれなのにお家帰しちゃうの?
なんかもう雑雑の雑。

このレビューはネタバレを含みます

これも実話に基づくホラーということですが、途中ちょっとエクソシストあった。
引っ越した家のいわくによって、四人家族が悲劇に見舞われるお話。
完全パリピの姉と映画監督志望の弟が、お調子者ではあるけれど特に悪いことしてないのに悲惨な目にあう理不尽さはホラーの王道。
父親もちょっとおかしくなっちゃうのだけど「悪魔の棲む家」ほどの演技を見せないあたりがPOVっぽいとも言える。
姉が途中で悪魔に取り憑かれてエクソシストのシーンが混じるのだけど、これをPOVで見せることの難しさを見たのは良かった。もしかしてリアルエクソシストって本当にPOV風に見えちゃう感じなのかもしれないけど、超常現象は作り込むことでその恐ろしさをかえってリアルに感じるものなのかもしれない。
面白くないわけではないのだけど、内容に比して鑑賞時間は1.5倍速でちょうど良かった。
あのパラノーマルシリーズとは全くの別物。アサイラムという、どパクリ映画やどB級映画を量産するかも会社が作ったPOVホラー。の割には、結構面白かった。まあ、結局今は誰が撮ってる映像よ?とか、突然出てきてあっさりやられちゃう人もいたけど。

このレビューはネタバレを含みます

 


『転居先は魔女の呪い附(憑)き物件』

自宅(CS放送)にて鑑賞。日本劇場未公開のPOVで原題"The Bell Witch Haunting"。原題の示す通り、米国では割とポピュラーな「ベル・ウィッチの呪い」に関連した内容。完全なPOVになりきれてないそれっぽいだけの作り。途中、電話の遣り取りを強調する意味でか、タイプ打ちのフォントでテロップがオーバーラップされる。あくまでリアルさを追求した為か監督を始め、主要スタッフ等の表記がどこにも見当たらない。何とも中途半端な出来で、余程の酔狂な好事家でもない限りお薦め出来かね、早く忘れた方がいい。25/100点。

・登場人物の関係性が判り辛く、誰が誰なのか見分けがつき難かった。主要な家族が怪奇現象に鈍感なのに加え、兎に角、人がバタバタと死に、中にはその為だけに登場したかと思われる人迄出て来る。挙句、本来衝撃的な筈の事象なのに感覚が麻痺してしまい、結果盛り上がりにも欠ける平坦な印象しか残らなかった。CGI等もショボく、画的に褒める箇所を見附ける事が難しい。

・問題となる家族“ソーヤー”家だが、冒頭では"Sawyer"と綴られているのに対し、終盤では"Sawywer"となっている。加えてC.アルター(ノンクレジット)演じる“ダナ・サーワー”の母、J.シアレイ(ノンクレジット)の“ジャネット・サーワー”は"Janette Sawyer"とのスペルが、いつの間にか"Martha Sawyer"と変化している。更に物語の舞台がテネシー州アダムス郡とされているが、テネシー州ロバートソン郡にアダムスと云う地名は在るものの、テネシー州にアダムス郡は存在しない。物語は'11年1月(15・21・22日)と設定されいるが、家の周りの路地脇には青々と生い茂った椰子の木があり、1月のテネシー州に緑の葉を附けた椰子の木は有り得ない。

・鑑賞日:2018年10月2日(火)

 
taiki

taikiの感想・評価

2.0
邦題がまずひどい
確かに『 パラノーマル・アクティビティ』らしさや、『 インシディアス』らしさはあるので
それらの作品の視聴者を取り込みたいのは理解できるが、作品全体通して、ただPOVのホラー作品を製作してみた感が強く、背景や根源などの説明がなく、モヤモヤ感が募る
また録画したい欲が強すぎる主人公に苛立ちも覚える
劇場未公開作品。米国史上最も有名な心霊現象"ベル・ウィッチの呪い"。呪われた土地に越してきた一家に襲いかかる恐怖を収めたアサライム版POVホラー。舞台設定や人物描写の伏線が全く活かされていないが、女性的キャストは美人揃い。1818年テネシー州ジョン・ベル邸で起きた心霊現象は、米国史上唯一の幽霊による殺人事件として記録されている。デイナのファッション講座。デニーの電気修理エピソード42。洞窟の魔女。アライグマ食べるデイナ。「私の家から出ていけ!」
Yuya

Yuyaの感想・評価

2.0
これは もう 自業自得っしょ…
いや カメラ好きなのはわかったけど ちゃんと検証しよーぜっ!
もっと 対策を練ろって なぁ!

毎晩 寝た後の現象をほぼガン無視してっから
そりゃ 悪霊の方も “気付いてます?“的な不安で ちょいちょいエスカレートして様子見してくるのも しゃあーないわ

”だって反応薄いんすもん そりゃ手当たり次第になりまっせ“って言う 悪霊の愚痴でも聞こえてきそうな 一体何ハラスメントになるんだろう…とか悩める作品
蛇苺子

蛇苺子の感想・評価

2.3
この人たち撮影するだけで何があったか再生しないよね。なぜ撮る?
タイトルから怪しかった。
パラノーマル インシディアス って!
でも酷いけど嫌いじゃない。
>|