ライディング・ザ・ブレットの作品情報・感想・評価

「ライディング・ザ・ブレット」に投稿された感想・評価

ai7n28

ai7n28の感想・評価

2.4
この感じもしや....
と思って途中で調べたら
やっぱりキング原作でした。

そうなるともう怖くない、終始シュール寄りの妄想劇。B級感。でもそこはかとなく上品。キング。。
DVD購入済レビュー忘れ😅
これは少々イライラした記憶がある。
事が進みそうになったら主人公の妄想で戻されるタイプだったような。

ただ限定パッケージがカッコいいのでコレクションで置いてます😄
安心のB級感☆異世界に迷い混んじゃった感じの演出が良い。
デビッド アークエットさんが怖かった…!!!

このレビューはネタバレを含みます

”ブレット(銃弾)”=ローラーコースター
スティーブン・キング原作短編の実写化映画。(原作未読)監督はキングのお友達で原作本をたびたび映像化しているミック・ギャリス。特殊メイクはグレック・ニコテロらKNBチーム。

ダレる箇所はちょいちょいあったけど結構好き。いい映画やないか。メメント・モリ。死生感についての映画。”死”という概念を受け入れていくお話。若い時分、”死”は最大の恐怖であると同時に、歪んだ憧れでもある。だが年を重ね経験を積むにつれ、それは身近なものとなり、憧れも消え、恐怖も少しずつではあるが受け入れ暮らすようになる。

ってのをまんま90分の映画にしたのが「ライディング・ザ・ブレット」。

のん気に暮らしている我々もいろんな場面で”死”と向き合う(向き合わされる)機会はある。少しずつ慣らしていき”やがて必ず来る”と軽く覚悟をしておけば良い。見て見ぬふりをしたり、逃げまわっていた所で誰にでもお迎えは来る。

*題名が直球過ぎて逆にカッコいい。さすがキング!!意訳するなら、『死の予行練習をしとけ!』って感じかしら。

DVDで初見

このレビューはネタバレを含みます

話はとてもつまらない。
主人公が脳卒中で倒れた母親に会いに行く道中、色んな変な人とかにあっちゃうって話。

序盤出てきた死神のビジュアルの異様さとか、壁の女が「自殺しろ」ってたたみかけてくるあたりは楽しめた。
けど、話が進むにつれて何がしたいんだろうこの話って思って見てた。
ようは、自分の命か母親の命か選ぶならどっちってことなんだろうけど…

私小説っぽいかも。
HONEY

HONEYの感想・評価

3.0
一見デッドコースター的な内容かと思いきやそうではないし、かと言って霊的なお化け的な内容でもないし。ホラーはホラーなんだけど・・・中途半端かな。ちょっとファンタジー?最終的にどんな着地したのかよく分かんなかった。主人公はイイ男。色々煮えきらない・・・ブレットという遊園地の乗り物・・・が、どした?