フォービドゥン/呪縛館のネタバレレビュー・内容・結末

「フォービドゥン/呪縛館」に投稿されたネタバレ・内容・結末

 

自宅にて鑑賞。日本劇場未公開、原題"The Disappointments Room"。主演のK.ベッキンセイルの代表作『アンダーワールド('03)』で“ドクター・アダム”を演じたW.ミラーが監督のD.J.カルーソーと実話を元に脚本を書き下ろしたゴシック系ゴーストハウスもの。中盤以降、間延びしたやや混乱気味の描写はあるものの、尻切れトンボで消化不良にしか思えないストレートで捻りの無いストーリー。起伏の乏しい展開で、プロットのバランスも悪い。終盤にはハンマーを何度も打ち下ろすグロシーン有。40/100点。

・中盤以降から終盤に至る迄、観客はK.ベッキンセイル演じる“デイナ・バロー”の混乱に附き合わされてしまい、演技や容姿等、女優としての魅力や輝きが感じられない向きには、ただただ退屈なだけでラスト迄辛い。

・“デヴィッド・バロー”のM.レイドは理解があり、ひたすら優しく、“ルーカス・バロー”のD.ジョイナーは可愛らしかった。家族構成を含め、僻地での化け物屋敷と云う設定は定石とは云え、『シャイニング('80)』を想起させ、彷彿させる描写もあった。

・凧やミニチュアハウス、赤いボール、螺旋階段等、意味有り気なアイテムやショットも登場するが、本筋には絡まない。結局“ベン・フィリップス・Jr”のL.ティルがラストでスルーされてしまい、どうなったのか判らないし、裏庭の墓の扱いも中途半端なストーリーを際立たせている。

・やり直せる、乗り越えられると云う慰めの科白は、序盤からラスト迄何度も繰り返されるが、起こっている事象への解釈が観客に任され、対策もなされないので、大きなフラストレーションを残した儘、ラストに至り、カタルシスも得られなかった。

・'14年に撮り終えていたが、'16年迄リリースはされなかった。『スティーブン・キング/死の収穫('92)』と同じノースカロライナ州ラムスールの下町で撮影されたと云う。

・鑑賞日:2018年4月29日


 
真相を視聴者に委ねる手法は別にいいんですが、後味の悪い終わり方で最悪でした。なんの解決にもなっていない。
「劇中の説明が少ないので頑張って考えてみました」
子どもを亡くしたことによるストレスと
それを和らげるために飲んでた精神薬のせいでおかしな現象が見えてたと見せかけて

やっぱりあの家のおぞましい過去も本当にあったことで、霊もたしかにあそこにいたというのが最後の小さな人形であらわされているのかなと思った。

精神がおかしくなってるのも
霊がいたこともおぞましい過去も
どちらも本当に主人公に起きていたことなんだと思う
全てがじゃなくて半分が精神薬による幻覚で半分が霊的なものによる幻覚と事実。

猫は残念ながら主人公がやってしまった可能性が高いのではないかと思いました。
直後の水道で血を流すシーンで包丁が手前に意味ありげにうつるカットだったのと
精神崩壊系作品によくある実は自分が加害者だったパターンで…orz
もしくは犬の霊がやはり猫を襲っていたか…

近所のおばあさんは新聞記事(だったか本だったか)であの家に起きたおぞましい事件を思い返すのですがそこに新たに目撃者が殺害された記事を見つけその記事の死体袋に入っていた目撃者の写真が主人公に似ていたので慌てて主人公宅に電話したのだと思う(誰も出れなかったけど)
おばあさんは霊を何度も見てきたといっていたので霊的なものを感じ取れるタイプの人かもしれない。

青年は実在していて、墓を掘って中をのぞき、霊に襲われますが
その後の首吊りは主人公の幻覚で青年は生きているのかも。

館を去って行く時、館の元主人が窓から覗いていた件はあの館の元主人をトンカチで殺したつもりだったけどまだ霊的な存在としてとどまっていた。
主人公は排水溝につまった人形を手にしており、おぞましい過去は本当にあったことがわかるような…

7月5日が同じ娘の命日だったのは霊に呼ばれてあの館を選んでしまったのかもしれない。

精神が弱ってると霊に取り憑かれやすくなるので霊とシンクロしやすくなった状態だったんじゃないかと…

実は自分が加害者でした系と心霊をミックスしたような…
なんちゃって個人的な解釈ですが…(._.)
ある家族が家を買い引っ越すが
その家は曰く付き物件だった。

昔その家に住んでいた家族には
障害者の娘がいた。
しかし障害者=一家の恥という風習があり、
夫は娘を殺害。

今回引っ越してきた夫婦は現在三人家族だが、昔もう一人子供がいた。
しかし妻が寝てる時に子供に覆い被さり不意の事故で圧迫死させてしまう。
そしてそれが原因で妻は新居で幻覚を見るようになった。
殺された娘を哀れに思い、家の謎を紐解いていくが、結局中途半端に解決して
尻尾巻いて一家トンズラする。という話
ホラーというより、私は誰よりも悲しいの!苦しいの!って嘆いてるメンヘラおばさんの映画、これはひどい
ホラー要素がなさすぎる…けど統失って直面したらある意味ホラー
旦那と息子と猫がこの映画の良心
ケイト・ベッキンセイルが美人だしルーカス・ティルがイケメンだったけど、なんだかよくわからないまま終わった。
最初から全部主人公の幻覚で、引越しのストレスがあった上に幽霊研究してる婆さんに色々吹き込まれたせいで悪化してああなったって考えるのが一番しっくりくる気がしたけど、それでもやっぱり釈然としない。結局あの婆さんは何がしたかったんだ…。
あと主人公の旦那がいい人すぎてかわいそう。
娘を亡くして家族と共に田舎町へと引っ越してきた女性が、新しい家で奇妙な怪現象に襲われるホラーサスペンス。

田舎町にある古びた立派な屋敷に引っ越したら幽霊が出てきて、以前そこに住んでいた家族が…という、よくあるタイプの家ホラーだった。
今回は薬漬けお母さんの被害妄想だったパターン。
何かの映画に似ている!とかではなく、何となくありきたりで、ストーリーも演出も新鮮味が無い。
あまり楽しめなかった。
息子は可愛いかった。
2018年27本目

ケイト・ベッキンセイルが出演しているので観てみたけど、終始盛り上がりに欠けて全くと言っていいほど怖くない。いろいろと伏線を張ったものの回収せずもやもやが残る感じがなんとも言えない。

ケイト・ベッキンセイルは金髪より黒髪の方が良い。
感想
この家でなにが起こるのだろう、とワクワクしながら見たが肩透かしをくらった。
面白くない。
メモ
ケイト・ベッキンセール
かわいい猫が出てくるけど…
映像も主演の女優さんも綺麗だけど、とにかく暗いストーリー。けど、中盤引き込まれて、これからどうなるのか?どんな落ちが?と思ってたら終わってしまった。え?え?という感じ。
>|