月下の恋の作品情報・感想・評価

「月下の恋」に投稿された感想・評価

Rita

Ritaの感想・評価

3.8
大回転はなんじゃそりゃって思ったけどめちゃくちゃ美しくてけっこう好みだった
諒

諒の感想・評価

3.0
ふざけあっている内に双子の妹ジュリエットが転倒。
頭を打ち、湖の底に。
すぐに助けを呼びに行った弟のデビッドだったが、ジュリエットは死んでしまう。
それから時が経ち、デビットは教授に。
心霊的な事は一切信じない性格になっていた。
霊媒師の嘘を暴いたりしている生活の中、悪霊に取り憑かれたという手紙を度々送ってくる人物の元に向かう。
その館に着くと手紙の主のばあやが待っていた。
そして、美しいクリスティーナと出会う。
館に滞在している内に二人は恋に落ちるのだが…。

もう少し妹ジュリエットのエピソードが欲しかった。
物足りない印象。
犬

犬の感想・評価

3.4


小さい頃、双子の妹を亡くしたデビッド
1928年に超心理学の教授として故郷イギリスへと戻ってくる
そんな彼は、幽霊が出るという屋敷へと向かうが....

英国のある屋敷の秘密と、そこで繰り広げられる禁断の恋を幻想的に描いたゴシックロマンス

ケイト・ベッキンセールが嬉しいことに自分から率先して脱いでくれます
恥じらいが全くないので少し驚き
なかなか体当たりな役どころで、ベッドシーンは特にスゴかった
若い頃は可愛らしくキュートですね✨

終盤に明かされる真実

そういう話でしたか
まあまあ面白かったです

何回かオドかしがある
幽霊が出るっていうのにみんな呑気に

ペテン師笑

心霊現象はあるのかないのか⁉︎
私は無いと思います
でも、彼女になら取り憑かれてもイイ
ルー蔵

ルー蔵の感想・評価

3.2
いわゆる、幽霊とやっちゃえ映画。

ケイトベッキンセールは脱ぎっぷり良いし、なんの意味があるのか濡れ場もなかなかやっている。

最後は幽霊の大回転が始まって、蜂蜜にでもなるのかと思った。
かとう

かとうの感想・評価

3.7
邦題は悪夢で良かったんや、、

アザーズとシックスセンスを足して2で割って死国を加えたような

このテイストは好き
この作品からケイトベッキンセイル様にハマりました。魅力的すぎて、、。
終盤は結構ドッキリさせられました。
®

®の感想・評価

3.3
グロテスクでない古典的なホラーが観たいと探していたら見つけた作品。
カバーの女優さんが雰囲気あったから、期待出来ると思って。

ケイト・ベッキンセイルは何処かで見たことあるな…という微かな記憶だけ。
なのだけど、同性の私でもドキドキするほど魅惑的。

穢れを知らない雰囲気もありながら、蠱惑的な微笑みで、綺麗な身体を惜しげもなく披露するとかズルい。
これは取り込まれない方がおかしいというもの。

ストーリーは突出したものはないけれど、衣装や映像に雰囲気があって○

ケイト・ベッキンセイルの魅力にクラクラする作品でした。
Yuki

Yukiの感想・評価

3.4
ホラーとしては展開も読めるし、特に怖いところもなし。
色気は凄まじい。
ケイトのち●を観る素敵な作品。偽●ちでは無い感じが好感が持てますよ。
雰囲気は最高に美しい。
1995年の良質ホラー☆

ケイト・ベッキンセールがエロ美女過ぎるww
裸族か!ってくらい、よく脱ぐし♪
主演は、最近だと海外ドラマ「エレメンタリー」NYPD警部役のエイダン・クイン。

怖くはないし、展開も読めてしまいますが、お金をかけてしっかり作られたホラーでした!



1928年イギリス。

ケンバリ大学の心理学教授デビッド(エイダン・クイン)。
幽霊や超常現象を全く信じない彼は、心霊現象や降霊会のインチキを調査して暴いている。

ある日、ミス・ウェッブからの依頼で、エドブルック邸の調査にやって来た。
そこには美しい女性クリスティーナ(ケイト・ベッキンセール)とその兄2人、ばあやであるミス・ウェッブが住んでいる。

様々な不可思議現象が起きるものの、兄弟達のイタズラだったりして調査は難航。
そこへ、23年前に亡くなったデビッドの双子の妹が現れる。

果たしてこれらの現象は、イタズラなのか?
ミス・ウェッブの妄想なのか?
それとも自分がおかしくなってしまったのか??



クリスティーナと兄2人が親しすぎて気持ち悪いww
妹の裸を描いたり、裸で湖に一緒に飛び込んだりと、怪しさ満点でした~
でも、それにも納得してしまうくらい、ケイト・ベッキンセールが美しいのです☆
顔も身体もパーフェクト!!!

演出で色々燃えたり爆発するのですが、それがCGではなくちゃんと燃やしてるのは良かったですね~
幽霊の出し方も丁度良かったし、邸宅の豪華な感じも素敵☆

正統派なホラーでした!
>|