ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼの作品情報・感想・評価

「ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ」に投稿された感想・評価

ダコタ・ファニングの目の下のクマが怖い。お前がチャーリーかい!ってなるよ。
同じ題材を扱ったものとして例えば『シークレットウィンドウ』のような拍子抜け感は否めない。しかし病んでいる子供をダコタ・ファニングが好演しており、それだけでも一見の価値がある。

デ・ニーロのあるシーンについては『ケープ・フィアー』を思い出した。

浴室のカーテンを捲るシーンが複数あるが、『サイコ』を意識しているのかもしれない。もしそうだとしたら鑑賞者に早い時間帯から「察し」をつけさせる洒落た趣向と言える。
WOWOW 録画鑑賞.
ダコタ・ファニングの綺麗な青い瞳が印象的でした。カラコンでは出せない本物の美しい青い目に、嘘はつけないので、
本来の自分である人格が出て来ちゃったと思いました。
yuri

yuriの感想・評価

3.0
夜みたからかな、滅茶苦茶こわかった
狂気染みたかんじが苦手なのか
あーこわい。
ザン

ザンの感想・評価

2.9
ダコタ・ファニングはどこでも困惑、恐怖、孤独の演技をさせられる気がする。デ・ニーロとの共演の話題先行で話自体はあまり面白くない。
牛タン

牛タンの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

幽霊系のホラーだと思っていたので、ミステリー要素が強くて、楽しく見れた。
どんでん返しがあると宣言されたら、読めてしまって、面白さ半減かも。

ツッコミながら見ていたら、後々伏線だったとわかって恥ずかしかった…
anjie

anjieの感想・評価

2.5
キャストに惹かれて映画館へ。内容よりも、音楽が怖かった。私の中で音響効果賞、差し上げます。

ニューヨークってマンハッタン島の都会的なイメージしか無かったが、郊外もあるのですね。
ハッチ

ハッチの感想・評価

3.7
ありがちやったけどこれ好きやな
ほどよく怖い感じがいい
やっぱり遺伝ってするもんやな🙃
KH

KHの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

チャーリー

奥さんが死んでしまったデニーロとダコタは湖畔の家に引っ越す。ダコタは精神的ショックもあってかチャーリーというイマジナリーフレンドを作る。最初は空想上のものかと思っていたデニーロだが次第にダコタ一人ではやったとは思えない事態が起きだして、、

これだけは言わせてほしい。
多分何憶回も言われていることだろうけど。
この映画のダコタファニング、マジで天使。

はい、皆さんは自分がダコタファニングが可愛いってだけで高得点をつけたと思われていそうですが。。その通りです。
嘘です。実際話としてはチャーリーが誰なのか?そもそも存在するのか?っていうのに焦点があてられると思うんですがそこを楽しむんではなく、それを最後まで悟らせない(まぁ消去法でわかるけどそれは野暮ってことで)デニーロとダコタの演技を楽しむ映画になっています。
あくまでかわいいってだけじゃなく演技面も合わさっての天使なので、そこは誤解なさらぬよう。
nagisa

nagisaの感想・評価

3.4
まさかのそういうこと!?ってなって怖かったけど面白かった 😳ダコタ・ファニングちゃんめっちゃ可愛い〜!
>|