女子高生のはらわたの作品情報・感想・評価

女子高生のはらわた2009年製作の映画)

製作国:

上映時間:53分

2.4

「女子高生のはらわた」に投稿された感想・評価

sin182

sin182の感想・評価

1.2
全力早送りで鑑賞。

コメするのも面倒い(笑)
青山

青山の感想・評価

1.8
不良女子高生を更生させるための更生施設が舞台なんですが、設定がもうめちゃくちゃ。

とりあえず更生施設に入れられた女子高生たちの両親は惨殺されます。え、更生とは?と思いました。
主人公は真面目な子なのに理由にならないような理由で更生施設に拉致監禁されます。え、更生とは?と思いました。
次に女子高生たちは怪音波でゾンビ化させられます。え、更生とは?と思いました。

そう、実は更生施設というのは隠れ蓑で、死んだマッドサイエンティストの娘による父親の発明したゾンビ化装置の実験場だったのです!なんでやねーん!

そんなわけでもう最初っから話について行けなかったので仕方なく話以外の部分を楽しもうと思いましたが、うん。
せっかく女子高生なのにあんまり可愛い子いない......ってのはまぁ失礼だから言わないでおきますけど、スカートの下にスパッツ履いてるのはどういう了見でぃ??女子高生がアクションするなら見えそうで見えないたまに見えるパンチラを入れなきゃいけないことはアメンボでも分かります。なぜパンチラを入れない。アメンボ以下かよ。というわけでエロ要素は皆無でした。じゃあタイトルで「女子高生」って名乗るな!

ゴア描写はまぁあまりにも作り物っぽいのを微笑ましく思えるなら頑張ってたと思います。4人のゾンビがなんの抵抗も逃げることもせずチェーンソーで次々首を切られていくシーンには爆笑しました。素直かよ。逃げろよ。

どうしようもなくちゃちくてしょーもない映画でしたが、一つ気に入ったセリフがあるのでそれを引用して終わろうと思います。

「映画でくらい人殺したっていいじゃん......夢見せてくれてもいいじゃん......」



※尚、DVD併録のオマケ短編「血塗れ風呂屋」が本編より面白かったのでこの後引き続き感想書きます。
不良生徒を拉致監禁する女子高生倫理更生施設。
とりあえず不良娘たちの両親やペットを惨殺、よくわからん原っぱで更生行動をさせられるかと思いきや、いきなりのゾンビ化。

亜紗美姐さん以外はズブの素人にも見えるキャスト軍。
亜紗美姐さんみたいな先生っぽい人いたら脳味噌が沸騰しそうですが、亜紗美姐さんの笑顔の眼鏡にはしっかりスタッフも写ってます。まぁ写っててもおかしくはないんだけど。

ただスプラッタ要素については頑張ってる感ありました。妊婦とかね。
存在自体が計り知れない、それがJK…。

エロそうなジャケットで借りた作品(笑)
タイトルからしてB級なんで、エロさ以外は期待せずに見る事にした(笑)

反社会的なJKを集めて矯正する施設が実は…、って話し。
エロくねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ(笑)
JKみんな微妙やし、全員スカートの下にスパッツ履いてるし、アクションダサいし、なにより演技がへっぽこ過ぎる!(笑)
設定もめちゃくちゃやし、ダメダメ過ぎやって!
謎の施設なんだけど、矯正するためにJK拉致するのは置いといて(笑)、拉致したJKの親殺す意味わからんし、変な装置でJKをゾンビ化するのはもっと意味わからん(笑)
ラストもなんだかなぁ…。
結構グロいアクションシーンが続くのに、全く盛り上がらない。
とにかく、見るだけ時間の無駄な作品。

特典映像に短編が収録されてるんやけど、こちらはおっぱい丸出しのエログロでした!(笑)
面白くはないけどね(汗)
「究極の背徳は、カニバリズムよ…!」
「…映画でくらい、人殺してもイイじゃん。夢見せてくれてもイイじゃん…!」

―――ぶははは、何じゃこりゃ。(笑)
亜紗美姉さんの無駄使いに見えてくる。

…しかしこれは、あくまで前座。本編は、“特典映像”として収録されている、『血まみれ風呂屋』なのです…!☆

(→『血まみれ風呂屋』のレビューに続く)
この手の映画はそこそこ見てきたが、こういう本当にレベルの低いものを見ると友松映画がどれだけすごいか、レイプゾンビがどれだけまともか再認識させられます笑
そして我らが亜紗美姉さん、彼女が一番演技がうまい(いや、厳密には演技がマシ)!

うーん、すごいよ女子高生のはらわた!
何がしたいのかわからなかったよ!
演技も小道具もしょぼかったよ!
でも監督のやりたい放題詰め込んでみました精神は嫌いじゃないよ!
謎の軍団に拉致された女子高生数十人。そこは不良娘を更生させる施設だったが、サイレンの音と共に女子高生達はゾンビ化し、人間の本能カニバリズムの世界へといざなわれる…

先日友達が泊まりに来たんですけどね、このDVDをね、うっかり机の上に置いたままにしてたんですよ。
あとはもう…分かりますよね?

「え…み、みゆちゃん…?じょ、女子高生のはらわた…?」
「あっ、ちょ、これはちがっ」
「え?こっちはムカデ人間?しかも3?」
「あ、ハイ…」

ズートピアで泣いたというピュアハートな友達に深い誤解を与えてしまった気がする…
余談失礼しました。

これ、はっきり言って常人が借りる映画ではないですよね…。
もしあたしがツタヤの店員ならコレをレジに差し出された時、チラッと顔見てしまうわあ。

女子高生のはらわた。

感想は思いのほか面白い!っていう。超B級、C級だと思ってたけど、いや、そうなんだけど、スプラッタ描写やアクション、ゾンビの動きなど思ったより頑張ってた!
チェンソーで4人連続首パッカーンシーンなんて、いいじゃん!と思うほど。ダラダラと長引かせない53分という短さも褒めたいし、なかなか良かったんじゃないでしょうか。

こういう邦画をもっと見たいねェ~~
女子高生のはらわた…
タイトル100点!
個人的には女子大生のが好きだが
言葉の響き的には女子高生のがエモい
タイトルだけで惹かれてしまう変態さんは僕だけじゃないハズだ

さらにパッケージの裏を見れば西村喜廣監督の愛に満ちたコメントが
見ざるおえませんわ!

まぁ、超低予算のバイオレンスホラーなんで演出も脚本もアクションも稚拙ではありますが
派手なスプラッター撮りたいんや!っていう気概が感じられる良作
女子高生がたくさん出てくるんで女子高生好きにも
女子高生がたくさんおっ死ぬんで女子高生嫌いにも
ゾンビと化した女子高生に噛まれたい!ってマニアにも
万人向けの女子高生映画でもありますね

キャストはほとんどが素人か?ってかんじだが
我らが亜紗美姉さんがきっちり引き締めているので安心して観ていられます
じじぶぅもいるよ!

そして何よりこの作品のハイライト!
妊娠してる女子高生が○○を○○から○○して○○するシーンがな!
いや、倫理観無視のヒドいシーンですがね…素晴らしかったです!拍手!

あとね特典で入ってる「血まみれ風呂屋」っていう短編が傑作なんですがね!
とりあえずリクエストメールしておいたんで登録されたら改めてレビューします
なかったのでリクエスト…
一緒に入っている血まみれ風呂屋という作品がいいです!