ゴーストスクワッドの作品情報・感想・評価・動画配信

「ゴーストスクワッド」に投稿された感想・評価

FREDDY

FREDDYの感想・評価

1.4

このレビューはネタバレを含みます

鬼才・井口昇監督が自主制作映画第3弾として完成させたダーク・ファンタジー作品ということで。まず言いたいのは、本作はとにかく"くだらない"ので期待して観るほどのものではありませんし、ツッコミどころも満載。塩澤アカリを演じた神門実里をはじめとしたキャスト陣の演技はお世辞でも上手とは言えないものですし、開始早々観る気を削がれてしまったのも事実。本当にくだらないアイドル映画でした。ただ、観れば観るほどこの"くだらなさ"が癖になり、気づけば最後まで飽きることなく視聴していましたし、柳杏奈が演じる、父親のDVを受けながらも自立できずにいる後藤リカと、この世の無念を晴らし天界へと昇るため「幽霊復讐部・ゴーストスクワッド」として残虐な犯人たちに戦いを挑む、理由もなく無残に殺害された少女たちの幽霊を軸に描かれる物語もありきたりではあるが、悪くはない。登場人物らも個性的ですし、人を選ぶ作品であることに間違いはないのだが、"B級映画"が好きな人には楽しめるのでは。オススメはしませんが。
井口昇監督ファンだからこそ言う!
なんだこの中途半端な映画は!w
まずね女子高生リンチ殺人事件が
ネタとしてあるのだろうけど
不謹慎だと思う。ましてやバカ映画なのだから
事件を思い起こすようなことはやってはいけない。
気分が悪くなりました。
これでPG12食らってるんじゃないの?
それと個人的意見なのですが
レズが嫌いなのでレズシーンが気持ち悪い。
しかも普通の映画ではNGな舌入れまでガンガンある!w
これでPG12食らってるんじゃないの?(二回目)
そこで中途半端なところ。
今までの「スシタイフーン」レーベルじゃなくて
自主映画作品だということですこぶる低予算。
低予算でこんな大作作ろうとするのが無理なんですよね。
カメラワークとか全体的に井口ワールドそのもの
なんだけど血糊とか明らかに薄い。
ちゃっちいCGとせこいロケ。
さらにはアイドルかなんかしりませんけど
申し訳ないですが出演者全員○スって
ありえなくないですか?
演技はともかく映画に出演するならそれなりの
ビジュアルが必要だと今回再認識いたしました。
メインの幽霊の子があまりにも酷いので
気持ち悪くなりました。
案の定後半全く出番がなくて。これ大人の事情ですか?
まあそれはさておき流石井口昇監督だなぁ。
話は面白いしバカだし泣かせるエピソードも御約束。
ただこの映画井口ファン以外には勧められる映画ではありません。
マニアだけ観てください。
「覚悟はいいかそこの女子」とか「悪の華」とか
大作も撮れるのになぜにこんなクソ自主製作映画なんか
やるのでしょう?不思議です。
やるならスカトロやる監督なんですからそこまで
やってほしいですよね。
あの傑作「恋する幼虫」なんかもいいですよね?
がんばれ!井口昇!!
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

3.0
女の子がみんな可愛くない‼️
とは言え可愛くない子にはどんな酷いことをしてもいいなんてことはない‼️
復讐する権利は誰にでもある‼️

って事で、すでに死んでしまった女の子たちが、酷い目にあわせた現世の男への復讐を頑張る映画。
そりゃくだらないですがこれがまた面白かったです。特に、オチのつけ方が意外とまともで驚きました。
女子高生コンクリート詰め殺人事件や名古屋アベック殺しをバリバリわかりやすくモチーフにしてるけど、その辺を茶化してるわけではないので、私は嫌悪感とかは感じませんでしたよ。
ジャンル:
 
ファンタジー、ホラー
 
 
 
ストーリー:
 
父親の暴力に悩む気弱な女性【リカ】は、少女の幽霊【ケイコ】【アカリ】【ヨシエ】に取りつかれ、自分たちを殺した犯人に復讐し成仏することを手伝って欲しい、と頼まれる。
 
しかしその為には、リカが生死の境を彷徨う状況に陥らなければならず、命懸けのリカと幽霊少女たちは、手始めにケイコを殺した犯人に復讐するが・・・。
 
 
(シネマトゥデイより改変)
 
 
 
コメント:
 
他の人はどう受け止めるか微妙だけど、俺は面白かったよ。
 
【井口昇】監督の「片腕マシンガール」「ロボゲイシャ」「自傷戦士ダメージャー」「キネマ純情」などの成功要素を取り入れた集大成的な作品になっている、と思った。
 
元になった事件を知っているからかもしれないけれど、被害者の怒り・悲しみ・恨みについて、改めて気付かされたな。
 
 
井口監督作品になくてはならない福田裕彦の音楽、今回も素晴らしい。
 
主人公4人が所属しているアイドルグループ【ノーメイクス】を卒業した【中村朝佳】が出演しているのも嬉しい。
 
べりす

べりすの感想・評価

3.0
寝落ちして見直した。
最初ツインテールの子が椎名ぴかりんかと思った!w

みんな死んだ理由が結構エグくてビックリ!
ぶちゃ

ぶちゃの感想・評価

2.5
井口昇らしさは感じる
良くも悪くもそれだけなんだけど、なんか大人しくなってない??
百合あり、スプラッターありと、井口監督の趣味全開。ただこの映画はノーメイクス主演の前作『キネマ純情』と比べて、明確な「死生観」や「罪と罰」といったシリアスな井口監督の思想を強く感じた。

自分はそんな監督の純粋さに共感したが、そのメッセージ性の強さが人を選ぶ映画になっているようにも思う。

また前作に比べて、ノーメイクス個々のメンバーの個性がより際立っていて、アイドル映画としても今作の方が面白いと感じた。
yasshy

yasshyの感想・評価

1.5
井口監督パワーダウンしてない?
ばからしさも、スプラッター度もなんかおとなしくなってしまった感じがする。
もっとぶっ飛んでて欲しいんだけどな。

主演のノーメイクスですか。スミマセン、全く知らない方々です。
エンドロールの時に本人たちが主題歌を歌っているんですが、
・・・思わず苦笑いしてしまいました。

元々が女優さんたちのユニットなのですね。ググってしまいました。
既に解散されたとのことで、
まぁ、それぞれ女優さんとして頑張ってくださいとしか言えないな。
小森

小森の感想・評価

-
井口昇の性癖と思想をこれでもかと詰め込んだ娯楽作。チープで素人を使ってるのに唯一無二の面白さがあるのはさすがだと思う。ピュアど変態井口昇の集大成のような映画。今までで一番見やすいので、これで井口昇に興味を持った人は是非彼が出てるアブノーマルなAVを見てドン引きして欲しい。
我が愛すべき井口昇監督作品。
いつもながら脚本は御都合主義で荒削り。
しかも演出はハッキリ言って稚拙。
でもこの人の作品はたとえ”おふざけ“であってもいつも何か伝わってくるものがある。
それは多分、この監督の根底に観客を楽しませようとする思いやりがあるからなんだと思う。
(でもいつもファンじゃない方からすると駄作と評されても仕方ない出来ではある)

鬼畜どもによって殺されてしまった女性たちの無念をせめて映画の世界で晴らしてあげたいというメッセージは感じられたものの、低予算だったせいか残酷シーンに物足りなさを感じてしまった。
勧善懲悪モノであるだけに、敵を痛めつけるシーンは徹底的なゴア描写でカタルシスを味わわせて欲しかったなぁ…。
オープニングのノリはいつもの井口昇らしさ全開で楽しかっただけにそこはとても残念。
(切腹させて腹から出た血をジョッキに注いで飲ませるとことかね)

ただ、彼女たちの”復讐“がぶっ殺しまくるという形ではなく、加害者どもに『罪悪感を植え付ける』という形に着地したのはとても共感出来た。
誰もが子供の頃からこの『罪悪感』を叩き込まれて生きてきたはず。
本来これは大人が子供にしっかりと教えなきゃいけないことだ。
以前も他のレビューに書いたが、今時のガキどもは罪悪感のないヤツが多すぎる。

主演の『ノーメイクス』というアイドルグループは全く知らなかったが、適度に可愛すぎない所(褒めてます)がなかなか良かった。
ラストで彼女たちが走り去って行くシーンは結構泣かせる。

DVD特典の英語版予告編は最高(笑)
やっぱり井口昇監督はこれからも応援したくなる。