片腕マシンガールの作品情報・感想・評価

「片腕マシンガール」に投稿された感想・評価

評判には聞いてたけどなかなかです。
ストーリーに深みを求めてはいけませんが、、
しかしグロとシュールな笑いを楽しむには最高でした。
好き者でなければおすすめできません…
おっぱいが出ないC級映画の価値とは?

ちなみに制作インタビューでの監督のお言葉。「もうこの映画では女子高生が悪い奴らをメッタメタにします!メッタメタです!」
……はい、だいぶ素晴らしいインタビューです。

しかし映画の中身は、映画だから物語だからいいじゃん?っていう素人専門学生が考えそうな浅はか極まりない作りで構成された、楽し〜い映画です。
ツッコミどころなんて野暮な事いわない!!楽しめ楽しめ!!

って思いながら観たけど、とりあえず内容きもすぎて死ぬかと思った。

グロい映像ってクオリティ高いほどむしろかっこよく観えてクオリティ低いほどそのグロさとのアンバランス感がとにかくキモい!!ほんとに吐きそうだった!!オススメです!!!
『007は二度死ぬ』や『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』など、洋画に出てくる「間違った日本描写」が大好きなぼくにとって97分それしかないという本作はまさに極北(しかも、それを日本で作るという贅沢さ)。

女子高生の片腕にマシンガンというキービジュアルの一点突破に思われがちだが、しっかりコンテを切ったアクションシーンはやたらとカッコよく、ファンゴリアで特集されるほどスプラッターホラーとしても本格派でレイプリベンジ要素など、エクスプロイテーション映画に必要なものはすべて入ってると言っていい。

当時、とにかくこんな映画を待ってたと感動したが、10年経っても新鮮。新世代の『混血児リカ』として改めて評価したい。
hideharu

hideharuの感想・評価

2.8
2018.10.19 イギリス版ブルーレイで鑑賞。

すでにDVDで何度か鑑賞していますが今回久しぶりに見ました。

最近、聞かなくなりましたアメリカのメディアブラスターが資金提供して日米合作として制作された。その割にはあまり金がかかっている感じがしませんけど。

「ロボ芸者」に比べればまだ真面目に井口監督も取り組んでいる感じがします。あくまで井口監督の作品で比べると、という事です。展開はぶっ飛んでいると言うかバカバカしいと言うか、まあ真面目な人が見るような映画では無いと思います。
バカをやっているのを楽しめる映画ファンでないと怒りがこみ上げてくるだけかも?

大残酷に過剰な血飛沫、あり得ないアクション。ギャグとしか思えないオマージュは楽しくはありますが決して笑える訳ではない。
役者も素人に毛が生えた程度でハッキリ言って下手くそ。

血まみれでバカ丸出しのアクションエンターテイメントです。

腕付けマシンガンの製作者を演じている石川ゆうやはホモソフトポルノ「兄貴と俺」で兄貴を演じてた俳優だけどホモじゃないの?
日本人が海外の制作会社で作ったスプラッター映画。

正直ここまで面白いとは思わなかったわ、、
日本のB級の代表とも言われてても中々手を出さなかった10年間が悔やまれる。

想像通りの破茶滅茶なアクションと血ダバダバの首ポーンなんだけど、見せ方が上手いからか引き込まれてあっという間に終わった。

こういった映画のお決まりでもあるお色気もあるっちゃあるけどさりげなくだしそれより血が凄すぎてそれどころじゃないww

主役の八代さんの修羅っぷり見事だし、敵側のムカつき具合も振り切ってて普通に腹立つやつばっか!
殺せ殺せー!って気持ちで見られます。
そしてちゃんといやそれはwみたいな笑いどころもあって良いエンターテイメントです。
おっと

おっとの感想・評価

3.5
思ってたよりおもしろかった!!
変なもの突き詰めていくとこうなるだろうなって映画。


片腕マシンガンガールだと思ってたけど片腕マシンだった。マシンガンだけじゃなかった。

服部半蔵の子孫、左手の天ぷら、息子鍋、スーパー遺族、剣山腕相撲、チェーンソー、ドリルブラ……とりあえずこんな感じ。いかにもアホっぽい。楽しい。
ドリルブラ一番つっんこだわ。

血しぶきがホースで水まくレベルだったり色々笑う。3分に1回グロい。変なゾンビ映画よりきっとグロい。
ラスボス的な人の死に方がちょっとかわいそう、おしっこで死ぬ。

アクションはカメラの角度で当たってるように見せる気もなさそうだし物足りないけど、気合いだけは十分でおもしろい。切られる人形とかの使い方もおもしろい!しかも相当な数人形が出てくる。
お芝居もめちゃくちゃ棒読みだし下手だけどなんとなくクセになった悔しい。

「〜だわ」「〜じゃねえか!?」みたいなセリフばっかで腹立ってくるけど狙ってるなら当たってる。

忍者も忍者らしくないし(ほぼキルビル)強いのか弱いのかもわかんないけど血の量だけはどんな映画にも負けてなさそう。

噴水
Lenely

Lenelyの感想・評価

2.9
カナダの知人から輸入品のBlu-rayを頂き再鑑賞したが、ガサツなバイオレンスアクションで娯楽性の高い珍作。
見てよかった作品!
タイトルも良いよね!!
バカでバイオレンスで最高だよね!!!
予想に反して面白かった

えげつないグロ描写が続くけど、見慣れた人にはギャグにしか思えないかも

ぶっ飛んだ映画ってやっぱ面白いなー

同時期に公開された東京残酷警察はちょっとヤバそうなので遠慮しとこ
jojo

jojoの感想・評価

4.0
全編おバカパワーに満ちまくったバイオレンスバカ映画。

忍者やくざに愛する弟を殺された女子高生が失った腕にマシンガンを装着し 復讐しまくる映画。もうこのあらすじだけでいかにおバカかお分かりでしょう。

冒頭から残酷描写が凄まじく、とてもお薦めできませんが、邦画でこんだけパワーがある映画はめずらしく自分は楽しめました。
タンラティーノの「キル・ビル」とかが好きな方にはお薦めです。
>|