脱衣麻雀バトルロワイアルの作品情報・感想・評価

脱衣麻雀バトルロワイアル2011年製作の映画)

製作国:

2.1

「脱衣麻雀バトルロワイアル」に投稿された感想・評価

長年気になっていたものの勇気無くスルーしていた本シリーズ…
ポンコツ映画をこよなく愛するネコ科のフォロワーさんが大絶賛?してたんで勇気出して観てみたよ!

脱衣麻雀で勝負して全裸になったらぶっ殺されんよ!って話

楽しかった〜!ゲラゲラゲラゲラ
これは文句なしに平均スコア底上げ対象作品でしょ!

いやな、これ、麻雀映画言うよりも、デスゲーム映画言うよりも、単なる川連廣明の悪ふざけ映画やけどな
川連廣明演じるMc.KATOはこの死の脱衣麻雀の司会進行役なんですがね、命懸けのゲームを前にプルプルなったりキーキー!なる女子達を前に全力でチョケよるんですわ

脱ぎたて靴下をクンカクンカして「う〜ん、金木犀の香り」
Mc.KATOのランジェリータ〜イム!ブラ、一本釣り!
Dカップ VS Cカップ…勝者Cカップ!
ペンはパンツより強し!
と、まぁMc.KATOの独壇場でしてな、くぅ〜…マシンボーイにも金木犀の香りクンカクンカさせろ!ぺろぺろぺろぺろ、なりましたわ、ゲラゲラ

ちなみに脱衣麻雀デスゲームに参加する女子達は全部で5人出てきます!ヒロインはコンビニで働くフリーター、あとは弁護士に、主婦に、アイドルに、メイド服
彼女たちが命懸けの麻雀を前に服だけではなく心まで脱がされ丸裸にされるワケですが、アイドルが1番ブスでおっぱい萎んでるんはどうかと思うわ(ジャケは修正されてんな!)、スク水の無駄遣い!あとすぐ感情的になる弁護士もな…
マシンボーイは主人公のフリーターの子が1番ぺろぺろなったよ、ぺろぺろ、顔立ちも可愛らしいし、おっぱいも綺麗やし、何よりめちゃ優しい良い子やねん、ぺろぺろぺろぺろ、はぁ、マシンボーイにも金木犀の香りクンカクンカさせろ!ぺろぺろ

最寄りのTSUTAYAにはこの1作目しか置いてないんやけどな、すぐにDISCASでシリーズまとめて登録することにするわ!


そんなことより(そんなことより、って…)、麻雀女子映画の金字塔「咲 -saki-」の2作目「咲 -saki- 阿知賀編」がリリースされてっからよ、みんな是非観てくれよな!
マシンボーイはもちろんすでにAmazonさんから届いたBlu-rayで再鑑賞済だ!やっぱりめちゃ楽しい!
それに、主人公のしずちゃんを演じる桜田ひよりちゃんぺろぺろやし、くろちゃんを演じる恒松祐里ちゃんぺろぺろやし、それにやっぱり美波ちゃんぺろぺろぺろぺろぺろぺろよなぁ!
でも美波ちゃんが出世し過ぎちゃって、3作目出来るのかだけが心配…
ちゃん

ちゃんの感想・評価

2.9
人生オーラス!
鳴いてアガるか、泣いて死ぬか‥‥!
ってキャッチ、お上手です ( ・᷄д・᷅ )

「裸になった時にあらわになるのは身体だけでしょうか…?」

コンビニでバイトし生活をしていた主人公は、ある日突然拉致されて目が覚めれば地下牢。部屋の真ん中には雀卓だけが置かれており、同じように拉致された主婦・女子高生・弁護士の3人の女との脱衣麻雀を強要され…

いやー。
ずーーーっと気になってたんやけどシリーズ作品が何個もありすぎてなかなか手が出せなかった本作、やっと見たぞーい。

そして。
声高らかに言いたい。
おもしろいぞーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!

いやービックリした。多分嫌いな人はめっちゃ嫌いやと思うけど、ちょっとちょけてる映画が好きな人にはオススメ。
あとは麻雀のルール分からん人にはちと退屈かもしれん。まあメインは脱衣シーンなんやけど、個人的には脱衣シーンより麻雀タイムがおもろかったかな。

一番可愛いメガネッ娘の26歳ヤリ手弁護士が、脱衣の一環でメガネもとるんやけど、メガネフェチのあたしとしてはそこでめちゃくちゃ萎えましたわ。メガネあったらめっちゃ可愛いのに。メガネッ娘映画あるあるよな、肝心なとこでメガネとるって。しかしこの子はおっぱいもめっちゃでっかくて綺麗でなかなかいい感じの子でしたぞ!ウホッ!

平均評価が⭐︎1.7なのでオススメはしにくいし、あたしにオススメされたからこの作品って見る人もいないと思うが、なんか我いけそう!って人は見てみて。

888本目でした。お粗末様でした。
まぁおっぱいは出るんですけど、案外エロくもなく、演技力のかけらもない謎脱衣麻雀が繰り広げられます。や、ほんと皆無。
多分、無心で鼻くそほじってたほうが有意義です。
きたむ

きたむの感想・評価

1.1
B級どころかC級映画です。
タイトルのインパクトからの内容ですが、更にパンチが効いてます。
急に地下に連れてこられた4人の謎の女性たち。
どうやら何らかの借金をして地下に連れてこられた設定になってます。
その中で脱衣麻雀をしてもらうとMCのおっさんから報告を受け、訳もわからないまま対局。
ところがどっこいみんなの打ち方がプロそのものです。
次々に放銃し、脱がされていく女性たち。
逃げ出せばいいのにってなりますが、首輪に電流が流れるシステムになっており、スイッチ一つで痺れてしまいます。
一番笑ったシーンとしては、負けてメガネを脱がされ牌が見えなくなるというアクシデントが起こります。いやいや、体の一部として換算したれよと(笑)
服を脱いだらSMの格好をしていたり、スクール水着を着ていたりと、謎の伏線が突如表れます。
本家バトルロワイヤルでお馴染みの殺人シーンですが、首の電流のスイッチを最大にされると、コテッと倒れて死んでしまいます。
エフェクトも何もないので、放送事故かと思うほどの演技です。
お腹痛くなるくらい笑いますが本人たちはシリアスに演じているので、ちょっとおっぱい見たい時に見てもらったらいいです。
djikuzak

djikuzakの感想・評価

1.4
地下でやらされているって設定なんですけど、画面が暗すぎて本当に、本当に暗すぎて肌があまり見えないし綺麗に見えないので…なんといいましょうか…