赤×ピンクの作品情報・感想・評価

「赤×ピンク」に投稿された感想・評価

ReN

ReNの感想・評価

2.8
Blu-rayにて鑑賞。

エロスとアクションを融合させた、ヌード商法で描かれた邦画だがそれなりに見応えはある。
邦画ではなかなか見れないキレの良いアクションからドロドロとした人間模様。
突っ込みどころはいっぱいあるが娯楽作としてこれはこれで良し。
ヌードの意味合いや不自然すぎるBGMは目障りだったが…。
hamayyan

hamayyanの感想・評価

1.5
赤×ピンク。血迷いましたねナニコレ珍百景。表面的な絵面とお話。地下アイドルたちの戯れ。ミーコだけ。あとは無し。カラオケ映像的。BGM邪魔。ガールズブラッド。多分本物の人もいるんだろうね。寛大なのか無関心なのか。女同士の戦いと肌とB地区が見たい人は見ればいいんじゃないかなと思いました。

**********

どけブス
Pudding

Puddingの感想・評価

3.8
10日ぶりに映画を見た。
やっぱ映画大好き。

監督が仮面ライダー、戦隊、ウルトラマンを撮った特撮監督なのでツッコミどころも含め、安定したストーリー展開でとても楽しめた。2時間あっという間に過ぎた。


キレッキレのアクションと迫力満点の絵力、心地よいボカスカ打撃効果音。蹴りによりかなりの勢いで壁に吹っ飛ばされたり、地面をゴロゴロ回転したり最高!

中でも敵に追い詰められ絶体絶命の時に仲間が助けに入る、どこかで何度も見た光景、こんな少年漫画展開が多く胸アツ。


一部R-15納得場面がありますが、頭使わず楽しめるガールズ青春バトル映画。

追伸:芳賀優里亜さん、本格アクション女優かと見間違えるほど動けていて、とても驚いた。あと榊英雄さんの狂った演技、いい意味で完全なるツボで爆笑しまくった。
あおい

あおいの感想・評価

2.5
お前、私の女になれ…

「ファイズ」のヒロイン真理こと、芳賀優里亜が主演のバイオレンスアクションドラマ。芳賀優里亜の体の張り具合、キレキレのアクションだけはみれる( ^ω^ )

ストーリーは、
六本木のガールズファイトクラブ「ガールズブラッド」に所属する、ファイターたちがそれぞれの抱える問題を、戦うことを通じて解決していく話。

出てくる人は、性のことであったり、虐待の経験者であったり、今の自分を自分でも許容できていないところがあります。そんな人たちが、同じような境遇の人たちとの関わりで変わっていく話ではあるんですが、いかんせん間延びしすぎ。

しかも、ほとんど芳賀優里亜ともう一人の話ばかり。突然明かされるみんなの過去に、ただ驚くばかり。それなら、各キャラの登場時に紹介してくれたら良かったのに。

とまぁ、ストーリーの面はもう最低レベルです( ^ω^ )お世辞にも面白いとは言えません。やけども、アクションだけはかっこよかった!そして、まぁまぁエロい。泥んこバトルとかかなり。ライダーヒロインのヌードが見れる日がくるとはって感じ。真理が好きなら、観てもいいかも( ^ω^ )

あとは、水崎綾女もすごく頑張ってた。
ぬるいストーリーに2時間我慢できるかが、鍵となる映画。全くもっておすすめはできません。

Amazon Video#356
顔夕

顔夕の感想・評価

4.2
『ウォーリアー』『激戦 ハート・オブ・ファイト』にも負けてない(ような気がする)

アツいストーリーにかっこいいアクション。コスプレした女性がかっこよく闘ってるのが楽しい。

ただ、全体的に長い。濡れ場と特訓シーンが特に。

千夏がキンタロー。だった。
モモミーかわいい(´ー`)
Veilchen

Veilchenの感想・評価

4.3
対象年齢の制限が外れた坂本浩一ワールドはこんなにエロく力強かった
(細かい話を忘れたけど)女を描く映画として普通に好きだしレインボー・リール東京でやってもいいのでは感はある
チュン

チュンの感想・評価

3.2

みんなかわいいのに、、ヒロイン、、

この人たちがAV女優なのかわからないけど体張ったなー。蹴り方とかちゃんとしてるし、脱ぐし!めっちゃ体キレイだし!
S女ばかりでてきます。
リング上に台本があるかのような演出はいらないんじゃないか?本気でやってないならショーじゃん。
でも始めこそかっこよかったアクションシーンもずっと同じに見えてきて変化がなかった。ちょっと長すぎかな。
なぜ品川。
hulu鑑賞です。
私は楽しめました。だけどすごーくすごーく中途半端な映画であることは事実!!
B級映画かと思いきや冒頭の印象はかなりきちんと撮ってるな〜と。
夜な夜な繰り広げられる女達の非合法格闘技、ガールズブラッド。
一人一人の名前が紹介されますが全員キャラが濃すぎて覚えられません笑
でも覚えなきゃいけないのは4人だけでした。だから大丈夫。笑
皐月、千夏、ミーコ、まゆ。

試合は見てて面白いんだけど、意外とゆるくやってるところで幻滅。戦いというより、完全見世物ですね。試合途中で対戦相手とおしゃべりしたり。実際こんな感じなのかな?
あ、試合中にもおっぱいでてたから、たまらんですね。

ガールズブラッドの中で一番強いのが芳賀優里亜演じる皐月です。実は、性自認は男性で性同一性障害みたいです。胸はさらしでつぶして、男ものパンツ履いているけど髪は長くて化粧もしてる。これまた微妙。笑
女性恐怖症なのか?他のメンバーと一緒に着替えることかできません。
周りからどう見られたいのかよくわからんですが、とりあえず美人です。芳賀優里亜さん、モデルのイメージ強いんですが、今作ではフルヌード。すごいね。
ってかおっぱい綺麗すぎ。

そんなガールズブラッドに新メンバーが入ります。
謎多き黒髪美女・千夏です。
皐月は千夏に一目惚れしますが、試合ではボコボコにされます。千夏は名門空手一家の生まれで、DV夫のもとから逃げてきたのです。
そして、千夏はすぐに皐月が男性だということに気づきます。
まぁ色々あって(糞簡略笑)皐月と千夏は結ばれます。
このシーンが印象的でした。
せっかく部屋に2人きりになったのに緊張して避けてしまう皐月に、千夏が「皐月君、男らしくないぞ」と声をかけます。
うん、千夏のほうが男らしいんだなぁ。惚れちゃう。
事が始まると、笑っちゃうシーンがあって、、、。
huluだから規制された結果なのかな?
千夏のアソコが光ってました。
笑いました。
そして、芳賀優里亜はフルヌードに対し相手役の多田あさみは恐らく体の前面出しNGみたいです。
中途半端〜〜。

同時進行で、4人のうちのあと2人、ミーコとまゆのキャラが私は好きでした。まゆに至ってはかなり闇深いです。

そんなこんなで、千夏のDV夫のせいでガールズブラッドが解散の危機になり、、という後半です。

コピーでは少女と大人の間と書いてありますが、
A級とB級の間。
グラビアと女優の間。
エロと笑いの間。
まさに間のオンパレードで中途半端でした。
これちゃんと撮ったら化け物級に面白くなりそなのに口惜しい。
でも見応えあるし、最後まで飽きずに見れましたよ。
かぶと

かぶとの感想・評価

3.0
なんかエロいだけだったなーって感じ。

桜庭一樹好き的には微妙!!
でもアクションシーンはバリかっこいい!!!
って感じ。

あと、長い
わざとらしいコスプレと、ちょい古人気女優のヌードという安直な客引き。

おぞましいB級映画を匂わせつつ、思いの外ちゃんとした映画です。

女の子達がガシガシ殴り合います。

その割には長い!
>|