女高生レポート 夕子の白い胸の作品情報・感想・評価

女高生レポート 夕子の白い胸1971年製作の映画)

製作国:

上映時間:71分

3.2

「女高生レポート 夕子の白い胸」に投稿された感想・評価

セックスに興味津々の女子高生(片桐夕子)が、密かに思いを寄せている男性教師を積極的に誘惑していくのだが、相手が堅物であるために悉く失敗してしまう。日活ロマンポルノ黎明期に颯爽と登場したスター女優・片桐夕子の初主演作品。

端的に言えば、片桐夕子を売り出すための成人向けアイドル映画。都合の良いエロ・シチュエーションがてんこもりになっている。熱血体育教師というのが個人的に苦手なため、男性側に感情移入できないのが辛いところだが、熱血を逆手にとったギャグ要素や教師の童貞要素を汲み取りながらの鑑賞は、純粋に面白い。

本作デビューの片桐夕子は、水商売の匂いがする60年代のピンク女優とは異なるため、当時のオナペットとして十分に機能していたことが理解できる。しかし、女性スタッフに励まされながら、操り人形となって芝居をしていたという現場裏話を聞くと、何とも言えない気分にさせられる。

主人公に対してセックスの伝道師となるクラスメートの女子(高見由紀)がホラー要素を牽引している。この人の異物感を見ているだけでも十分面白い。カリカチュアされた世界観を楽しむための作品としてはこれで良し。