こどもつかいの作品情報・感想・評価

こどもつかい2017年製作の映画)

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:111分

2.7

あらすじ

新人記者の駿也は、郊外で起こった連続不審死事件を追ううちに奇妙な偶然に辿りつく。小さなこどもが失踪した3日後に、その周りの大人が死んでいるのだ。死んだ大 人たちはこどもに怨まれていたという。街の人々の間に広がる、“こどもの呪い”の噂。これは、事件なのか?呪いなのか?そして、駿也の恋人・尚美がふとしたことでこどもに怨 まれ、“こどもの呪い”が現実に迫りくる。尚美を守る…

新人記者の駿也は、郊外で起こった連続不審死事件を追ううちに奇妙な偶然に辿りつく。小さなこどもが失踪した3日後に、その周りの大人が死んでいるのだ。死んだ大 人たちはこどもに怨まれていたという。街の人々の間に広がる、“こどもの呪い”の噂。これは、事件なのか?呪いなのか?そして、駿也の恋人・尚美がふとしたことでこどもに怨 まれ、“こどもの呪い”が現実に迫りくる。尚美を守るため呪いの核心に近づこうとする駿也だが、2人の前に現れたのは、謎の男“こどもつかい”。男の笛の音と共に、物影か ら、廊下の奥から、そして背後から、次々に“こどもの霊”が現れ、襲い掛かる・・・!“こどもつかい”とは何者なのか?果たして2人は、この“呪い” と“怨み”から逃れることが できるのか―。

「こどもつかい」に投稿された感想・評価

従来のJホラーとはちょっと違うね ホラー苦手な人でも楽しめるんではないでしょかᐠ( ᐢᐢ )ᐟ
マダオ

マダオの感想・評価

1.6
タッキーは嫌いじゃないけど、ジョニー・デップを意識してる感がすごかった、、主役とは思えないほど出番も少なかった、、CGと特殊メイクがどちらも中途半端でした、なんかごめんなさい
子供をベランダへ追い出す母親、気になって声をかけるがベランダから消えていて・・・、ってところから始まる「ママじゃない!」ってお話

原作あるの?原作読むだけの方がいいかもなぁ、有岡クン、ヒルナンデス!でロケ行くだけにしておくれよ、これじゃあガキの使いにもなんないわ、あとタッキー、芸歴長いのによくこんな役受けたなぁ

ジャニとAKBが絡んでる作品は目につくところにそう書いておいて欲しい、ホント時間の無駄

白目になってワラワラ来たら子供だろうが犬だろうがパンダだろうが気持ち悪いの自明だろ
ゆみ

ゆみの感想・評価

3.5
怖くないのでホラーとしてはイマイチ。

でも何か考えさせられる映画。
中学生の娘が原作を読んだのですが本人曰く、今まで読んだ中で1番怖い本だったと(笑)
でも気になるらしく、自分は怖くて見れないからママ代わりに見て感想教えてと言われたので鑑賞😂

ちょっと待って待ってほんとに😂😂
びっくりするくらい怖くないです

きっと本(原作)なら怖いのかもしれないけど、タッキーだし、結果的にホラーと言うよりはファンタジーに近いのでは??
と思いました。

でも、ストーリーには一貫性があり、日本のホラー特有の意味のわからない感じはなく、そういう意味ではわかりやすいです。

虐待の話題はいやだったから仕方なく見たんだけど…、とりあえずあまりひどいシーンはなくてホッとしました。

タッキーよくあの役受けたなと思うけど、タッキーだから見れたのかも(笑)
有岡くんはジャニの中でも演技は上手いと思うし、好きです😊🎶
SAVE

SAVEの感想・評価

-
怖くない、という感想をよく見かけるので、そうなのか〜くらいの気持ちで挑んだらなかなか怖いじゃないですか!ドアノブのシーンは鳥肌が立った…清水監督は怖がらせ方がやっぱり上手い。

ただ、黒マント男の正体が分かっての後半は確かに怖くはなかったかな。でもピンクや青になったりの画面、サーカス小屋、体にペイントを施した子供たち等、奇妙奇天烈な世界観は楽しかった!なんか『少女椿』に似た雰囲気がある気もする、昭和レトロで不可思議な御伽噺。

あととりあえずタッキー演じる黒マントはかなり魅力的なキャラクターなので、観て損は無いです( *´︶`*)
【子供虐待】が根柢にあるホラー。
ん~結構つらい話ですね。こどもつかいが、うまいこと子供をたぶらかしてるなぁって気がしますね。やるせない話であるのがいいですね!
あとは怖いか怖くないかで言ってしまえば、ぜんぜん怖くない(笑
人形、サーカス、黒猫とか、子供の時にちょっぴり怖いなぁと思っていたものが出てきて、なんか最終的に楽しくなってしまった。
滝沢秀明も「こどもつかい」役がハマり過ぎでしたね。ビックリしました(笑)
酷評が多い中、自分は普通に楽しめた。ただ、自分の本名と主人公の人形の所有者名前がが同じで、タッキーに変態糞野郎と罵られて、ガチで凹んだw
びっくり、ある意味新ジャンル?
デビルマン評価つける気にもならない
ホラー風味の学芸会テイスト
ジャニーズ映画でしたw
あっタッキーだ、何やってんの!が拭えないキャスティングは問題(というか白塗りに打ち克ってしまう顔面造形が実の問題)だし、怖さの追求も放棄している模様だが、筋立てと展開がベタながらも小気味よく安心して観てられる。
清水崇お馴染みの嫌〜な変質者シークエンスもあり。
しかし、クライマックスを如何にもドメスティックなウェットさでもって乗り切るのは、盛り上がりに欠けるばかりか、一気に作品を鈍重なものにしてしまった。
児童虐待という重いテーマを、(直接的では無いにせよ)説明的に消化するのは映画としては避けるべきだと思う。
ファンタジーホラーと割り切って観るならば、そう悪い出来でも無いかと
>|