スキャナー 記憶のカケラをよむ男の作品情報・感想・評価・動画配信

「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」に投稿された感想・評価

okyk

okykの感想・評価

3.5
物に残された記憶・思念を読み取る力
設定とストーリーは面白いなぁと思ったんだけど
微妙なコミカルさがちょっと気になるところ
謎解きとしても、いい展開だと思うのだが、真犯人との対峙のシーンが少ーし長く感じちゃったかなぁ
もちろん、たっぷりやりたいシーンではあるのだけどね
萬斎さんのこういう役、結構好き
UberLoser

UberLoserの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

音楽がいかにもでキツい。コメディパートでいかにもコメディな軽妙な音楽。始まって13分ですでに三度も同じ曲が流れ、いちいち「うっ」と呻いてしまう。

台詞で笑わせるところに、先行してネタバレインサートを入れてしまう脚本つぶし演出。まじか。
残留思念から読み取ったイメージ映像に、誘拐した車のナンバープレートが読めるレベルでハッキリ映っている。なんて便利な能力だ!と思いきや、主人公はスルー。その後もついぞ触れられることはなかった。つまり脚本上は「見えてなかった」はずのナンバープレートなのだろう。まじか。だったら映らないように撮れよ。映っちゃったなら、ぼかせよ。誰も気づかなかったのかよ。雑かよ。

このように、何も考えていない雑演出が各所で足を引っ張っている。大事なところの緊張感にも欠ける。

犯人の設定にかなり無理があるが、その「無理」の部分が三秒くらいで台詞で処理されて苦笑。最後の記憶につながる構成は面白かったが、エピローグが長すぎて蛇足。

主人公についてはチラ見せのまま謎で終わる。美学というよりもシリーズ化を狙っていたように見えた。演出と役者(主人公ではなく相棒の方)が違えばもう少しなんとかなっただろうか。

企画2:演出2:脚本3:キャスト3=2.5
ゴッチ

ゴッチの感想・評価

3.4
思ったよりレビュー低くてびっくり。
割と好きな作品でした。野村萬斎さんの、演技が美しいです。
莉亜ria

莉亜riaの感想・評価

2.7
キャラがよく出来てた。
特殊能力をもつ主人公 仙石(野村萬斎)とダメ男やけど憎めない丸山(宮迫博之)
二人の掛け合いもよかった。
サスペンスとしては、2時間ドラマでもいい感はあったが、笑えて泣ける。
角度を変えてみると
なるほど……と胸につまされたラスト
usme

usmeの感想・評価

2.0
ピアノ講師の失踪、物から記憶を読み解くという特殊能力を持った男が解決する

[所持管理番号]
おみゆ

おみゆの感想・評価

2.0
野村萬斎さん目当てで鑑賞。
動きの美を封印していて残念。
残留思念でコンビ芸、なんて斬新。
ラストが想定外。
ちょっとした時間つぶしのつもりで見た

野村萬斎、いつもこんな演技なのか?
宮迫はいまなにしてるんだ?
木村文乃さんキレイだ!
エグい殺人事件ミステリー?
ちょっとオカルトっぽい雰囲気だね

なんてつらつら思いながら見てたら、ありゃりゃ涙が・・・
誤解が事件を生んだけど、本質すごく優しい話じゃないか

この作品もほとんど知られていないけど良かったなあ
安田章大も杉崎花さんも良かったと思う

そういえば結構はまった「夜行観覧車」とダブる出演者が数人いたね
大木茂

大木茂の感想・評価

1.0
やっぱ古沢良太きらーい

なんで野村萬斎さんこんなん出ちゃったのー?
ミヤサコはやっぱ好きキャシャーンの頃から好き

とりあえずどんでん返しで驚かせたいなら一幕で材料を全部出しとくべき
観客をミステイクで騙したいんだろうけど
後出しジャンケンなんだよな

解決編でなんか纏めようとしてるけど前半の話丸々要らないからねマジで

映画なのに安っぽいセットだし
スペシャルドラマレベルだよ

犯人役の力量不足が凄いな…
4人目は自分でしたってか?

逆にクソなんだからアイドルタイアップ曲使えよ!
KEITO

KEITOの感想・評価

3.4
どうしても『サイコメトラーEIJI』を思い出しちゃう世代。

“残留思念”を読み取ることができる超能力者、仙石和彦。かつては芸人の丸山竜司とお笑いコンビ“マイティーズ”で人気を博すも、この特殊能力のせいで人間不信に陥り、コンビも解散。今はマンションの管理人として静かな隠遁生活を送っていた。そんなある日、マイティーズご指名で人捜しをしてほしいという秋山亜美が現われ、ひょんな成り行きから丸山とともにこれを受けるハメになる仙石だったが…。

野村萬斎と宮迫博之というなかなか珍しいバディ物が気になり鑑賞。仙石役の野村萬斎は相変わらず変人演技が上手いし、丸山役の宮迫も芸人ならではの喋り演技が良かったと思う。とくに最初に商店街で単独ライブするところのたたみかけるような罵倒ギャグはちょっと笑った。笑えない綾小路きみまろみたいな。

前半は少しチープさもあり微妙さが目立つが全体的には悪くないと思う。特に面白かったのは倉庫で残留思念を読み取る場面。ここは記憶の映像がかなり怖いし、そこからトラックのクラッシュ、倉庫の爆発と派手にたたみかける演出がかなり良かった。記憶に出てくる犯人の不気味さもホラー的で良いと思う。

あと好きな場面は仙石が思念を読み取った人物から自分の能力を肯定される場面。思念を読み取ると、対象者が自分にすり替わるような感覚になるため「あなたの才能は素晴らしいわ」という台詞がまるで仙石に言ってるような演出なんですよね。犯人の意外性など楽しめるポイントは多いです。

ただやっぱりバディ物としては一度仲違いしたコンビが2人の力で立ち上がる描写が欲しい。本作は仙石と丸山が復活するきっかけが、真相に近づいたから勢いでまた一緒に行動するだけであまりカタルシスが無いんですよね。あと気になったのはラストに行くにつれ情緒的で長いのが好みから外れていました。

ツッコミ所も多いですが、なかなかの拾い物だったと思います。あからさまにB級全開なメインビジュアルを見た時は「なんかクソつまんなそうだな」と思ったんですけど(失礼)、オリジナル脚本の日本映画として良質な部類かと。古沢良太脚本って当たり外れの差があるイメージがあったので本作は当たりでしたね。やったぜ。
さくら

さくらの感想・評価

3.7
どんでん返しな感じとか、キャラクターとかがよかった。
割りと好き。
>|