呪怨2の作品情報・感想・評価・動画配信

「呪怨2」に投稿された感想・評価

kikiki

kikikiの感想・評価

3.6
フライパンで殴られた後の体の反応が忘れられない。響子が生きながら、狂ってしまうところが一番切ない。信之くんだけ生き残ってて、家の中を歩いてる視点が悲しすぎた。
すいか

すいかの感想・評価

1.8
観了。
ついでなので、オリジナル版の続編も観ました。

思わずヒットしたから取ってつけた様なストーリー展開だった。
これも当時観てたら怖く感じたのかなぁ?
今観ると、やっぱり演出が古く感じた。
1/3は前作のおさらいだったので、既視感満載だったのも否めない。
び

びの感想・評価

3.1
久々すぎてまったく覚えてなかったけれどこの頃から時空間の歪さみたいなの取り入れていたんですね(三宅版にもあった)。相変わらずウォーリーを探せ脳なので警察官ふたりの背後を通り過ぎる伽椰子の姿を見つけた瞬間は嬉しかった。さすがに連続で観たら怖さは半減してるし、まさか伽椰子まで増殖するとは思わなかった。
セリ

セリの感想・評価

3.2
やっぱりビデオ版呪怨好きだなーって感じでした!伽耶子増殖すきだし、下から出てくる伽耶子もめっちゃ怖かった。割とスタンダード怖いを詰め込んだオムニバスなってて、かなり楽しめた!清水崇監督すばらしいわー
akena

akenaの感想・評価

2.0
前半の30分はガッツリ前回の映像の使いまわしで、まじで寝落ちしそうになった。

伽耶子の呪いも怖いけど、狂人化した佐伯剛がヤバい。


これを観たあと、TVを観てたら映像が乱れて怖かった😭雷雨のせいだと信じたい!
酢

酢の感想・評価

2.5
前作の怖さは一体どこへ。30分程おさらいが続くのでまずそこで落ちかける。乗り越えた先もなんだかな……という仕掛けが続く。派手なことをやり出したのが興醒めでよろしくないのか、それともオムニバス毎の舞台をそこまでバラけさせないことが奥行きの無さを生んでしまったのか、ともかくあまり面白くないまま。
えー、まずは言いたいことがあります。

見放題Huluって書いてあるから、Hulu再加入したらラインナップにないんですけど🙄

これ常に配信情報を最新版にするのは無理だし、
調べないこっちが悪いと思うけど、
やられたーーー😭

みなさんも調べてからVOD加入しましょう...


呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪


はい。
呪怨マラソン🏃‍♂️ビデオ版『呪怨2』

1からの続きになってます。
前回のおさらいからはじまる優しいつくり☺️
...かと思いきや、収録70分のうち1と全く同じシーンが30分も続きます🙄
2の話は実質40分🙄
どういう構造してんだ🙄

そしてビデオ版の1は怖くていい感じだったのに、この2はあんまり怖くない🙄

呪怨が怖くできるのはあの家の中まで。
それ以上伽倻子を活躍させようとするとあまり怖くないという、後の映画のあまり怖くない出来を既にビデオ版が示唆してました笑


ホラープレデター部の心霊課題で色々考えましたが、
変な人+明確な悪意があるってのが人型の幽霊👻としては怖いんだなって思いました💡

人型である以上、一目見て人外だと思わせないといけない。
貞子のテレビからこんにちはとか伽倻子ちゃんのあ゛あ゛あ゛とか、分かりやすいですよね。
つまり奇行させればいいんですね🤔

で、ただ奇行してるだけだと怖くはない。
たまに街に変な人いますよね、失礼だけど。
変な人見かけても、怖いとは思わないもんね。
動きが奇妙とかだけではいけなくて、怖さの対象になるには明確な悪意があることがこちらにわからないといけない。

貞子は呪いのビデオの元凶で、呪いのビデオで次々と人が死んでくから、その親玉の貞子は絶対やゔぁい。

伽倻子もオムニバス形式で次々人を襲うからラストの本格登場シーンではやゔぁいやつとわかっている。


この視点でみたとき、本作は明確な悪意がこちらに伝わりづらかったですね。
伽倻子ちゃんとか呪いに乗っ取られてしまった人とか見た目の不気味さはあるんですけど、明確な悪意が感じられないので怖いまでいかない。


次はいよいよ映画版呪怨🥺
楽しみだなー🤤
珈琲の豆が

変わったとしても

目玉焼きの黄身が

半熟じゃなかったとしても

決して文句は言ってはいけない

🍳

この奥さんが一番怖かった。

心胆、寒からしめてやろう

清水崇監督のそういう思惑にまんまと乗っかるわけです。

前半、前作と同じエピソードなので、続きのところまで飛ばしてしまいました。アレを立て続けに2回は観たくはない。

それにしても怖いなあ。動きが速いんですよね。例えるならそう、ゾンビが走って追っかけてくるようなスピード感。雨の学校のシーンだけは、20年経った今でも強烈に覚えてましたね。でも昔観た時の方が怖かった気がします。若かったからなあ私も。

それにしてもともひろ大きくなったなあ。しみじみ。

このレビューはネタバレを含みます

前半はビデオ版1と同じ内容
後半は伽耶子が暴走して大人数に
近年の清水崇監督作品を彷彿とさせる
ちな私猫アレルギー
犬しか勝たん
Vシネ版2作目。冒頭から30分位までは前作のシーンが登場するので、あれこれ観たっけな?と一瞬勘違い。
前作同様雰囲気はまあまあ有るのですが、ちょっと演技が棒読み気味だったり、普通明かりを点ける所を点けなかったり(ホラーとしては暗い方がらしいのでしょうけど)、特殊効果が低予算故に?チープだったりと粗が少々目立つ印象を受けました。終盤の学校のシーンもそれまでの雰囲気を変えてしまうもので、首をかしげてしまいます。

学校のシーンでは、子役時代のハヤト・イチハラや、「学校の怪談」シリーズに出ていた子役もちょっとだけ見れます。
>|