輪廻の作品情報・感想・評価

輪廻2005年製作の映画)

製作国:

上映時間:96分

ジャンル:

3.0

「輪廻」に投稿された感想・評価

あ

あの感想・評価

2.5
怖さという部分に関しては皆無だったが、ホラージャンルよりサスペンスとして観て面白く感じた。後半に向けての構成は巧いと思う。合間合間に挟む香里奈パートへの移行のシーン切り替えはもう少し他の手段があったのかもしれない。
27

27の感想・評価

3.0
後半に気づかされる感じが好き。
あれを因果応報と呼ぶか…。
被害者側はそうだろうけど、自分が当事者にはなりたくない…。
マイ

マイの感想・評価

4.1
ジャパーニーズホラーの中ではダントツで好きな映画。古い感じがまた怖い
最後は覚えてるけど怖かったかどうか全然記憶がない。輪廻だった。
中盤から何してるんやこいつら.. ってなるけどなんとなく理解が追いついてきて、とりあえずラストの優香さんの演技は凄いと思います。
mee

meeの感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

全然怖くなかったーwもはやコメディかと思ったよ。笑えるシーンは多かった。

このレビューはネタバレを含みます

 
 
 
 
 

自宅(CS放送)にて何度目かの鑑賞(初鑑賞は劇場にて)。“Jホラーシアター”第二弾公開作で、『感染』・『予言』(共に'04)に次ぐレーベル三作目。清水崇の監督・共同脚本。この監督のベスト3に入る出来。一役を三人が演じ、劇中作のスタッフ迄登場する複雑な設定を簡潔に纏め、判り易いプロットでラストも佳い。このジャンルでは珍しく抑え気味で邪魔をしないBGMや効果音の使い方にも好感を持つ。ただ人形の件りはやや蛇足的に観えてしまうのと、椎名桔平演じる“松村郁夫”のステロタイプな“監督”が鼻に付いた。75/100点。

・主演の“杉浦渚”を演じる優香、まずますの合格点(特に終盤の表貌が佳い)。声質やキャラクターとギャップを感じる“森田由香”役の松本まりか、その意味でホラーと相性がよく印象的。“佐伯伽椰子”の藤貴子も出ている。

・鑑賞日:2012年1月2日
★☆ 某サイトより転載 ☆★
 
 
 
haru

haruの感想・評価

3.3
スタートからドキッとした。(私がビビりだから?)内容もただ怖いだけのホラー映画じゃなくて最後びっくり納得の結末で満足感が強い。
みぃ

みぃの感想・評価

4.0
試写会行ったなー
懐かしい!!

恐怖と悲しいのと、、

嫌いじゃない!
ptzkk

ptzkkの感想・評価

4.6
活が劇してるし、優香の発狂は最高だし、シャイニングだし、たまにゾンビしてるし、最高
>|