輪廻の作品情報・感想・評価

「輪廻」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

清水監督の作品の中では、これが一番好きかも。昭和45年に群馬県の山中のホテルで起きた連続殺人事件の映画化にあたり次々と起こる怪異現象。まず、舞台が不気味な廃墟と化したホテルってのが良い。

そして、ヲチの優香が殺人犯の中年男の生まれ変わり、香里奈は殺された犯人の娘、椎名桔平は息子であったという大方の予測を外してきたっていうのも良い。恐怖描写もなかなか。子役の演技だけが、やはり弱いかな。
p6d4

p6d4の感想・評価

5.0
【過去鑑賞】
個人的トラウマ映画。最初から最後まで怖い。僕の中であの人形はチャッキーやアナベルを抑えてホラー映画界隈最恐人形です。

小栗旬出てるの意外だった。呪怨のカヤコ役の人が出ててびっくりしたの覚えてる。

このレビューはネタバレを含みます

2006年鑑賞

これも清水崇監督の傑作の一つ。
「Jホラーシアター」第二弾作品

昭和45年(1970年)、群馬のホテルで客と従業員合わせて11人が殺される事件が起きた。
犯人は大学教授で、被害者にはその男の息子と娘も含まれる。

それから35年後、この事件を映画化すべく執念を燃やす監督が居た。
そして映画の製作が動き出すが、キャストや女子大生や全国の行方不明者たちが舞台となったホテルへ集まってくる…


この映画が魅力的な作品となった大きな要因の一つに、優香さんの演技があります。
この彼女は素晴らしい。
『羊の木』の彼女は別のニュアンスで最高だったけど、この作品では、この役をやる俳優として他の人は考えられないくらいの出来だと思った。

あと清水さんの作品という事もあって、藤貴子さんがやっぱ出てます。
白塗りじゃないですw

あと、松本まりかさん。
この頃は自分は全く知らない人でしたが、『ノロイ』といいこれといい、
こういうの色々出てたんだね~

小栗旬くんとかも出てくるけど、何ら違和感ないです。
香里奈の彼氏って役にピッタリ。

オチは後半で分かっては来ると思いますが、最近観たのだと、「大人の土ドラ」の『恐怖新聞』と同じですね。
いや、そっちなん?って。

最後、とどめを刺しに来るのが、全てを把握した三条美紀さんw
この優しい老女が、こんなに怖い顔にもなれるのね。
ここでの優香もまた良いです。
この人もっと女優業やらないのかな。

とにかく人形が怖いんだよな。
霊的な恐ろしさと、佐伯剛雄的なイカれた人間の怖さ。
どちらも優れているので、だいぶ怖い映画になってます。
これは面白いです。
久しぶりに再鑑賞。
優香さんの表情が凄い。
心霊的な怖さの中に、人間怖いも入れてくる超ドSホラーでした。絶望感半端ない。
Jホラーの中でも唸る面白さ!
一瀬隆重プロデュース、東宝配給の「Jホラーシアター」(2004-2010)第2弾(第3作)。

若手女優の渚(優香)は、映画監督の松村(椎名桔平)が撮影する新作映画のオーディションに臨んでいた。昭和45年にあるホテルで大学教授が11人を殺害した陰惨な事件を題材に、その被害者達にクローズアップした作品を撮ると言う。オーディションの前後から人形を抱えた少女を幻視するようになった渚は、撮影が始まるとますます不気味な現象に見舞われる。

一方、大学生の弥生(香里奈)は、幼い頃から夢に見ていたホテルの映像を気にしていたが、偶然、それがあの陰惨な事件が起こった場所と言う事実に行き当たり、今や廃墟と化したホテルにたどり着く。映画の撮影と夢のホテルがクロスオーバーし、惨劇が再び幕を開けようとしていた。

「輪廻」というタイトルとストーリー展開でややネタが割れてしまうところがあるが、廃ホテル(外観は廃業した阿蘇観光ホテル。内装はフランク・ロイド・ライト風でそこに目が奪われてしまう)と大量殺人いう格好の題材はワクワクする。キューブリック「シャイニング」への強いオマージュを感じる作品。三条美紀が持っていってしまうラストと、黒沢清がチョイ役で登場しているのには笑ってしまう。
やま

やまの感想・評価

4.0
これは怖い。
私的にリングよりも全然怖かった。
小規模な映画だけどJホラー特有のジメっとした暗い雰囲気や不気味な音楽。
あまりにも過小評価されすぎなんじゃないかと思う程よくできたホラー映画だった。
特に際立ったのは優香さんの演技。
志村けんさんとバカ殿で共演していてバラエティよりのイメージが強かったけど、怖がる演技とか人一倍うまくて、いつのまにか引き込まれてた。また脚本も巧妙

やっぱり星の数で見る作品を差別してはいけないなと
自分は好きな感じのホラーでした。
優香さんの表情が凄まじかった。
私的人生に措ける映画ベスト4です。
こんなに構成とシナリヨが評価できるホラーが他にあるだろうか?<ホラーばっかり観ている訳ではないのであるかもしれないけど少なくともホラーか否かを度外視してでもこの作品は「映画」として質がよくレヴェルが高い ラストの優香の表情まで観てね。「ちゃんと」作られてるなあ。
セリム

セリムの感想・評価

3.0
公開当時に鑑賞したのだけれど、最後以外全く覚えていなかったので…
思いつきでなんとなく再鑑賞。



中盤までの雰囲気は、不気味で不可解でとっても良い感じ。
なんだけど…そこからラストにかけての失速感がとてつもない😅


今みると、けっこうな出演陣だったんですねぇ〜😊
永遠に一緒にはなれるが結局は、、
ミスリードさせられる部分もあり、
怖いだけでなく面白かった
Jホラーはあまり見たことがなかったけれど、
これから色々見ていこうと思える良いきっかけとなった。
>|