夜は嘘つきの作品情報・感想・評価

「夜は嘘つき」に投稿された感想・評価

chima

chimaの感想・評価

4.1
2018/10/8@シネマヴェーラ ヴェーラも大映 
コミカルでハッピーエンド面白かった。
山本富士子がおじさん手玉に取る、と言ってしまえば簡単だけども富士子は色々危険なカケな訳で、ホッとして布団に倒れこんだり涙流したりのシーンが私的にはぐっときた。経営の勉強だってしているし、恋人は鈍感で頼れる人も加東大介だけ。強さと弱さを見せる富士子惹かれる。
タイムリーな築地も出てくるし、先に観た『やっちゃ場の女』の方が好きだが、姉妹のような作品だなぁ、キャストも飛田、村田扶実子しかかぶってないし、夢があるね

山本富士子のプロポーズ、ラストにはグッときた

川崎敬三、良い役だった

加東大介いるの面白いなぁ、嬉しいなぁ

夜は嘘つき ってタイトルや曲には必然性感じられず
csm

csmの感想・評価

5.0
大磯ロングビーチで生あったかい風に吹かれてるような多幸感。オヤジ三人のエピソードのあと角刈りで分からず屋の敬三さんにジリジリしてキッスもまだなんかい!に泣き笑い。なんちゅう気持ちにしてくれるんや〜
buccimane

buccimaneの感想・評価

3.5
一堂に会したとこでキレたりしないの裕福な大人って感じでノスタルジア感じるし特に船越さんの好感度揺るぎなさは凄かった。
お富士さんは川崎さんが大磯に来てなくて黒眼鏡しつつフテる様子があんま見たことない感じでカワいかった。
鴈治郎さんが板場でカッコつけるとこここが見せ場だって感じで気合い入っててシビれた。
RIP築地市場。
歌謡曲のような劇伴が流れる中、お富士さんと働く店、常連の3人に板前と、手際よく紹介していく冒頭部分からして面白い。
お富士さん、下心ありの常連を笑顔であしらう役がぴったり。鴈治郎とお富士さんが大阪弁で話す場面も楽しい。角刈りのような四角い頭の川崎敬三は板前の帽子が似合ってかっこよい。
結末で急に音楽が重々しくなるのだけ減点。

「映画は大映、ヴェーラも大映」@シネマヴェーラ渋谷
moku

mokuの感想・評価

4.2
良かった!
しっかり者で 口説こうとする男性客あしらい上手くて…な若女将にお富士さんがぴったりハマってて最高!
板前としての腕は良いけどダメ親父の鴈治郎。
お富士さんを口説こうとする三人衆 (船越英二、有島武郎、永井智雄)。
真面目で融通が効かない板前の川崎敬三。
頼りになる魚河岸のオヤジさん加東大介 。
と、それぞれのキャラも立って見ててニコニコしてしまう〜☆


<映画は大映、ヴェーラも大映> シネマヴェーラ渋谷
パレで
おじさんたちが最高
船越英二「いい席をリザーブしておいたから」