ウルトラ・セックスを捜せ!の作品情報・感想・評価

ウルトラ・セックスを捜せ!2015年製作の映画)

A la recherche de l'Ultra-Sex

製作国:

上映時間:59分

2.6

あらすじ

1976年、人類に異変が起き、世界中の人々が異常性欲を持つように。それは人類の性欲を制御してきた「ウルトラ・セックス」が何者かに盗まれたため。ウルトラ・セックスを取り戻し、地球の危機を救うため銀河間同盟軍が立ち上がる!

「ウルトラ・セックスを捜せ!」に投稿された感想・評価

ポルノ映画のつぎはぎで作られたエロ映画。冒頭で「見るとムラムラするのでご注意を」って警告される。おい、ピクリともこなかったぞ。俺のおちんちんナメんなよ。
nana

nanaの感想・評価

-
ジャケット写真だけ見て最初はちょっと過激な人形劇くらいに思っていたけれど、まさかの本物のAVの詰め合わせ。
それを話が通じるように上手く(?)繋いで、たった一人が勝手に台詞考えて全員分の声をアテレコしている超くだらない映画だった。
映画や音楽や、いろんな界隈から苦情が飛んできそうなパロディ豊富で、観ているこっちは笑うしかなかった。
このmyfffがなければきっと一生出会うことのない作品だったと思います。ある意味この機会に観れて良かったかな(笑)

関係ないけれど、人間が皆何かの薬のせいでセックスや殺人等に依存してしまって世界がとんでもないことになってしまって、でも実は薬には何の効果もなくて、ただその本人が飲まされた薬のせいだと思い込んでいただけで実際は100パーセント自分の本心から欲が暴走しているだけだった、みたいな話を思い出したけれど、何だったかな…
emily

emilyの感想・評価

3.5
地球は異常性欲が充満している。それは性欲をコントロールするウルトラセックスが盗まれたから。それを取り戻すべく銀河間同盟軍が立ち上がる。

ポルノ映画を切り貼りしてつなぎ合わせ、性欲に支配されて異常事態を引き起こしてる地球をニュース形式でアテレコにより綴られる。
それらのコラージュは下品かつ重度な悪ふざけとオマージュの連続であるが、独自のリズムを刻み、キャスターによる低品質なアテレコによるズレ感がやがて心地よさへと変わってくるから不思議だ。

日本のコラージュも出てくる。スーパー戦隊は大きな役目を果たし、地球を救うための力団結にも使われる。当然ドラマティックな展開になることはない。全てはブラックユーモアをベースに描かれており、悪ふざけの枠から出ることはない。しかしその解釈は無限大に広がり、現社会と並行していることが分かる。その小さな球は私たち自身に必要なのかもしれない。
一応全部みちゃった。なぜだ。
本当くだらないなーと思いつつ、ゼミでこんなこと(ジャンルは完ッ全に違えど、アテレコ)やったな。
イニシャル描くやつだけわらった。しかも何回か出てくる。
雅治

雅治の感想・評価

3.2
世界中のポルノ映画から流用したシーンを繋ぎ合わせて、そこに効果音のテキトーさも含めて、1時間全てアテレコで一人がやっている。宇宙人の両乳首に触れて死ぬ、欲の強いロボットに殺されて挙句ロボットも自爆、そしてダフトパンク。最初から最後までひたすらバカでくだらなくて最高!そして、衝撃のラスト!
yuko

yukoの感想・評価

-
2017.2.6 青山シアター
マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル2017

1時間粘って観てみたけど、どこもツボに入らなかった。
大好きなシザーハンズまであんなことにされちゃって、もう嫌だ!!!
ss

ssの感想・評価

-
ねぇ…😂😂😂
こんなものに1時間も費やしちゃったよ(笑)
オールドポルノに1人おじさんがせっせとアテレコ…(笑)
その下らなさと想像を絶する地味な作業をしてると思うと…もう。
見守ってあげなきゃいけないと何故か湧き上がる母性。いやいやそんなの必要ないし!とひたすら自分へツッコみ続けてしまった1時間。

2017/2/4
初めて見るものがいっぱいでした。お腹いっぱいです。ありがとうございました。。
k

kの感想・評価

1.0
間違いなくカルト映画。
様々な国のAVを合わせて作ったクソみたいな映画。
ウルトラ・セックスを探す物語。

でも、確かに人類はセックスのことしか考えていない。
じり

じりの感想・評価

2.6
アホクサッ。

でも、なんかツボだったりして(笑)
>|