頭文字[イニシャル]D Third Stageの作品情報・感想・評価

「頭文字[イニシャル]D Third Stage」に投稿された感想・評価

テレビアニメから見てたら絶対に見ないとならない映画!
レースシーン始め心理戦などのめり込み要素多数!
安定の面白さ
ボブ

ボブの感想・評価

3.5
2015/9/8鑑賞。TV版Second Stageの続きからで、何故か映画化。須藤京一戦(いろは坂)、小柏カイ戦(いろは坂)、茂木なつき編の3つに分かれています。須藤リベンジ戦まで行けずに2ndが終わってしまったのにはガッカリですが、逆に言うと人気のいろは坂連戦をこの1作に詰め込んだだけに、満足感は高いです。ただ、最後になつきの恋愛話を持って来てしまっているので、中盤までの興奮が一気に冷めてしまいます。原作通りなのでしょうがないですね。須藤さんは本当に理想の上司だと思います。 70点。
ちだ

ちだの感想・評価

3.5
1st stageほどのアツいバトルはない。
いろいろ詰め込み過ぎた感。
MKZ

MKZの感想・評価

3.7
「Fly to me to the moon & back」かっこよすぎ
ながた

ながたの感想・評価

3.2
期待してただけに、カットされたり設定が変わってるシーンが多いのが残念だった
3rdシーズン。高校生活を終えて走り屋として本格的に始動しはじめるまでを書いた作品。
なんやかんやで名言の多い作品で今回も多い。
ただ個人的な見所は走りよりも恋愛シーンだと思う。
なんか昔の時代の恋愛って感じがするけどそれはそれでありですね
Nana

Nanaの感想・評価

-
小学生、中学生、高校生、そして今
TSUTAYAでDVD借りに行って何度も見た
romio

romioの感想・評価

3.3
ストリートにしかないものがある!!
最速を目指す熱い走り屋たちの物語。それがイニシャルD。

アニメ版の1、2と峠のバトルなんかに全く興味のなかった主人公たくみが、だんだんと車に興味を持ち始め。
そして新たな一歩を踏み出そうとするそこの隙間の作品。

自分はそもそも車なんて旅先でレンタルできればいいなくらいな最近の若者で、ましてや道を走っていても追い抜いたり、横断歩道止まらなかったりする車にはアホかよとめっちゃムカつきます。
そんな俺にとって、峠を攻める??
いや、別にどっちが早くてもいいじゃんなんて正直見ていてすら思ってしまいます笑
ただ、それでも楽しめるのは、キャラクターの魅力。
たくみ、いつき、池谷先輩、また周りのライバルの考えや進路にまで興味がわきます。
それと、車がメインだからこそのデートシーンへの憧れ。
これが意外だったんですが、イニシャルDの恋愛シーンの面白さ。女の子が可愛い!
中学、高校、大学と地元から離れた場所にあったのもあって車で迎えにいってどっかに行くというのいいななんて思ってしまいます。

映画単体としての面白さはそこまでありませんが、大事な繋ぎの一本です。
中洲

中洲の感想・評価

4.0
18歳で免許をとりたくなる。
ユーロビート×走り屋
この組み合わせを考えた人は天才です。

恋愛映画としてもすきです。
MIRI

MIRIの感想・評価

3.5
久々に見た映画がこれって。笑

やっと次のステージ進める!面白い。