黒子のバスケ ウインターカップ総集編 影と光の作品情報・感想・評価・動画配信

黒子のバスケ ウインターカップ総集編 影と光2016年製作の映画)

上映日:2016年09月03日

製作国:

上映時間:90分

3.5

あらすじ

「黒子のバスケ ウインターカップ総集編 影と光」に投稿された感想・評価

Fun

Funの感想・評価

3.4
TVシリーズ
ツッコミどころ満載、ではあるが見てしまう。
2ndから熱中して鑑賞。燃える。

記録
1st-20Q
2nd-34,35,36.43.49.50Q
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

4.0
Netflixで配信されている全てを鑑賞したけどめちゃくちゃ面白かった。そんで映画も見たけど最高だった!ハイキューを見てスポーツアニメめっちゃ楽しいなぁと思って黒子のバスケも見たんだけどどっちも最高レベルで面白い。青峰なんだかんだいいやつだわ。やっぱり俺ジャンプアニメ好きなんだなぁと思った。
づっか

づっかの感想・評価

3.8
黒バス大好き!
オープニングがやけにカッコよかった!
火神と青峰のゾーンに入った時の勝負は何回見ても興奮する!
銭下葉

銭下葉の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

アニメを再編集しただけだな完全に。オープニングがオリジナルで、ずっとクロスオーバーをし続けるという謎の動きをしてた。そして本編と絵柄が違うから少し気持ちが悪い。でもポップな色合いというか弾けてる感は好きかな。
誠凛対桐皇の話がメインというかほぼそれだけで、伊月の「切れたんじゃない…キレさせたんだ!!」が好きすぎてしかも作画もいい。
バスケっぽい関節の動きが正直少ないけど、パラパラ漫画の枚数で言うと悪くないし、予算を上手く使ってる印象。
ただまあ原作が一番かなぁ。
原作の評価になってしまうけど、ミスディレクションオーバーフローの技名と、発送の転換が素晴らしいし青峰のゾーン強制解放とか一人一人被らない能力を持たせてるのも素晴らしい。
イナイレほどではないが超次元なないようなのに全ての技に理屈が通る(通ってないけど)のが素晴らしい。、
ジャンプ漫画原作アニメの総集編第1弾。

初めの10分こそ総集編っぽく始まるが、そのあとはなにもかもすっ飛ばしていきなり試合が始まるので、完全に一見さんお断り設計である。

総集編あるならこれで観てみよう、なんて人は諦めた方が良い。
ノッチ

ノッチの感想・評価

3.5
激戦の東京都予選を制し、遂にウインターカップ出場を決めた誠凛バスケ部。

その初戦の相手は、インターハイ予選で大敗を喫した桐皇学園だった…。

人気アニメ『黒子のバスケ』のウインターカップの激戦をまとめた総集編第1弾。

漫画全体としてのあらすじは、中学時代無敗を誇った10年に1人の天才が5人同時にいた「キセキの世代」と呼ばれている人達に対して、「幻の6人目」と呼ばれた黒子君が下克上しようとする話です。

今回の話は「キセキの世代」のエース青峰大輝を擁する桐皇学園との対戦で、『黒子のバスケ』の中で一番好きな試合です。

漫画で見てアニメでも見てたけど、総集編で見ると印象違いますね。

内容としては、

・帝光中時代の回想

・アニメ1話のまとめ

・インターハイ予選決勝リーグ初戦 誠凛vs桐皇 ダイジェスト

・ウィンターカップに向けての練習シーン

・キセキの世代の集合シーン

・ウィンターカップ1回戦 誠凛vs桐皇 再戦

といった感じです。

テレビの放送部分が時系列でまとめられていてわかりやすかった。

全く知らない方が見ても話が分かるような編集ではありませんが、知っている人が見たら導入部なんかは懐かしく見られると思います。

試合のシーンはさすがの迫力。

特にゾーン対決はやばいね。

全然点が入らない攻防戦シーンは激熱だった。

総集編としては総じて満足です。
T

Tの感想・評価

3.8
・アマプラで見つけて懐かしかったので観賞。黒バスやっぱ面白いなあ。
・青峰との対決がやっぱ一番燃える。青峰やっぱかっこいい。
短いから見やすい。

黒子全部観てない私にとって冒頭のあらすじはありがたい。

黒子の映画シリーズ(?)は気づいたら見入ってるけどちょくちょく入ってくる技名が「漫画だなぁ」とフフッてなっちゃう。
いやまぁ、漫画なんだけど。漫画だから、忠実に再現したらこれでいいんだけど。
まだアニメに慣れない私はフフッてなっちゃう。

青峰vs黒子 は元最強タッグだったわけだから胸アツじゃないわけが無かった。
火神もカッコよかった〜!

推しは赤司だけど。
かなり省かれてるけど
やっぱ黒子のバスケおもしろい!

オープニングが異常にカッコ良いから是非みてもらいたい!

青峰もカッコよすぎる!!

振り返りとしては1時間半でちょうどよい
総集編なんで早送り感はあるけど、この試合は好きだな。個の強さに対して個+チームの力で挑むのがジャンプらしいというか、チームスポーツの良さがある。
>|

似ている作品